石川涼

118杯目:西野亮廣脳にするためのアイテムVANQUISH

ミーハーでもある西野亮廣ファンの自分が当然のように購入した、

VANQUISH#FR2ブランドの

Smoking kills

のキャップを、池袋のVANQUISHで購入して1ヶ月半が過ぎました。

購入した時は夏、日差しも強く毎日暑い日が続いておりました。

そんな時こそ、日射病対策で帽子を被らなければなのですが、

#FR2のキャップが汗で濡れるのが嫌で

このキャップをめったに被らない

もっとみる
記事を読んでいただきありがとうございます。
3

西野コンサルまとめ 8月後半

西野コンサルまとめ 8月後半

 

西野コンサルという番組、おもしろい。キングコング西野さん、イケメンだなー天才だなー、#FR2 の石川涼さんかっこいいし、天才。今一番好きな番組です。

 

久しぶりに、ブログにまとめてみました。過去回もいくつかまとめています。

色々、実践的なアドバイスでした。  

応用したい。

 

道の駅をアンテナショップに
➡️記念になる場所にする。

例えば、富

もっとみる

67杯目:生・西野亮廣との初遭遇前のVANQUISH

山の日で休日といっても、

お盆休みとくっついてしまってるため、

あまり実感のわかない8月12日。

周りはロッキンで盛り上がっている中、

そんな流れとは逆方向に向かって東京の池袋へ。

今まで、PCやスマホを通して感じていた西野亮廣エンタメが、

先月のVRえんとつ町のプペルを皮切りに、

より身近になり体験ゾーンに入ってきた(笑)

そして今回のお上りさんの目的は、

池袋の東武百貨店の屋

もっとみる
記事を読んでいただきありがとうございます。
1

格言_190618

日本がどう変わるかよりも、

自分がどう働くかだと思います。 

石川涼 (オンラインサロンオーナー)

~Shimamurythm~

もっとみる

「何者」かになろうとしたって、いいじゃないか。

最近、私はnoteで驚異の3670スキを獲得した戸田真琴さんの記事【SNSで死なないで】や、

http://note.mu/toda_makoto/n/n71be988f6b05

平成元年生まれの直木賞作家・朝井リョウさんのbuzzfeedでのインタビュー記事【「自分らしく」生きられる時代に芽ばえる、新しい地獄】という実に似た内容の二つの記事を読んだ。

http://www.buzzfee

もっとみる

何故カメラだったのか②

毎日更新しようと思って始めたのに気づいたら1ヶ月たっちゃいましたね。
ダメだな。反省。

さて、新しい売り方を模索していた僕はこのInstagramに賭けようと直感で決めます。ユーザーが日々触っているものの中で人気になれば間違いなく売れるという確信があったからです。

インスタグラムは世界中の人々の日常になる。
そのインスタで人気になることが一番の早道だと。

でもプロのカメラマンでもなんでもない

もっとみる

石川涼の頭の中

彼は現代ビジネスの天才だ。私は15年くらいアパレル業をしているが彼の時代の捉え方が上手すぎる。

色々チェックしていると見えてくる事がある。

現在アパレル業。小売自体はオワコン。何処でもなんでもネットで手に入る。しかも携帯1つで買えて家に届く。

実店舗を必要とする意味やコスト必要なく物を販売出来る。

しかも店から消費者だけじゃなく消費者から消費者、C to Cの取引もアプリの進化で非常に手軽

もっとみる

趣味の延長が副業となる😍そんな当たり前の事(DJ編)

本業については自己紹介で書いた通り洋服屋

それ以外にDJ、イベント主催、商店街のお仕事、新聞の連載などなど細かくあげれば色々あるのですがなんでも手を出しちゃう性格なのです。

全ては本業を活かす為の動きなのでほぼリンクしている事がほとんどです。

私はピアノ講師の母とホルン奏者の父の元に生まれ音楽に溢れる家庭で育ちました。自然と幼少期からピアノを小学3.4年生まで、高学年から高校生までドラムを。

もっとみる

まずは自己紹介

noteを始めて初めての投稿。

何故noteを利用したかと言うと最近1番気になるFR2の石川さんが始めたと言うのを見てその日にすぐ登録。(元々うちの親会社の社長もやっていたので認知はあったが)

読み物と言うよりは自分自信の考えの記録、その時、思った事を書いていこうと思います。

まずは初めまして。と言っても私を知る人は誰もいないし著名人でも芸能人でもない。

なのでたまたまこれを見たあなただけ

もっとみる

何故カメラだったのか①

僕は2010年に初めてライカ(M9)を買うんですが、当時はまだiPhoneも4になったばかりの頃で明らかにカメラの画質はスマホ<デジカメでした。

2010年は僕にとっても大きな転機で、この年に東京コレクション史上初めて〝109ブランド〟がランウェイショーをします。VANQUISHです。
でこのVANQUISHの東京コレクションで2010年から海外戦略を始める訳なんですがみんなと違うやり方でもっと

もっとみる