読書記録「SF魂」

小松左京 新潮新書 2006 SFというジャンルはあまり得意ではない。 学生の頃、教科書や試験問題で星新一がよく出てきて面白いと思い、何冊か本も買って読んだ。 そんな時にちょうど広瀬正の作品が復刻されたので読んだ。なんだか怖くて眠れなくなった。ちょっとエロティックな描写も当時の自分には刺激…

読書日記*HSP『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』若林正恭 著

オードリーの若林正恭さんを、わたしは姉弟のような目線で見てしまう。たまに会うと笑って話せるんだけど、なんとなく似た者同士だし、でもあぶなっかしくて見てられないというかなんだか落ち着かない、みたいな。 その繊細なこころでよくお笑いという世界を選んだねー、と姉はすごく尊敬する。 お笑…

あなたが書いてくれたから、彼女たちの心の内を知ることができた。

ほんの感想です。 No.27 樋口一葉作「大つごもり」明治27年(1894年)発表                                                            「にごりえ」 明治28年(1895年)発表                                                         …

【本の紹介】 洋書『Getting to Yes: Negotiating Agreement Without Giving In』/ 訳『…

今回は、アメリカで30年以上にもわたってベストセラーリストにランクインする『Getting to Yes: Negotiating Agreement Without Giving In』をご紹介します! 本書では、ハーバード大学交渉学研究所で推進した研究がベースとなっており、彼らが開発した「交渉学」が論じられています。 そもそも何故こ…

【読書録】『フェイクニュースの見分け方』烏賀陽弘道

今日の本のご紹介は、『フェイクニュースの見分け方』(烏賀陽弘道)(新潮新書)。 その名のとおり、フェイクニュースに騙されないために、どのような点に気を付ければよいかを教授してくれる本。著者は、元朝日新聞記者であり、メディア側の事情に精通している、情報発信のプロだ。 2017年発行。私…

操れないという思い込みから変える、ZoneとFlowを身につけるには??

おはようございます! もうすぐ梅雨入りになるので、ワークマンの作業用カッパを買い直さなきゃと漠然と思っている今日この頃です。 使い込んだら、しみてくるようになりました。 さて、今日は、読書メモの回です。 『理想の自分をつくる セルフトークマネジメント入門(著:鈴木義幸)』 前回ま…

桜井美奈○幻想列車 上野駅18番線は果てない夢の中

○05年(草酉)のDNA「禄」年頃より小説投稿を開始。 12年(海辰)のDNA「調」の守護神支合年の、 「辰」重なりだったDNA「司」日に、 投稿作「きじかくしの庭」が、 第19回電撃小説大賞(12-1010/木辰)の大賞を受賞し、 翌年同作を刊行し作家デビュー。 13年(雨巳)の「落第教師 和久井祥子の卒業試験」以来…

すべての瞬間が君だった

"誰かかを想うこと=自分自身を大切にすること" コロナの影響で引きこもってるし、せっかくだから読もうと思って溜まってる本たち。 まだ途中だけど、言葉が分かる~って言うのもあるし頑張ろうって思わせてくれたり、日本人と違った感性持ってて、何だか不思議な気分。だけど、あったかい気持ちにな…

【読書録】“脳を手なずけると人生がラクになる“らしいです。中野信子さんの著書。

こんばんは。 本日は、脳科学者として有名な中野信子さんの著書をご紹介します。 元々、中野信子さんを知ったのは情熱大陸でした。脳科学や心理学には興味があったこともあり、内容がとっても面白くて、YouTubeや本を読むようになりました😃 脳科学の勉強は本当おすすめです!私は、脳科学と心理学…