安楽死には賛成だけど、皆が生きたいと思える社会にはなって欲しい

安楽死について、僕は肯定的です。

本気で死を選ぼうとするほど辛い人にとって、「あなたには家族がいるでしょう」とか「そんな悲しいこと言わないで」なんて声はもはや無意味に等しいからです。死ぬ権利もあってしかるべきだと思います。

しかし、こちらのツイートを見て少し考えが揺らぎました。

「首の骨を曲げて仕事を失った辛い」という話をブログに書いた時も「じゃあ死ねば?」という連絡がたくさん届いた。安楽死

もっとみる
ありがとうございます!
2

自己責任論のDVから逃げたくて

こんばんは。今日もお疲れ様です。逃げ出したい毎日が繰り返しやってきます。昨日に戻りたいのに過ぎ去って2度と帰らない、明日が来なければいいのにきっとやってきてしまう。そうして何日もの時が私の上をとおりすぎていったのです。

ひらたくいうと、歳をとった。

歳をとると角が丸くなるというのは世の常ですが、私もめっきり角が丸くなったと自覚する今日この頃四十路おじさんです。

働きはじめたころは「ダメなやつ

もっとみる

「メイドの手帖」窪美澄さんの推薦コメント

「メイドの手帖」には、女性の書き手を中心にたくさんの方が推薦コメントを寄せてくださいました。いずれも、本書のさまざまな表情をクローズアップしてくださった素晴らしいコメントです。少しの間、それをご紹介していきます。

まずは、作家の窪美澄さん。
「ふがいない僕は空を見た」「やめるときも、すこやかなるときも」「たおやかに輪をえがいて」といった作品において、例えば家族のような、一般的に「ともに生きること

もっとみる

「しかたがない」という(無)思想

仲の良い友人がコロナに感染した。5日前から39度近い熱が出続け、寒気と味覚異常が続き、入院もできないまま今も自宅で苦しんでいる。東京は6日連続で200人を超え、医療現場は第一波にもまして疲弊し、士気を失っているという声をあちこちできく。基本再生産数R<1には程遠い。

感染者はこれまで比較的少なかった愛知でも増えているけど、特に名古屋市がほとんどで、感染経路は東京からの移動者が多くを占めているよう

もっとみる

たまたま裏山ががけ崩れしただけで

Abemaビデオで、テレメンタリー2020のエピソード「降る、揺れる、崩れる」を見た。このエピソード。

この番組に、北海道胆振東部地震で自宅の裏山ががけ崩れを起こして、その対策工事費を自己負担するか、裏山を手放すか、どちらかを選ばなければならない方が出演していた。工事費用は14億円。所有者負担は最大2割。それでもざっと計算したら2億円強。それが払えなければ、裏山を道に無償で譲り渡さなければならな

もっとみる
ありがとうございます!
1

「メイドの手帖」序文を公開します

「メイドの手帖」は、貧困に苦しみながら掃除婦(メイド)として働く著者ステファニー・ランドがその生活を少しずつ記していったブログやインターネットの日記をもとに書き上げられた作品です。彼女の才能を見出したのは『ニッケル・アンド・ダイムド アメリカ下流社会の現実』(東洋経済新報社)などの著作があり、一貫してアメリカの格差社会への眼差しを持ち続けている作家のバーバラ・エーレンライク。文中にも登場しますが、

もっとみる

「メイドの手帖」発売になりました!

というわけで、このnoteを初めてみました。発行元である双葉社の翻訳担当です。中の人は複数人おりますので、誰かが更新していきます。よろしくお願いいたします。まずは本作の説明をもって、開設のご挨拶といたします。

バラク・オバマ、ロクサーヌ・ゲイ絶賛!全米メディア・書評席巻の話題作

シングルマザーとなった著者は、生活のために富裕層の家を掃除する「メイド」の仕事につく。自分を見えない幽霊のように扱う

もっとみる

逃げ道を作るということ。

前回の記事から気づいたら3ヶ月経ってました。
俳優の三浦春馬さんが自ら命を絶ったというニュースがあまりにも衝撃すぎて...
今日はずっとそのことばっかり考えてしまった。
最初に彼のことを知ったのは、当時失恋したての私を妹に連れ出され見に行った「恋空」だった。
最近は「TWO WEEKS」というドラマが記憶に新しいけど、この役は最高にかっこよくて今後が本当に楽しみな俳優さんだったのに・・・。
本当に

もっとみる
Merci beaucoup!
10

嘆願(支援用有料記事)

※無料で公開している記事と同内容です。生活費や治療費に充てさせていただきます。

もっとみる

嘆願

家族に人権を蹂躙されて、叔母(母の妹)から心を壊されて入院した昨年2019年8月下旬。その時に交わした母との「約束」がいまだに履行されていないことに耐えかねて両親へそれぞれ個別に送った嘆願となります。前提として、

・我が家は家族として機能していない

・我が家は歪んでおり、病識を持ち治療を受けているマトモな私がむしろ異質

・耐えかねて家を出て独り立ちしようとした私を家に留めるために母が叔母と共

もっとみる