神示

大日月地神示考察-10【「く」の巻】

大日月地神示考察-10【「く」の巻】

2006年6月14日 天の日月の神 記す。苦の花咲かす時くるとは、このことでもありたぞ。 誰にも彼にもいわゆる「カルマ」とか「業」と言われるものがあって、それを綺麗に洗濯しないと、歓喜(👉”かみ”と表現)移られないということだから、改心しましょうということだ。 確かに、世の中の宗教やあらゆる教えは、人々の心がけを正すことをずっと説いてきた。 それでも世の中から犯罪は消えないし、悪い人たちは消えてない。 「カルマ」という言葉を使うならば、もしかしたら自分も知らないうちに

続 大日月地神示〜あいうえお

続 大日月地神示〜あいうえお

以下、神人さんGETTRより、転載致します。 【神人靈媒日記 2021.9.1】 〜続 大日月地神示/あいうえお①〜  神示、読みなされ。神示、読みなされ。神示、読みなされ。腹に入れ、言葉変える生き方なされ。笑い合う世創りて、末代変わらぬ仕組み話おうて下されよ。  何もかも頂けるぞ。真の科学、何でもできるのぞ。我さえ良けりゃ、それで良いと申す人民、居なくなりて、無償奉仕の世界となりますぞ。  今、生きておる人民、死んで篩にかけられますから、そのつもりでおりて下されよ。

スキ
22
続 大日月地神示〜幽界の掃除洗濯

続 大日月地神示〜幽界の掃除洗濯

神人さんGETTRより、転載致します。新たな大日月地神示、しばらく続きます。 【神人靈媒日記 2021.9.1】 〜続 大日月地神示/幽界の掃除洗濯〜  いよいよ地の大変わりの時、参りましたぞ。三千世界、大掃除大洗濯いたしますのじゃ。 宇宙銀河管理指導靈団による御役でありますぞ。 これより地球靈界における幽界の掃除洗濯をいたしますぞ。本来無き世界、無きものであるから、元の姿に戻しますぞ。あまりに大きくなりて、人の生きる世界に大きい影響与えていたゆえ無くいたしますのじゃ。

スキ
20
続 大日月地神示〜祀りの夜明け

続 大日月地神示〜祀りの夜明け

大日月地神示の最新神示が続々出てます。 「わたしと信仰② 」を書き終えたら、神示がたくさん更新されていて、それを紹介したく、急いで「わたしと信仰③」の記事を書きました😅なのでまとめきれてない部分があり、説明足らずがあるかも分かりません…。また機会があればブラッシュアップしようと思います。 ということで、以下、神人さんGETTRより、大日月地神示を転載致します。  【神人靈媒日記 2021.8.31】 〜続 大日月地神示/祀りの夜明け①〜  真実、明らかとなり、虚偽、は

スキ
25
わたしと信仰③
+1

わたしと信仰③

①と②の続きです。 未知への探究欲求は高まっていた。というのも、本を出版してみたいという漠然とした夢があった。その為には世の中の真実を知らなくては、という想いがあった。 そしてわたしは不思議体験をすることになる。 引き金の一つは、その少し前に、家のそばにある川を自転車で通った時。ふと横を見たら、顔だけ浮かんだ人が流されていた。 死体かと思ってギョッとした。前から来たサラリーマンと、後から来た外国人と、しばらく呆然としてしまったが、生きた人が流されていることに気づいた。

スキ
32
大日月地神示考察-9【「き」の巻】

大日月地神示考察-9【「き」の巻】

2006年6月12日 艮金神 天の日月の神 記す。「天晴れ艮金神殿、お見事でありましたぞ。」 「き」の巻はこの言葉から始まる。 「皆々東北(うしとら)の方角に向くようになりますぞ。」 秘密にしてあることの一つ、とのことだが、どういったことが起こるのか。東北の方角に何かがご出現になるのだろうか。東北の震災はこの後発生はしたものの何か関連があるのだろうか?ただ、ネガティブなことではなく、うれしたのしのことだと示されている。 艮金神様がお働きになり、世の中の立て替えができあ

スキ
1
アメノウズメのものがたり

アメノウズメのものがたり

海女のウズメと申します

スキ
5
有料
1,000
スサナル王神示

スサナル王神示

スサノオ命     風の神     道開きの神ぞかし 

スキ
3
有料
500
国常立尊

国常立尊

汝の右腕となる人物を授けるぞ

スキ
3
有料
1,000
大日月地神示考察-8【「か」の巻】

大日月地神示考察-8【「か」の巻】

2006年6月11日 天の日月の神この大日月地神示は、至る所に「改心結構」という言葉が示されている。 この神示を降ろされた大きな目的とも言えるのではないか。改心するのは、人だけではなく、霊や神々に対しても示されている。 「靈人と地上人とは合わせ鏡」なのだそうだ。 現世(うつしよ)という言葉は、霊界から写し出された世という言葉を聞いたことがある。 「この世靈憑りうようよ」 悪い靈が人に憑依して人の心を操ったり、人を不幸に貶めるというような、憑依現象については、昔から言

スキ
2