酸味

12月の推奨香木:徳用版シリーズNo.4「最上タニ沈香小割」

現代では入手が極めて困難となっている「木所(六国)の特徴を明確に具えている上質な香木」を、その都度テーマを設定して月ごとに紹介させていただいている推奨香木は、おかげ様で毎回ご好評を博しており、嬉しい限りと存じます。

そろそろ緑油伽羅の登場か?と期待して下さる声が聞こえており、その気になっていたのですが、実は今回は隔月に案内している徳用版シリーズの順番なのでした。

前回の「最上シャム沈香小爪」は

もっとみる
ありがとうございます♫
3

みかんの通信簿

一年ぶりにみかんを食べた。
みかんの良さは、刃物を使わず、自分の手で剥けるところにある。
しかも、持ち運ぶのに、容器もラップも何もいらない。
ただ、カバンに入れてしまえばいいのだ。
この簡便さは、みかんをおいて他にない。
と、言いたいところだったが、
テーブルに置いてあったバナナと目が合う。
「私も、結構良いやつですよ」
確かに。
バナナに関しても語りたいことはあるのだが、また今度ね。

気の良い

もっとみる
スキ、有難うございます!冬の妙高山です!
11

ボジョレーその2

一昨日飲みすぎた(ワイン一本空けた)ので昨日は飲んでません。で、今日はやまやの二本目です。

値段が倍なので、味も深みがある感じします。気のせいかも、、、

旨いっす。旨いことは変わらない。葡萄感しっかりあってやっぱり好きな味です。

ということで今年のは好きな味なのでカインズで、一本補充してます。

もっとみる

ボジョレー

お酒好きなんで、飲みますよ。ボジョレー。

コロナ禍で、今年は聞いてないんだけど、、、10年に一度とか、近年にないとか、昨今でもっとも豊潤なとか、、、

今年の誉めコメントがなんだったのか知りたいな。

今日のボジョレーは、やまやのペットボトルタイプ。

酸味は自分好み♥️ スパークリングではないはずなのにほんのりしゅわしゅわ感がある。深みは、、、ボジョレーに求めてはいけませんね、、、全体としては

もっとみる

神経機能を刺激し体に『旨し!!』と
満足感以上の効能を与えてくれるその『五味』といえば

『甘み』『辛味』『塩味』『酸味』『苦味』ですが、それぞれの味にはそれぞれ刺激する臓器があり、食べ過ぎるとその臓器に害を及ぶ味もあります
https://note.com/mkey_nti1/n/ncbf3ef6d7fcb

美味しい珈琲飲みたいな。珈琲が美味しいところは沢山知ってるのに、なかなか顔が出せてない…
そろそろ豆を買いに行かねば…ちなみに、個人的にはエチオピア推しですノシ

酸味の上手な使い方

こんにちは。とある鍼灸師です。

酸っぱい味付けのものは、柔らかいものを固める作用があります。

また、漏れでているものを止める作用もあります。

たくさん汗をかく、鼻水が出る、下痢や頻尿などに効果的です。

汗をかいてのどが渇いたときにレモン水や梅ジュースを飲んだり、下痢の時に梅干しを食べるという使い方は、酸味を上手く利用しているといえます。

よろしければ、フォローお願いします。
2

「味」は使い方で、健康偏差値がUPする」

私たちが舌の場所ごとで感じる味といえば、
『甘味』『辛味』『塩味』『酸味』『苦味』ですが

この『五味』にはそれぞれ健康(不健康)効果があります
https://note.com/mkey_nti1/n/ncbf3ef6d7fcb

”味”は使い方で、健康偏差値がUPする

『”味”は使い方で、健康偏差値がUPする』

アラフォー世代右寄り米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です

”味”というと、ポール・ピッチフォード『Healing with WholeFoods 』で
示すところによると

基本的には舌で感じることができるのは『甘み』『苦味』『塩味』『辛味』『酸味』の”五味”で

五味は神経機能を刺激し、満足感を与える

この五味は神経機能をすこぶる

もっとみる

パッション

綺麗な赤

コーヒーではなく、いつもこれを頼んでしまう。
そもそも、そんなにスタバいかんけど。

これ苦手な人も多いんだけど、
僕はこれの酸味が好き。

酸っぱい

って、正義。

って、勝手に思っている。

スキボタン押して下さりありがとうございます!!これからも頑張ります!!
1