親が大切にしてる時間を、子供はちゃんとわかってる。

新しいストーリーができたとき、まずは子供に読み聞かせる。
絵本のタイトルが決まらないとき、子供に本気で相談する。
読みたい絵本があるときは、子供と一緒に図書館に行く。
原画展やイベントも、子供と一緒に遊びに行く。
だけど、大事な話があるときは「一人で行くよ」と説明する。

いつもはヤンチャでワガママな子供たちも、絵本のことで僕がなにかをしているときは素直に言うことを聞いてくれます。
それはすごく嬉

もっとみる
あなたにいいことがありますように♪
10
ありがとうございます(^✇^)嬉しいです
33

YouTubeにショートショートショートアニメを配信します♪

ショートショートショートアニメを配信していきます。
現在ちまちま制作中。赤ちゃんかわいさと成長を描けたらと
思っております。

たいせつなひとにささげるえほんづくり

~手のひらの小さな物語にも、世界は姿を変えて潜んでいる~

新月の日に観てきた映画『海獣の子供』で語られた一節です。

「たいせつなひとにささげるえほんづくり」
と題したあたらしいおしごとをはじめるにあたり
印刷をお願いしていたチラシが同じく新月朔日に出来上がり届きました。
少しずつ知り合いのお店などに置いてもらおうと思っていますが
午後に出かけた映画でこの言葉に出会い
(原作の漫画を読んでいたの

もっとみる
励みになります。うれしいです

絵本作りについて

僕はこれから絵本作りを始めようと思う。

なぜ絵本を作るのか

それは僕に子供ができた時に読み聞かせたいからだ。

でも絵が書けない僕に絵本なんて書くことが出来るだろうか。

まずはそこの不安にぶち当たった。

だが、今の時代僕が素晴らしい文章をもしかけたとするならば絵を書いてくれる人も見つかるんじゃないかと考えた。

そこでまずは自分から行動に出ないと始まらない。

1つ自分で描いてみようと思い

もっとみる

入賞しました

土屋鞄製造所×note

「#土屋鞄の絵本コンテスト 」

挿絵を担当させていただいた絵本

『まっくらよるのほしづくり』

先月、受賞のご連絡をいただきました。

我ながら、なんて遅いご報告なんでしょう。

ごめんなさい。

おはなしづくりの天才、スミノモニカちゃん。

ストーリーを読みながら

次々とあふれ出すイメージに

心が揺さぶられっぱなし。

彼女の頭の中は、きっと宇宙です。

↓↓↓

もっとみる
merci (๑⃙⃘♥‿♥๑⃙⃘)
5