非営利団体ボドツナブログ

子育て世代や不登校の子どもとご家庭の方の居場所づくり 子供たちとのボードゲーム制作、販…

非営利団体ボドツナブログ

子育て世代や不登校の子どもとご家庭の方の居場所づくり 子供たちとのボードゲーム制作、販売 絵本の作成など 地域活動を行っています! ホームページはこちら! https://sales-agent-service.com/npo

マガジン

最近の記事

絵本が出来上がりました!

製作を続けていた絵本が出来上がりました! 実は1月に完成していたのですが、ご報告が遅くなりました! 内容は過去にアップしていますが、実物が出来上がった感想を改めて綴りたいと思います。 完成品到着! はたして出来栄えは・・・入稿後、三恵社さんには何度も原稿の確認と調整をして頂きました。 イラストレーターを使えないため、中々手のかかる依頼者だったのではないかと思います。 調整は別料金だったんじゃないかなあ・・・ 三恵社さんには多大な手助けをいただきましたが、クラファンが厳しか

    • 絵本のページ紹介④

      子どもたちと絵本を作るプロジェクトを進めています! 下絵に子どもたちが色を塗ってページを作っています。 出来上がったページを、ちょっとづつ公開していきます! 二人も一緒に祈りを捧げる「春が来るから花が咲く」ではなく「花が咲くから花が咲く」 妹のマリーは、妖精の言葉を信じてお祈りを始めます。 ですが兄ヨアヒムはまだ半信半疑です。 怪しみながらも、祈りを捧げだします。 歳をとればとるほど、自分が考えている常識と外れることは信じられなくなったりします。常識に捕らわれすぎると、何

      • 絵本のページ紹介③

        子どもたちと絵本を作るプロジェクトを進めています! 下絵に子どもたちが色を塗ってページを作っています。 出来上がったページを、ちょっとづつ公開していきます! 妖精が集まった! だけど・・・妖精を集めてお城に帰ってきたヨアヒム一向。 早速妖精たちは、花を咲かせるお祈りや踊りを始めますが、花は咲きそうにありません。 まだ何か足りないのでしょうか? 描いてくれたのは、スマイルカフェに来ている女の子です。 雪の球をところどころ塗ってくれたり、白一面の場面を工夫してくれました。

        • 絵本のページ紹介②

          子どもたちと絵本を作るプロジェクトを進めています! 下絵に子どもたちが色を塗って出来上がったページを、ちょっとづつ公開していきます!  おとずれた困難その14場面目、妖精を探しに山へ向かったヨアヒム一向に訪れる最初の試練です。 道の上に大きな雪山が立ちはだかり、妖精たちが通れなくなっていたのです。 おどろおどろしい山ですね~ みんなの力で雪山に穴をあけるみんなで考えた結果、雪山を掘ることにしました。 結局シンプルに戦うのが一番なんです笑 火の妖精は雪を溶かし 風の妖精は

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ボドツナ活動ブログ
          非営利団体ボドツナブログ
        • 車の選び方
          非営利団体ボドツナブログ
        • セールスについて考える
          非営利団体ボドツナブログ
        • 禅の考えとゾーンは営業力に転換できないか
          非営利団体ボドツナブログ
        • 車を賢く乗り換える。高い売り方
          非営利団体ボドツナブログ
        • クルマのお得な買い方
          非営利団体ボドツナブログ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          絵本のページ紹介①

          子どもたちと絵本を作るプロジェクトを進めています! 下絵に子どもたちが色を塗ってページを作っています。 出来上がったページを、ちょっとづつ公開していきます! 1場面目物語の始まり絵本の1ページ目、物語の始まりです。 雪が降り続くバイキング王国の王子ヨアヒムと王女マリーは、 暗い顔で空を見上げています。 書いてくれたのは、小学校1年生の女の子です ペンで塗ったり、色を重ねたり、試行錯誤したようです(^^♪ 記念すべき1場面目を描いてくれてありがとう! 雪が降り続く原因が

