自己対話

カードの使い道
+1

カードの使い道

第一の城ふり返りシェア会📔ありがとうございました✳️
+2

第一の城ふり返りシェア会📔ありがとうございました✳️

マヤミラクルダイヤリーNo.17 第一の城 振り返りzoom会 昨日と今日の2日間で開催して、 無事に終了しました。 沢山のユーザーさんが遊びに来てくださって、 沢山お話が聞けてめっちゃ楽しかったー❗️ ありがとうございました💕 時間内に気ままに来ていただき、 話して退散する‼️ という気まぐれ企画だったので 誰が入ってくるかもわからない 居酒屋ママ状態だったけど🤣 オンライン上で入れ替わり立ち替わり 自由に交流する✨ こんな形も良いなあ、やって良かった❗️ と思

スキ
1
10/22-流れついた場所で

10/22-流れついた場所で

対話に触れ、深め、味わいたい。そういう体験をさまざまな人と分かち合いたい。 そうやって時間を過ごした日は少し朝寝坊した自分も許せるし、そうやって生きられないとやたらと自分に厳しくなる。 この前理性だとか本能だとか言ったけど、ここのところは理性に呑み込まれてうまくバランスが取れなくなっていた。 こういう時、部品の一部ように冷たくなってもともとの、深くにあるあたたかな想いを忘れてしまう。 執着、自分のエゴかも、と思う度「結局、エゴなんかぁ」と少し悲しくなってみるけれど、で

スキ
8
未来予測の話 2021.10.22

未来予測の話 2021.10.22

急に寒くなりましたね。 おかげさまで私は元気ですが、 みなさま体調はいかがでしょうか? どうぞ、ご自愛くださいませ。 今回は、また重要なお話、 「未来予測」についてです!最近、Twitterの方で、 イマジナリーフレンド→未来予測→トランス状態→量子力学→自尊心→エス(Es)→無意識 これらを調べてました。…私は、自身の行動を振り返って、 【自分自身が意識せずに、多少「コロナを予測できていた」】と思っています。それまでに何をしていたかというと… 「自己対話」なんですね。

スキ
2
何が会社への貢献なのか?/Day-568

何が会社への貢献なのか?/Day-568

継続して勤務していれば、誰かがあなたの頑張りを見ているし、その頑張りを認めてくれる誰かが現れる。ただしその前提には、「組織の規律を守って最低限の信頼を構築している」という条件があります。そうしないと、仮に誰かが見ていたとしても、信頼がない状態だと何も任せてもらえませんし、チャンスももらえない。 昨日の夕礼で、そんなことを感じる共有がメンバーからあったので、それに付随して、「何が会社への貢献なのか?」という話に繋げていきます。 グッド・クルーは人材ビジネスを展開しており、こ

スキ
10
「どちらも」と願う自分を置いておく。その罪悪感さえ、漏らさずに。

「どちらも」と願う自分を置いておく。その罪悪感さえ、漏らさずに。

いよいよ決算作業から株主総会、年末調整、年明けの各種報告書作成と怒涛のように業務が集中する、年に一度の繁忙期がやってくる。 手書きの表をエクセルにしただけみたいな原始的な業務も随分と改革され、昔ほど残業をする必要は無くなった。 けれどこの時期になると思い出す。あの苦しかった日々。出口の見えないトンネルの中にいたような毎日の事を。 あの頃のわたしは「どちらも」を願ってはいけないと思っていた。 どちらも100大事にできないのなら、どちらかは諦めないといけないと思っていた。

スキ
5
他の視点を取り入れること

他の視点を取り入れること

こんにちは! 今日は久しぶりに継続コーチングのセッションがありました。 私はNLPマスターコーチの資格を持っていて、コーチングのセッションも行っています。 最近ではコーチングのみのセッションは終了して、瞑想法と合わせたオリジナルのセッションに切り替えていますが、今日のクライアントさんはそちらに切り替わる前から継続していただいている方でした。 出産などを間に挟んで、今回久しぶりのコーチングとなったのですが、セッションをさせていただいて思ったこと、いくつか書き出してみようと思

スキ
1
自分の内側に深くもぐるって、こんなに温もりがあるんだな。

自分の内側に深くもぐるって、こんなに温もりがあるんだな。

自分と一致したほんとうの望み 自分が望んでいるものを ゆっくりと深くもぐっていって、焦らず ひとつひとつ明らかにしていく。 その過程で見つかったものは、こんなにも満たされる、カチッとはまった感のある温かいものなのか。 と驚いた。 そして、これが!! まさにこれが私がやりたかったことで 今まですんごい出来なかったことなんだな って思ったんだ。 … 練習台として、セッションを受けたんだけど。 テーマは「今もやもやしていること」 それをもとに、深ぼっていくかんじ

スキ
8
○

森や街で暮らすことを選択して二拠点で過ごすようになり、こちらの時空では半年がすぎました。それぞれ御縁頂き、ありがたいことです。 街の暮らしでは、わたしの部屋はカーテンの必要性がなんとなく感じられず、入居してからずっと付けていません。なので午前から昼間にかけて、お日様がピッカーン!と、降り注ぎます。肌寒くなった今頃でも、ぽかぽか陽氣に包まれて、鳥たちの囀りや歌声を聴いています。とっても、あたたかい。むしろ、じりじり焼けるんじゃないかしらっていうくらい。 こうして、誰しもに、対等

スキ
8
インナーチャイルドと真面目にがっつり対話してみた

インナーチャイルドと真面目にがっつり対話してみた

あなたは自分に『価値がある』と自信を持って言える方ですか? もし、はっきりイエスと言えない方なら、『自分との対話』が『価値ある自分』を発見するきっかけになるかもしれません。この記事では、私が『自分との対話』を通して様々な気づきを得たという話を書いていきます。 インナーチャイルドが望んでいたこと「インナーチャイルド」とか「内面を見つめる」とか言ったワードが気になり出したのは、ちょうど一年くらい前からでしょうか。最近では「スターシード」なるワードも気になりだし、その名を冠したオ

スキ
6