ブレッドボードの上にこの世界のあらゆる部品や生き物を「生ける」.ブレッドボード作品を作り始めて早11年.(ブレッドボードみたら僕のことを思い出してみてください)

落合陽一です。今日は久しぶりにアートの話.

ブレッドボードへの愛が半端ない.この偏愛は11年前の大学生のときに遡る.IPAの未踏事業で作っていたのがブレッドボードの装置だった.

油絵にとってのカンバスのようなものは,メディアインスタレーションにとっては一体なんだろうというメディア論の再考の末にブレッドボードに巡り合う.大学二年生のときからブレッドボードを使って作品作っているんだから,これはなか

もっとみる
落合陽一です! ありがとうございます!!
26

染物のまち、新宿区中井<その一>

妻の提案でぶらりと新宿区の西部に位置する中井を訪れた。

染めの小道 新宿区 落合・中井

ここは大都会、新宿区にありながら、猥雑さとはかけ離れた雰囲気の庶民的で小ぢんまりとした商店街と妙正寺川と閑静な住宅街が揃っている、とても雰囲気のいいまち。

東京に住んで45年、恥ずかしながらここが染物のまちであることを今日はじめて知った。

駅の改札を抜けると着物を着た女性(たまに男性も)がちらほらと。商

もっとみる

この世界にある様々な美しいものに手触りを取り戻す過程

落合陽一です.美しいものを美しいと今日は何回言ったか? みたいなことを考えている.

なかなかに美しいものを美しいと認め直す作業は難しい.僕の人生には定期的にカメラやレンズを買い換える時期があって,自分の目線を確認しなおす時期があるんだと思う.

大学院のときに実家(生家)が半焼したときもカメラを買ったし,人生が忙しくなってきたときとか,自分の持っている感覚を保存したいと思うときにカメラを買い換え

もっとみる
落合陽一です! マガジンもよろしくお願いします!
130

無観客オフ会 / #日々短文雑記

すげえシュールな絵. #日々短文雑記 は一週間無料配信の短文雑記です.さくっと読んでください.

今日は今月の落合塾のオフ会だったんだけれど,コロナウイルスの感染拡大への配慮を兼ねて,観客を入れないで開催されるオフ会になった.

みんなで議論するのもオンラインで.誰かに当てて発言してもらうのもオンラインツールで.でも,会場はいつも通りの場所で.空席にむかって話しかけるシュールな光景だけれど,これは

もっとみる
落合陽一です! マガジンもよろしくお願いします!
215

自動運転になったらなにが変わりますか? と聞かれて「全人類がタクシーを気軽に使える/渋滞解消社会」以上の価値って何か考える(アフターコロナⅡ)

落合陽一です.タクシーの民主化という言葉を考えていた後に出てきたフレーズ.

どんなにシェアリングしてもタクシーが原理的に0円になることはない.誰かのために誰かの時間を使う以上は原理的にコストが発生する.そんな中で,運転を自動化することってどういう意味なんだろうと真面目に考えてみたくなったのは「アフターコロナ」について考えていることがきっかけ.

タクシー運転手の方のコロナ感染が話題になったり,密

もっとみる
落合陽一です! SNSでシェアいただけると喜びます!
95

『記憶のしくみ(上)』について1

脳科学の本。

個人的には 神回のNewPicks WEEKLY OCHIAI シーズン3の「集中力・ゾーン〟を考える」 

https://newspicks.com/movie-series/25?movieId=458
(この回”も”だけど、本当に面白い)
ここでゲストの青砥さんの楽しそうに話す”脳科学”の話しに魅了されてしまい、その青砥さんおすすめしていた本が『記憶のしくみ(上・下)』

もっとみる
うれしいです。
5

アートが嫌いだった僕が”アート関連”のイベントを企画するまでの話5/3 続・完結編2

皆さん、こんにちは。

新型肺炎のニュースが、とても心配です。

私たちの対談イベントにも大きく影響を及ぼしてきております。本日、イベントサイトでも『【お知らせ】新型コロナウイルス感染症への対応に関して』を公開しました。ご来場の際には必ずお読み頂き、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

マスクの不足だけではなく、対談イベント本番時にご利用いただく手指消毒剤の不足。これらが入手困難な

もっとみる
ありがとうございます。
23

今月の読んだ本の「まとめと所感」 #2月

日々の読書が自分の身になるために、
・まとめ
・意見
をそれぞれ200文字程度で、「短く・濃く・わかりやすく」まとめるのを心がけます。

⑴ 『人生の勝算』

著者:前田裕二  初回発行日:2017/6/30

・まとめ
人生に”確実な”勝算はない。
著者が、起業から今に至るまで信じた、
この勝算とは、「見極めて、やり切る」
つまり、自分が進む道への”強い想い”と”圧倒的思考”による「熱量」を信

もっとみる

「アフターコロナ」の世界で / #時事と抽出

落合陽一です.コロナウイルスの感染拡大の話はその道の専門家に任せるとして,ヒューマンインターフェースとか情報テクノロジーとアフターコロナの話について今回は考えてみたい.

感染拡大に際して思うことは非専門家なりに以前Noteにまとめたんだけれど,そのときと今で何かが変わったかというと,実は驚くほど当初の想定どおりに事態が進んでいるので,今も最新の注意を払いながら,自分でできることはやりつつ,世の中

もっとみる
落合陽一です! ありがとうございます!!
116

10年後の仕事図鑑

最前線で活躍している人達の考え方がわかる本。

「先のことは分からないから考えてもしょうがない」
「とにかく今を生きろ」
「自分の好きなものを純粋に、とことん追求する。仕事になるかなんて考えない」

繰り返し述べられる言葉。

今後AIが導入された場合に「仕事」はどう変化していくのか。

あくまで予測であり、そんなことは分からないから、今を生きろ。というのがこの本の根本ですが、仕事にかかる

もっとみる