Kanazawa Kimihiko

フリーランスとしてBookLab Technologiesとして従業員のみんなと一緒に頑張っています。 異能(inno)vation2020/UNIX系システムエンジニア/新しい本屋さん、新しい電子書籍の研究開発しています

メンバーシップに参加

世界一の書店を作りたい私が運営する、書籍に纏わる話題で交流するサークルです。 書評や読書メモ、書店巡りの様子などを投稿したり、読書会イベントの開催を企画していきます! 現在、「増える電子書籍」サービスを開発中です。

図書室

¥100 / 月

Kanazawa Kimihiko

フリーランスとしてBookLab Technologiesとして従業員のみんなと一緒に頑張っています。 異能(inno)vation2020/UNIX系システムエンジニア/新しい本屋さん、新しい電子書籍の研究開発しています

メンバーシップに加入する

世界一の書店を作りたい私が運営する、書籍に纏わる話題で交流するサークルです。 書評や読書メモ、書店巡りの様子などを投稿したり、読書会イベントの開催を企画していきます! 現在、「増える電子書籍」サービスを開発中です。

  • 図書室

    ¥100 / 月

マガジン

  • Sound Blog - メイキングマガジン

    会社組織のマネジメント、情報発信の裏側、新規事業を立ち上げるまでのメイキングなど、感じたことをそのままを配信します。文章+音声メルマガとしてお楽しみください。

  • エッセイと写真と散文と

    人生観をぎゅっと絞って出します。

  • みんなのフォトMAGAZINE

    みんなのフォトギャラリーで写真を使って頂いた皆様の記事をご紹介します。

ストア

  • 商品の画像

    ハコアの教科書 | 市橋人士(著)

    ▼店主レビュー https://chimyblog.com/br_20221106/ 【説明】 ・商品は古本になります。 ・カバーや本体の経年による若干の状態劣化、折れや傷、日ヤケによる色褪せ、シミ・汚れ等がついている場合がありますが、古本の「味」であるとしてご了承のほどお願いします。 ・中古商品ですので、版数によるカバーデザインの違い等はご了承ください。
    1,200円
    世界書店.net
  • 商品の画像

    鬼と異形の民俗学: 漂泊する異類異形の正体 | 飯倉義之(著)

    【店主レビュー】 鬼と言う概念が古来日本の歴史の中で辿ってきた変遷を学ぶことが出来ます。古くは役小角に由来する伝承から、近代の文化に浸透する鬼の慣習まで広く網羅されています。 鬼を払う者たちの呪術的手法含めて解説されており、鬼滅の刃を根本から深掘りしたい真のファンにおすすめの一冊。 【説明】 ・商品は古本になります。 ・カバーや本体の経年による若干の状態劣化、折れや傷、日ヤケによる色褪せ、シミ・汚れ等がついている場合がありますが、古本の「味」であるとしてご了承のほどお願いします。 ・中古商品ですので、版数によるカバーデザインの違い等はご了承ください。
    1,400円
    世界書店.net
  • 商品の画像

    ハコアの教科書 | 市橋人士(著)

    ▼店主レビュー https://chimyblog.com/br_20221106/ 【説明】 ・商品は古本になります。 ・カバーや本体の経年による若干の状態劣化、折れや傷、日ヤケによる色褪せ、シミ・汚れ等がついている場合がありますが、古本の「味」であるとしてご了承のほどお願いします。 ・中古商品ですので、版数によるカバーデザインの違い等はご了承ください。
    1,200円
    世界書店.net
  • 商品の画像

    鬼と異形の民俗学: 漂泊する異類異形の正体 | 飯倉義之(著)

    【店主レビュー】 鬼と言う概念が古来日本の歴史の中で辿ってきた変遷を学ぶことが出来ます。古くは役小角に由来する伝承から、近代の文化に浸透する鬼の慣習まで広く網羅されています。 鬼を払う者たちの呪術的手法含めて解説されており、鬼滅の刃を根本から深掘りしたい真のファンにおすすめの一冊。 【説明】 ・商品は古本になります。 ・カバーや本体の経年による若干の状態劣化、折れや傷、日ヤケによる色褪せ、シミ・汚れ等がついている場合がありますが、古本の「味」であるとしてご了承のほどお願いします。 ・中古商品ですので、版数によるカバーデザインの違い等はご了承ください。
    1,400円
    世界書店.net
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

みんなのフォトMAGAZINE

あんまり他の方のnoteを読む習慣がないのだけれど(※おい)、 私がみんなのフォトギャラリーにアップロードした画像を使ってくれているとたまに通知がくるので、 そういった記事は有難いので読ませていただいている。 いつもご利用いただきありがとうございます。 ハートだけだとなんか味気ないなと思うので、マガジンに追加させていただくこととしました。どなたかがやっていたのをパクっています。 なんとなしにアップした画像たちが、クリエイターの皆さんたちによって新しい物語や思考、思想、日

