鏡の世界

自撮りの世界は鏡の世界

スマホを持つまでは、自分を写真で撮ったり、動画で撮ったりするのは、他者がするもの、してくれるものだった。
写真、動画を撮る側は自分が見ている視野空間を、レンズで切り取っていく。自分が見ている空間を撮ってきた。
しかし、スマホの登場、いつでもどこでも撮影ができるようになった。そして、自分が見たものだけではなく、自分自身を撮ることも増えた。自分の姿、自分がみている景色を紹介する姿、動画の時代はそういう

もっとみる
嬉しいです!
16
ありがたき幸せ
21

真ん中や標準値なんて、どこにも存在しないんだ。

最近、同じところをぐるぐる回っているような気がしています。

私が何度も何度もハマる落とし穴は、
「他人に評価されたい」
という穴。

他人に評価されたいから、
他人と自分を比べて、
自分が平均点より上か下か?
ということを、常に気にしている自分に最近気がついていて、

平均点より上と感じると調子に乗ってやらかして、
平均点より下と感じると凹んで壁を作ってやらかして、
その場の平均点がわからないと

もっとみる
「スキ」をくれたあなたが大スキです!
12

人生は100%自己責任

何かイヤなことやイライラすること、うまくいかない時、

責任は誰にあるのでしょうか。

生まれ育った環境や現在の職場の環境などに、

満足できてない時、

親や職場の上司、あるいは、周りの友達の

「こういうところやああいうところがダメなんだよな。」

と考えたり言ったりする人もいるかもしれません。

今回の話は、責任は誰にあるのか、

というよりは、

”自分に起こることは100%自分の責任”

もっとみる
スキありがとうございます!!☺️
9

ミラーワールド

「ミラーワールド」

どういうことかというと、

”あなたが鏡をみているように、

この世界はあなたがみたい世界が反映されている。”

かもしれない、

ということです。

以前にも書きましたが、

量子力学という分野の発展により、

世界の常識は大きく変わりました。

量子力学で見せたことは、

今回紹介する

”この世は鏡の世界である”

ということを表しているかもしれません。

まずは、以前

もっとみる
スキありがとうございます!!☺️
5