選挙対策

以下、私の妄想です。今、ワクチンの流通が滞っていますが、ご安心ください。衆院選直前に何故か潤沢に流通するようになると思います。ワクチン供給を「政争の具」とするために今、意図的に供給を抑制しているだけなので、選挙直前に流通させ「我々だから出来たことだ!」とアピールするつもり。

以下、私の妄想です。今、ワクチンの流通が滞っていますが、ご安心ください。衆院選直前に何故か潤沢に流通するようになると思います。ワクチン供給を「政争の具」とするために今、意図的に供給を抑制しているだけなので、選挙直前に流通させ「我々だから出来たことだ!」とアピールするつもり。

8
五輪、選挙、そして中国

五輪、選挙、そして中国

幸か不幸か東京オリンピックにはまるで関係のない立場にいる。いまの仕事もオリンピックの影響はまるで無し。強いて言えば祝日の移動があるが、その時期に納期があるわけでもないので特に問題はない。 このまま開催されるとして、新型コロナの感染者は増えると考えるのが自然だろう。減る要素が見当たらない。爆発的に増えるかもしれない。そうでないかもしれない。 楽観するのは人事を尽くしてからだ。それを行うのは開催者だ。その外にいる身としては悲観的に様子を眺めるだけだ。いまからでも積極的に関わる

1
第五十三回【団塊ジュニアなう Live】  6月6日(日)20時~のYouTube生配信です。

第五十三回【団塊ジュニアなう Live】 6月6日(日)20時~のYouTube生配信です。

今の政府はいざ五輪が始まれば 上手く行くという楽観論が支配している 失敗したら想定外と言うはず まるで終戦時の日本のメンタリティそのもの 日本は敗戦から何も学んでいない 第五十三回【団塊ジュニアなう Live】 6月6日(日)20時~のYouTube生配信です。 https://youtu.be/cQHWBrUl9Es @YouTubeより

5
ド☆素人だった

ド☆素人だった

先日、荻津組組長が自民党の選対本部長か否かに対する自民党関係者の返答について、コメントがありました。(私の意見に対してのご意見や反響は有り難いですが、個人的なネットリンチや粘着、病気に対する批判は勘弁して欲しいものです) そう、まさにコメントの通り、有耶無耶にせず事実を明確にして頂きたいです。そして個人的には「グレーな選挙ゴロ」というワードが気になりましたのでこの際ここに参考を載せておきます。 〝公選法では、特定の選挙で候補者を当選させるため投票の呼びかけなど有利な行為を

12
自民党茨城県支部連合会事務局より某国政政党選対本部長もどきについて(証拠保全YouTube)

自民党茨城県支部連合会事務局より某国政政党選対本部長もどきについて(証拠保全YouTube)

件名と動画は、きんぐぼんびい氏のちゃんねるから拝借致しました。証拠保全の為、こちらにも記録させていただきました。 https://youtube.com/channel/UCu4D5l6nYdHriSSQtKdUbLA さてここでは、YouTube動画を引用した私のツイートをあらためて説明しておきたいと思います。 話題逸らしの為にいつになっても明確にならない荻津組組長の自民党の選挙対策をしていた噂(発言元は本人)について、 自民党関係者や自民党本部の方々の協力を得て調査

9
自称選対 荻津組荻津組長の「公式ブログ」による言い訳が突っ込みどころ満載すぎて面白くない

自称選対 荻津組荻津組長の「公式ブログ」による言い訳が突っ込みどころ満載すぎて面白くない

まずこれは、茨城県ひたちなか市の荻津組組長荻津氏の選対疑惑に関するメールの問い合わせへの自民党茨城県県連の公式メールの回答。 (去年2020年9月11日返信) 結果は既に出ているのだが、これを踏まえてさらに言い訳をする荻津氏に呆れます。県連の公式メールから既に5ヶ月も経っているのに無視をし続けた挙げ句の果てに荻津組公式ブログより2021年2月16日投稿された記事をご覧下さい。 はい。 長々とお疲れ様でした。では早速 昨今、Twitter・YouTubeなどのインターネッ

14
はじめに

はじめに

元、NHKから国民を守る党の自称選挙対策本部長の荻津氏が率いる荻津組。(写真は2020年11月14日撮影 NHK党片岡氏のTwitterより) 「荻津組」とは、NHKから国民を守る党だけではなく過去にはおもに茨城県ひたちなか市を中心に選挙に携わっていたり「自民党の選対」経験者であるという全て自称の荻津氏を筆頭に、ツイッターやグループチャットでの情報交換を中心に活動している自称「社会活動団体」です。 団体として登記はしておらず、あくまでも個人的な仲良しグループサークルといっ

11
買収 現金 「二階幹事長から」 河井案里 国会議員 自民党 選挙 日本 20201003

買収 現金 「二階幹事長から」 河井案里 国会議員 自民党 選挙 日本 20201003

 岡崎哲夫広島県議会議員が、河井案里被告が「当選おめでとうございます。(自民党の)二階(俊博)幹事長から預かってきた」と現金30万円入りの封筒を渡したと証言しています。 http://www.asahi.com/articles/ASNB335YYNB2UTIL01W.html 案里被告が「幹事長から預かった」 現金授受の県議証言:朝日新聞デジタル 案里議員が現金30万円入りの封筒を渡してきたのは、昨年3月、無投票で当選が決まった翌日。封筒を差し出しながら「当選おめでとうご

1
政治を変える/選挙の常識?

政治を変える/選挙の常識?

選挙の常識が巷にあふれています。 しかしそれは、民主主義を機能させない仕掛けが施された悪意の塊がほとんどだと思ってください。 日本以外の世界中では、選挙期間にあれほど短い選挙期間や様々な選挙運動の制限を設けた国はまずありません。 通常の選挙運動の常識 ●国政または地方自治体(都道府県、市区町村)の議員または首長選挙に関する常識を検証します。 多くの選挙に関わる人たちが、選挙に対する間違った常識や誤解で、しなくても良い苦労しながらとれるはずの票が取れないで苦労しています。

1
マティス前国防長官「トランプはアメリカの脅威だ」  辞任後初の声明を全文掲載!

マティス前国防長官「トランプはアメリカの脅威だ」 辞任後初の声明を全文掲載!

いったん閣内に入った軍人が現役大統領を批判するべきではないと公言してきた、ジェームズ・マティス前国防長官。だが、ついに堪忍袋の緒が切れた。「彼がいなくても、われわれは団結することができる」。マティス氏のこの声明文が全米の「反トランプ」運動を加速させた。その全文をここに掲載する。/訳&解説・横田増生(ジャーナリスト) 堪忍袋の緒が切れた トランプ政権下で2018年まで国防長官を務めたジェームズ・マティス氏(69)が6月3日、「アトランティック」誌に声明文「アメリカは団結する

21