    • 心を取り戻す

      今年もゆるりと投稿して参ります。 noteのアイコンがいつの間にか変わっていてびっくりです。(おそい 仕事の方はお客さん先の大きな計画を立て続けている段階で、冬に準備、春に作業と立て込んでいきそうです。自分のことをやれてない時期が続いているので、バランスをうまく撮りたいところです。 フリーランスでもあるので、年明けからしばらくは納税やらなにやらで事務仕事も多く辟易しています。 それはそうと、昨年の目標は身近なところで笑顔を増やすことでした。いろいろと問題の多い私の身内の

      • 時間と空間と人間のコントロール

        インターネットという写像勝間和代さんがひろゆきと論争している昔の動画を観ていたら、「インターネットは所詮は写像である」という意味の言葉が発せられていて、ひろゆきが「写像ってなんすか?」みたいな返しをしていて面白いなぁと思った。 何が面白いかといえば、その「写像」に人類は如何に依存して発展してきたかを考えると、勝間さんがインターネットを(というか多分2chを)小馬鹿にしている言こそが、インターネットと人類の発展の本質を指しているからだ。 対してそのインターネット黎明期(こと

        • 死の組「グループリーグE組」を首位突破

          FIFAワールドカップカタール大会、日本がグループリーグを突破し決勝トーナメント進出を決めました。無敵艦隊スペイン代表に対して2-1の勝利です。 試合を見たのは翌日だったのですが、朝ニュースで知って驚いて声を上げてしまいました。 すっかりコスタリカ戦の敗戦で意気消沈していたので、リアルタイムで試合を見る気力はなかったのですが、個人的にはまさかの勝利でした。 田中碧選手の2点目のゴールは、三笘選手がゴールラインの間際であげたクロスボールがラインを割っていたのではないかとい

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Sound Blog - メイキングマガジン
          Kanazawa Kimihiko
          ¥1,000 / 月
        • エッセイと写真と散文と
          Kanazawa Kimihiko
        • みんなのフォトMAGAZINE
          Kanazawa Kimihiko
        • クリティカルシンキング
          Kanazawa Kimihiko
        • 世界書店 - 書評
          Kanazawa Kimihiko
        • ITテクノロジー
          Kanazawa Kimihiko

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 世界書店ラボラトリのフィールドワーク

          当サークルの活動として、各地の書店を巡るフィールドワークを行っています。 各地のセレクトショップ型書店や、個人経営の書店さんなどを巡っています。 ネットショップ…

        • 世界書店ラボラトリのフィールドワーク

          当サークルの活動として、各地の書店を巡るフィールドワークを行っています。 各地のセレクトショップ型書店や、個人経営の書店さんなどを巡っています。 ネットショップ…

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          自己分析のやり方

          オリラジアカデミーを見て、オープニングのオリラジの歴史で超泣かされつつ、テレビの歴史ほんまにしらなかったわーとめちゃくちゃ面白かった。 次回も期待。 昨日は友人と飲みに横浜のチーズ屋さんでワインと洒落込みました。 コロナが増えていますが席はほぼ埋まっており、人気店のようでした。 仕事の悩み相談がメインだったのですが、自分が何が好きで嫌いかを箇条書きでメモに列記したものがあるとのことで見せていただくことに。見開きで3ページにまとめられていて、何か指摘があればほしいとのこ

          隔たり

          喫茶店に入ってアイスティーのSサイズを頼む。会社帰りに読書をする人や資格取得の勉強をする人、待ち合わせの時間を潰す人などでほぼ席が埋まっている。 誰かしらコミュニティに所属しているものの、この空間は何のコミュニティ性もなく、席の間に設置されたアクリルボードが隔たりを具現化している。 店を後にする人と、入店する人が交差する。飲み終えたドリンクを返却台に置き、店員が回収する。トレイを持った客が席に座り、スマートフォンを覗き込む。 自動ドアから吹く風に紙ナプキンが舞い床を這う

          芸術の秋

          秋を堪能しようと近所の公園へ。 準備したのは、家族四人分のスケッチブックに色鉛筆。そしてバドミントン一式。 生田緑地公園にいくと同じくバドミントンで遊ぶ家族やシートを広げてごろんと寝転ぶ人々でほどよく混んでいました。11月12日はこの季節にしては暖かい気候で絶好の公園日和。 お弁当を食べ、バドミントンで汗をかいた後は、スケッチブックに向かって色鉛筆を走らせる。 絵を描くのは久しぶりで、以前デッサンを少しばかりかじった頃ぶり。 実は妻が美術部で、彼女も相当久々に絵を描い