          生きづらさを抱えた子どもたちと絵本を作りたい

          3月から4月半ばまでにクラウドファンディングを行っていた絵本製作プロジェクトに引き続き挑戦していきます プロジェクトの内容をまとめました 子供の頃の辛い体験は心に残る私が幼いころ(恐らく4、5歳くらい)鮮明に覚えていることがあります 親戚の結婚式で司会者の方に「将来の夢は?」と聞かれました 私は「宇宙飛行士」と張り切って答えました すると、披露宴会場は大きな笑い声が起こりました 結婚式が開催されたのは1980年頃です。日本人が宇宙に行くなど、当時は想像も出来ないこと

          生きづらさを抱えた子どもたちと絵本を作りたい

          2022年のボドツナはもり沢山だった

          ※このブログは2023年1月3日に書きました みなさん、あけましておめでとうございます! 2022年のボドツナは、とにかく沢山のイベントを企画し、参加し、出逢いが盛沢山でした! 活動のご報告もかねて、まとめております! 駄菓子屋長後でボードゲーム体験定期会開催4月にオープンした駄菓子屋長後の店頭で月2回、ボードゲーム体験会を開催することになりました! 駄菓子屋さんにきた親子や子供たちに、ボードゲームを体験してもらいます 親子でボードゲームで遊んでいると、自然と会話

          2022年のボドツナはもり沢山だった

          活動報告 ~ゲームマーケット出店~

          このブログは2022年11月5日に書きました ねこのてが無事完成し、10/29にゲームマーケットに出店してきました! 制作に携わってくれたスタッフの皆さんの協力も不可欠でしたが、それ以上にこの方々がいなかったら、ゲームの制作と販売はできなかったと思う方々を紹介したいと思います。 就労移行支援施設ティオ神保町/インビジブル丸ねこのて のネコキャラクターを描いていただいたのは、就労移行支援施設ティオに通所されていたインビジブル丸先生。 この猫のキャラクターから、ゲーム作り

          活動報告 ~ゲームマーケット出店~

          ねこのて のデザインが出来るまで

          このブログは2022年10月6日に書きました ねこのて は、外箱を見て「かわいい~」「遊んでみたい!」と言ってもらえることが多いゲームです。 目を引く外箱のデザイン制作の苦労とこだわりを綴っていきます。 キッカケは「猫を描きたい」ねこを主人公に決めたのは、ねこを描きたいとキャラデザインのインビジブル丸さんからのお申し出があったからでした。 ※インビジブル丸先生は、就労移行支援事業所ティオから紹介されたデザイナーさんです。 とはいえインビジブル丸先生は、まだイラストレー

          ねこのて のデザインが出来るまで

          クリエイティブな思考を育てる、ボドツナクリエイティブアーツを始めます!

          ※このブログは2022年7月29日に書きました 私が色々な団体や会社の方と関わる中で、事が上手く進む方とそうでない方の差として、クリエイティブな思考の差を感じることがあります。 クリエイティブな思考を育てる取り組みとして、ボドツナでは「ボドツナクリエイティブアーツ」をスタートさせます! ボドツナクリエイティブアーツについて説明します! 教育について偉大な先人たちに相談してみた私は不登校の実態に触れだして、「子供たちが学校以外に学べる場所」が作れないかと考えていました。

          クリエイティブな思考を育てる、ボドツナクリエイティブアーツを始めます!

