近代和風建築

3.研究方法 3-3.実地調査および文献調査

3.研究方法 3-3.実地調査および文献調査

調査方法の3つ目です。岐阜県旧川上貞奴別荘と愛知県八勝館御幸の間は、本修論にとってなくてはならないモチベーションでありキラーコンテンツです。写真は八勝館御幸の間の調査のためのロケハンとして家族でお食事した時のもの。お庭という演出装置を背景に私たちだけのために鮎をじっくり焼いている職人さんを眺める・・・という、贅沢すぎる舞台鑑賞のひとコマです。また伺いたいものです。修論からはやや脇道ですが〜。 3-3.実地調査および文献調査 近代和風建築総合調査報告書に室内装飾織物についての

スキ
2
3.研究方法 3-2.個別報告書

3.研究方法 3-2.個別報告書

調査方法の2つ目です。茨城県旧矢中邸は後に見学することができました。 3-2.個別報告書 次の3種類の個別の建物についての調査報告書を入手して確認した。 3-2-1.群馬県中島知久平邸 『群馬県中島知久平邸調査報告書・整備工事報告書』(群馬県太田市教育委員会、2015) 群馬県太田市では、文化財建造物を保存し活用していくために、中島知久平邸の調査および整備工事を進め、2014(平成26)6月に「太田市中島知久平邸地区交流センター」をオープンしている。『群馬県中島知久平邸調

3.研究方法 3-1.近代和風建築調査報告書 都道府県別

3.研究方法 3-1.近代和風建築調査報告書 都道府県別

研究方法はこんな感じです。3つの方法で行いました。1つ目は都道府県別の『近代和風建築調査報告書』について、国立国会図書館や東京都立図書館で調査しました。熊本県と広島県は未刊行であったため県の教育委員会に問い合わせてみました。熊本県については、2次調査まで終了しているのですが、2016(平成28)年の熊本地震発生により調査が中断、3次調査が開始されるのが2021(令和3)年度を予定、報告書は3次調査終了後の発行となります、との大変ご丁寧なご回答をいただきました。熊本県の調査報告

スキ
1
2.先行研究 2-3.まとめ

2.先行研究 2-3.まとめ

先行研究のまとめ部分です。1950(昭和25)年に空襲の飛び火を受けて炎上し消失してしまった明治宮殿。日本の歴史の、中でも建築史上&染織史上大きな損失だったと残念でなりません。諸先輩方の調査研究はとても価値あるものだと思います。 2-3.まとめ 前近代における代表的な建築物である江戸城本丸御殿の書院造りの座敷は、主従関係を示す重要な演出装置であった。座敷の中で使われる畳の縁や表装裂の色や文様は重要な意味をもっていた。畳の縁の色と文様は有職故実によって用法が定められ、身分によ

巻末図一覧

巻末図一覧

巻末図はこんな感じです。修論の大切な調査対象となりました「旧川上貞奴別邸(萬勝園)」と「八勝館御幸の間」の室内装飾織物のある箇所について、詳細を図面にしてみました。 巻末図一覧 1 転載 旧川上貞奴別邸(萬勝園)部屋配置図(かつての室名) 2 転載 旧川上貞奴別邸(萬勝園)部屋配置図(現在の室名) 3 旧川上貞奴別邸(萬勝園)_広間(桐の間)平面図・展開図 4 旧川上貞奴別邸(萬勝園)_書斎(藤袴の間)平面図・展開図 5 旧川上貞奴別邸(萬勝園)_仏間(御法の間)平面図・

1.序論 1-3.研究の範囲

1.序論 1-3.研究の範囲

研究の範囲はこんな感じです。 1-3.研究の範囲 本研究における「近代和風建築」の定義と「室内装飾織物」の範囲については次の通りである。 まず「近代和風建築」についてであるが、「近代」と「和風」という言葉はその視点により各種の考え方がある。例えば初田は「幕末・明治以降、近代に建設された和風建築を指して近代和風建築と呼んでいる」(初田、2001、4)という。「和風」という言葉は、明治以降に日本に新しい建築様式が入ってきたことにより、新しい様式を洋風と呼ぶ相対の言葉として誕生し

1.序論 1-2.目的

1.序論 1-2.目的

目的はこんな感じです。 1-2.目的 前近代の日本の建築の室内装飾では、掛け軸や屏風の表装、畳の縁等に織物が使われていた。これらは染織史の分野で様々な調査研究が行われ、実態の解明がされている。近代和風建築においても、前近代同様に掛け軸や屏風の表装、畳の縁等に織物が使われているが、建築の近代化に伴い、それに対応した室内装飾として織物の新しい使われ方も始まる。その代表例が明治宮殿である。近代和風建築については、文化庁が推進して各都道府県教育委員会が「近代和風建築総合調査」を刊行

目次はこんな感じ

目次はこんな感じ

修論は15冊作成し、シリアルNo.をつけてお世話になった方々へお配りしました。ちなみにNo.15の兄は面白くないので途中まで読んで止まっているとのこと。その内容がニッチ過ぎて興味関心がわかないのは当然だと思います。 1.序論 1-1.研究の背景                             1-2.目的                               1-3.研究の範囲2.先行研究2-1.前近代日本の建築と室内装飾織物の研究 2-1-1.前近代日本の建

#115 松山紹介③愛媛県庁舎

#115 松山紹介③愛媛県庁舎

こんばんは。ユニークさ開発ナヒゲーター 青木 瑞恵です。 松山好きすぎるんで、まだまだ紹介は続きますよ! せっかく市内に出て、あちこちを訪ねたからにはー  ※ といってもたまたまな? はい! みなさん! トップ画像の建物すてきやないですか?! ジャジャーン✨ なんと、これ、県庁の庁舎です☝️ びっくりでしょー?! ここは、議会堂にあたります。 全国で唯一のドーム型です。 レトローっ でね、県職員が働くビルも、石造りの建築です。 これも、レトローっ 見学会もしてい

旧矢中邸で素敵な裂使いを発見

旧矢中邸で素敵な裂使いを発見

つくば市に国登録有形文化財に指定された旧矢中邸があります。セメント防水剤の研究者であり、(株)マノールの創業者である矢中龍次郎の邸宅で、贅の限りを尽くした近代和風建築です。 矢中龍次郎が死去して以来ほぼ40年間空き家状態でしたが、2008(平成20)年に旧矢中邸の所有者が変更となることを契機に、地域において旧矢中邸を文化財として再評価し保存活用する機運が高まり、現在「NPO法人矢中の杜の守り人」が保存活動を行っています。 見学をした際に代表の井上さんからNPO法人設立の経緯

スキ
1