落合陽一

メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで…

落合陽一

メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com

マガジン

  • 落合陽一の見ている風景と考えていること

    落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で月25回くらい更新しています)

ウィジェット

  • 商品画像

    魔法の世紀

    落合陽一
  • 商品画像

    デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

    落合陽一

リンク

    • 落合陽一の見ている風景と考えていること

  • 商品画像

    魔法の世紀

    落合陽一
  • 商品画像

    デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

    落合陽一

最近の記事

  • 固定された記事

落合陽一が何者かわからないときに読むnote(無料配信)

落合陽一です.色々やっていると言われても,実は僕個人としては色々やってるつもりはなくて,何かで紹介されるとき毎回肩書きに「メディアアーティスト」と答えるように,基本的には広義のメディアアートを愛する32歳で,全てはその派生で生まれてきたものであることはずっと変わっていません. この記事は,目次的には個人(作家)としての落合陽一,大学教員としての落合陽一,会社経営者としての落合陽一,研究プロジェクトリーダーとしての落合陽一,メディアに出ている落合陽一,総括その他の順番に並んで

    • Shibuya Sakura Stageで2024.02.27 - 2024.03.24 落合陽一「幽体共鳴する空性の桜 -Phantom Resonance of nulled cherry blossoms-」 展示があります.

      というわけで今日から. 実施期間:2月27日(火)~3月24日(日)10:00~18:00【入場無料】

      • 重さをとるか,集中をとるか. 多分デジタルヤドカリ人間である.VisionPro レビュー #2

        レビュー #1は以下です. というわけで,長時間レビューの結果を書いていこうと思う.

        • 3Dアーカイブが復活しました.

          お手数をおかけしました.三次元で振り返るシリーズのリンクが復活したのでご報告を. 他のものもマガジン限定ではありますが大体全部復帰してると思われるのでチェックしてみてください!

        • 固定された記事

        落合陽一が何者かわからないときに読むnote(無料配信)

        • Shibuya Sakura Stageで2024.02.27 - 2024.03.24 落合陽一「幽体共鳴する空性の桜 -Phantom Resonance of nulled cherry blossoms-」 展示があります.

        • 重さをとるか,集中をとるか. 多分デジタルヤドカリ人間である.VisionPro レビュー #2

        • 3Dアーカイブが復活しました.

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 落合陽一の見ている風景と考えていること
          落合陽一 他
          ¥3,980 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          落合陽一のエモーショナルプロンプト

          ヌルヌルじゃねーよw というわけで落合陽一感のあるエモーショナルプロンプトが予想外の勢いで生まれた話.

          落合陽一のエモーショナルプロンプト

          3Dで振り返る物化するトリスケリオン

          というわけで,3Dで振り返るシリーズ,マガジン用.みなさんblue-ing! にお越しください.パブリックビューイング最高です

          3Dで振り返る物化するトリスケリオン

          3Dで振り返るヌル庵

          というわけでご予約お待ちしております.マガジン限定でどうぞ

          3Dで振り返るヌル庵

          「視覚のヘッドフォン的な使い方が一番」Apple Vision Proのレビュー#1

          しばらく使ってみて,さて答え合わせと行こうか.以下は発表時に書いた記事.8ヶ月前である.引用する. なるほど.では一つ一つみていこう. 電子シースルー,音響,トラッキング性能評価

          「視覚のヘッドフォン的な使い方が一番」Apple Vision Proのレビュー#1

          部屋のSDカードを拾ってみたら2008年のカードだった.

          大学生の落合陽一.20歳くらいだと思う.講義は板書,コンピュータを広げてるのは僕とこにやん(小西くん)だけだ.まるで情報系とは思えない教室である.この年の夏にiPhone3Gが出てスマホに変えたのだった.SNSはfacebookを小学校の同級生のマリカちゃんと連絡するためだけに使っていた記憶がある.twitterを始めたのは次の年. こうやってみると,頭お花畑の2030年予想とか2040年予想というのは保守的な人類に裏切られ続けているのである.私は技術的に楽観主義と悲観主義

          部屋のSDカードを拾ってみたら2008年のカードだった.

          AI時代,シンセサイザーを集めている.

          直感的なことだが大切なことである.なぜならLLMもMusicLMもシンセサイザーみたいだからだ. シンセサイザーの動き方とリアルタイムAIの動き方は近い.

          AI時代,シンセサイザーを集めている.

          gpt-4-0613が最強

          gpt-4-0613が最強

          そろそろgpt4が出てから1年くらい経つけれど1年分できることが増えているか.

          こんばんは落合です.最近考えているのはこのトピック.みんな随分プログラム書く能力も上がったし,文章もまとまって描けるようになった.断片的な情報から全体の情報を構築するのも早く,まとまりがあるようになった. 時代の進展とともにスキルは変わっているのだろうか.成果物の量はどうだろうか.どのくらいのアウトプットをみんなしているのだろうか. 私は日々AIと繋がることでその変換能力や学習のしやすさなど喜びに満ち溢れている.しかし,喜びに満ち溢れている人ばかりではないらしい.ここでキ

          そろそろgpt4が出てから1年くらい経つけれど1年分できることが増えているか.

          民藝と茶の距離について

          ヌル庵で南條さんとお茶してたら民藝と茶はどんなふうに落合陽一の中で融合しているのかと尋ねられた.考えたことがなかった.茶禅一味と茶民藝一味に私の中ではなっていた.これは柳の楽焼批判などがあることを前提として茶民藝一味なのである.民藝と民俗みたいなものなのかもしれない. 茶禅一味に並ぶには民藝を前のように一文字で表す必要がある.これは難しい.ヌルは頑張って漢字になったのでがんばれば民藝も漢字になる可能性がある. 私は井戸茶碗も楽茶碗も民藝もテクノ民藝も茶民藝一味だと思ってい

          民藝と茶の距離について

          意味の空間の無限の探索:現代美術において展示体験の滞留度を考える

          茶室が楽しい.茶室が意味の空間であることはわかるが,意味の無限の探索が計算機自然とAIに変わっていくとどういう意味を持つだろうか.

          意味の空間の無限の探索:現代美術において展示体験の滞留度を考える

          最近の講演(2024)

          最近の講演,自分で撮影するのをよく忘れてしまうのですが,たまたま撮影していただいたのをシェアしてもらったのでマガジン限定でシェアしておきます.(自分の健忘録でもある) トップ画はエンジン01でいった帝京平成大学の一コマ(八咫烏)

          最近の講演(2024)

          エンジン01 市原

          エンジン01で市原に行ってました. 茶道の話とかAIの話とか 久々に茶道の話を振り返っている.

          エンジン01 市原