          お兄ちゃんは優しくて、なんやかんやで妹に譲る

          ※この記事は2022年4月29日に書きました 4月になりました。暖かくなり、外出しやすい季節です。ボドツナ会にも新しいご家族が遊びに来てくれました~ 今回は短い動画で、ボドツナ会の様子をご紹介します! 仲良し兄妹7歳のお兄ちゃんと3歳の妹。お兄ちゃんは優しくて、なんやかんやで妹に譲るんですよ とっても微笑ましい光景でした(^^♪ バウンスオフはワンバンさせなくてもいいんですワンバウンドさせて枠にボールを入れるゲーム「バウンスオフ」 でも、ワンバンさせるってのが、理解が難

          お兄ちゃんは優しくて、なんやかんやで妹に譲る

          就労移行支援施設でのボードゲーム会は発見が沢山あった!

          このブログは2021年10月9日に書きました 障がい者就労移行支援施設のティオさんで、ボードゲームイベントを開催しました! 発達障害や精神疾患など、様々な特性を持った利用者の方とのゲーム会は、発見だらけでした! ゲーム会の様子を紹介します!! あいさつ代わりの1ゲーム目は、「OH! SNAP」「Oh! Snap」は、上から力が加わっている駒を、他の駒が動かないようにそーっと取るゲームです 挨拶もそこそこに始めましたが、駒を引き抜くだけの簡単ルールでなぜか夢中になっち

          就労移行支援施設でのボードゲーム会は発見が沢山あった!

          就労移行支援施設ティオ神保町様にボードゲームイベントを提供することになりました!

          ※このブログは2021年8月17日に書きました 精神障害、発達障害や疾患があり、就労に意欲のある方へ職業訓練や就労後の支援を行っている「ティオ」さんに、ボードゲームイベントを提供することとなりました! 就労移行支援施設ってなに?就労移行支援施設は、障害のある方が一般の企業に就職できるよう、職業訓練や就労後のアフターケアを行っている福祉施設です 施設の運営は民間企業に委託されていますが、「障害者総合支援法」に基づき建てられた施設ですので、国や自治体からの認可と支援を受けて

          就労移行支援施設ティオ神保町様にボードゲームイベントを提供することになりました!

          ボドツナでボードゲームの制作に挑戦します!

          ※この記事は2022年3月20日に書きました おかげさまで、ボドツナ会や御所見スマイルカフェで定期的にイベントを開催できるようになり、少しづつ協力してくれる方も増えてきました! そこでボドツナでは、新たな試みとしてゲーム制作を始めることにしたのですが、ゲーム作りに取り組むことになった背景と、制作の過程を綴っていきます! ボードゲームを作る狙いボドツナでは障碍者福祉施設や就労移行支援施設、不登校の子供を持つ家族会、児童館など、様々な場所でボードゲームイベントを開催してきま

          ボドツナでボードゲームの制作に挑戦します!

          ボドツナ会は大人も楽しめたり、子どもの成長を楽しんだり盛りだくさん!

          ※このブログは2022年2月27日に書きました 2月19日に開催したボドツナ会は、保護者の方も一緒にゲームを楽しめた回になりました 参加されているお子様の成長を感じられる出来事もありましたので、ご報告いたします♪ 過去一番の参加人数と助っ人4回目となった今回は、過去最高4組のご家族が来場されました! 回を重ねるごとに遊びに来るご家族が増えてきて、大変うれしく思います とはいえ人数が増えると一緒に遊べない子がやご家族が出てくるのが悩みです ですが今回、私とは別にゲームテ

          ボドツナ会は大人も楽しめたり、子どもの成長を楽しんだり盛りだくさん!

          感動は突然やってくる♩

          ※このブログは2022年1月29日に書きました ボドツナのアナログゲーム会も早3回目、参加家族が増えてきて満員御礼です 今回は、私が考えていた出来事が起きたので、ご紹介いたします! 長男だから我慢できるんだ 笑毎回参加頂いているご家族に、1週間前の御所見スマイルカフェでずーっと遊んだ子とご家族、チラシを見て遊びに来てくれたご家族 今回は3組のご家族が来場されました お子様は1歳半〜12歳と幅広い年齢層のお子様が来場されました お子様が多いと賑やかですが、収集も付かな

          感動は突然やってくる♩