          人が空間を共有することの深度

          群衆に身を置かないということが、新型コロナウイルスによって世界に与えられた気づきである。 海外では団結し協力し合う傾向が日本と比較して多いらしく、その影響は我々が想像するよりも大きいものだろう。 日本人は群れたがらない人種だと言われるそうだが、古くからの日本は隣近所同士や、会社の同僚間での家族ぐるみの付き合いなどが土着の文化として根付いていたはずだった。 私の祖母の家も、玄関を開けておくと「いるかー?」と大きな声で近所の人が代わる代わるやってきて世間話をしたり野菜を置い

          壊失忘思想体

          壊れる、失う、忘れる、 これらが本質的に人間を取り巻く世界を捉えている。 例えば今いる自宅は明日にも地震や津波によって倒壊するかもしれないし、耐久年数は長くても200年と言われている。1000年後には原型をとどめているかわからない。 都市計画の中で取り壊しもあるだろうし、息子たちが立て替えるかもしれない。 その時は意外と一瞬で、隣のお宅が取り壊された時は、1週間程度で建物がなくなり、1ヶ月程度で新しい家が建っていた。前の家がどんな形でどんな構造で庭にはどんな植木がならん

          言葉はゆっくり、呼吸は深く長く

          人は怒ったり、興奮したりするときは、呼吸が浅く短くなる傾向がある。 思い返せば、早口の人ほど怒りやすいような気がしないだろうか。捲し立てているうちに盛り上がってしまって、いつのまにか怒っているというパターンだ。 言葉を紡ぐには、その時最適な言葉を選出するための時間がかかる。その人の言語能力や、普段からそのテーマをどの程度深く思考しているかによるが、人は一瞬から数秒間の時間をかけて最適解を導き出す。 その紡ぎ出す時間を圧縮し連続させると、当然ながら最適でない言葉を選んでし

          国語の教科書をバカにしてはいけない【会議のやり方】

          小学生の子供たちが毎日音読の宿題をしてくれるのが好きである。 子供たちの声がまず可愛くて癒しになるし、自分がこどものころの文章がまだ載ってたりするので懐かしい思い出が蘇るようで楽しみでもある。 ちなみに音読カードには よくできた:◎ 普通:○ もうちょっと:△ みたいな印を書いてあげる必要があるのだが、親の判断として△などをつけるとやる気失くすので、二重丸をつけるしか選択肢がないというなかなかの設計となっている。 実は小学校で習っていた会議の準備方法国語の教科書には、実

          +10

          皆既月食+天王星食 2022/11/08

          価値観は自分では変えられない

          別解力とはどこか、正攻法でなにかやらなければという感覚が抜けないものですが、その感覚を外すためには読書が最も手軽だなと改めて思います。 例えばこちらの一冊「起業家の思考法(平尾丈 著)」は、他人が当たり前に出すであろう答えに対して「別解」を導き出す力こそ起業家に必要だと解説しています。 誰もが思いつく「正解」を仕事としても、すでに競合が多くいてビジネスにはなりません。なったとしても、苦しい戦いになりますし、実績のある他社が勝利することでしょう。 起業家の思考として、これ

          咲いては枯れる その顔に

          芽吹いては枯れる その背に 咲いては枯れる その顔に 明けては暮れる その陽に 帯びては冷める その青に 燃えては朽ちる その火に 満ちては欠ける その海に 泣いては枯れる この歌に 生きては枯れる その手に

          富士山パンケーキと河口湖総合公園の紅葉

          ふと今年の夏に行った富士山パンケーキが食べたくなって、河口湖まで家族でドライブ。 車の中から富士山が見えていましたが、あいにくその後は雲に隠れてしまいました。 行くといつも富士山がハッキリ見えなくて、富士運がないんですよね。 ふわふわのパンケーキは美味でした。 その後は河口湖総合公園で子供たちとバドミントン。気温は少し肌寒いですが、運動していると汗ばんでちょうど良いぐらいでした。 紅葉が綺麗な場所です。遊びに疲れたら写真を撮っていました。 遊具もあって子供たちは大

          お風呂が面倒なら入浴剤信者になろうよ

          お風呂に入る時は入浴剤を入れなければ気が済まない。 そもそも精神的に落ちていたり、酔ってたりするとお風呂に入るのが面倒で、タダで入るのは勿体無い。 そこで、入浴剤を買い貯めておき、どの入浴剤にしようか選ぶ楽しみを作っている。 今日はどこの温泉に行こうかな、などと空想しながら入力材を溶かし入れ、いつもよりリラックスしているぞと思い込みながら入るようにしている。 ポジティブな錯覚を与える「アファメーション」と呼ばれる手法に近く、自分がこうなるのだ、という宣言をすることで脳