心身ともに疲れきってしまったとき、わたしは誰かに相談することができるのだろうか?

今がまさにそうなのか?

多分働き出してからよくあったと思います。

心身ともに疲れきってしまっているという状況になったとき、わたしはきっとひとりでその気持ちと向き合うのだと思う。家族に相談とかはするかもしれないけど、今までも否定されることが多くて、肯定してもらった記憶はない。相談するとプラスのダメージがすごい。

そうなるとやっぱりひとりで解決すること。

友達には相談って、したことない。あると

もっとみる
とても嬉しいです♡
1

みつけましたか

「わたし、M男(えむお)を飼っているんですけど…」

と、切り出された。あなたなら、どう反応するだろうか?

1: 脳のシナプスがピキピキと音を立てて一瞬で凍る
2: 飛び出しそうになった目を慌てて押さえる
3: フガッフフと喉を詰まらせる

自分の場合はすべてだった。

知人から誘われて参加した集まりで起こった。
その知人は、日本で70人くらいしかいない職業で五本の指に入るレベル。
(以降、「五

もっとみる
カツオは興奮すると縞模様の向きが変わる
36

偉い人の言うことを信じないでください

こんにちは。

ほっこりんりんです。

今日は、成功者のいうことを信じないでください、というお話をしたいと思います。

いきなり、批判かよ!と言われるかもしれませんが、そうではありません。まあ、聞いてください。

これは、成功者がうそを言っている、というのではありません。

悩みの解決法には、順序がある、という話をしたいのです。

よく成功者、経済的自由人の方が言われているお話を聞いて、ああ、これ

もっとみる
ありがとうございます!私もスキです❤️
1

人生を諦めたくない女の子だけ読んでくださいね ~職業としての風俗嬢の手前「キャバ嬢」のススメ⑥

おかえりなさい。

美容室に行った時のお話です。いつもの担当の女性はお休みだったので、
お店の責任者クラスの男性にカットをしていただきました。店内を見回すと、初めて見る面子がチラホラしていたので・・・つい、思っていたことが口から出てしまった。

「美容業界って入れ替わりが激しいですよね?夢を持って入ってくるのに何故すぐに挫折してしまうんですかね?」

そんな会話をしていたら、そのお店で初めて見る一

もっとみる
ありがとうございました!嬉しいです。
6

ひさびさにこころがおれて。

涙が溢れる

なみだがとまらない

たちなおれない

失恋したわけじゃないのに

こんなこと当たり前なはずなのに

笑って流せたらいいはずなのに

なやんだときに気付いてくれる人支えてくれる人励ましてくれる人それがほんとうの大切な人なんだなあとおもうだけど涙がとまらない 

今日はなんにもしたくないしもうなんか超無気力すぎて悲しくなる

責任を負いたくないしはあ愛が足りないのかあ。そうだよなあ。

もっとみる

ep7.既婚男子

いろんな男と日替わりデートな12月。

その中から選び出した男子。
向き合ってみようと思ったのは
優しかったからだけじゃない。

強がりの奥に隠した素直さも
見抜いてくれると思ったから。

何度も好きって言ってくれて
何度も愛しとるよって言ってくれた。
デートをする度に
過ごす時間が楽しくて
彼と一緒に過ごす自分が
自分で好きになれる。
これからも一緒にいると
思っていたのに。

いつもくれるおは

もっとみる

相談させてください

私は鬱もちで、鬱もちの同居人がいる
鬱同士で一緒に暮らしている。

今年の年始、ニートになった同居人が
スロットで生活費を稼いでいた
本人が良いなら別に良い
ただずっとは無理だろうから
大好きなスロットで
別の収入は無いか
提案してみたりしていた
ギャンブル依存が少しあり
反対しても逆効果かもしれないし
否定は言わなかった
お金が減って荒れるのは嫌で
それはきちんと伝えていた

半年たって
いよい

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
15

優秀な子育て経験者ほどママたちに厳しい2つの理由

こんにちは。

牧 菜々子です。

頼りになる、先輩ママ。

新米ママにとっては、「すごい!」の連続です。

そんな中、いつも思うことがあります。

それは、優秀な子育て経験者ほど、ママたちの育児に厳しい傾向にあるということ。

私は、そう感じることが多いです。

一体、どうしてなのか…。

考えられる理由が、2つあります。

1つは、きちんと立派に子どもを育て上げた人には、「子ども好き」が多いか

もっとみる
ありがとうございます。アクションを起こしてくださった余裕に感謝します!
3

育児に対して厳しい意見を言う人は、自身が優秀な子育て経験者である場合が思った以上に多いです。優秀な子育て経験者がママたちに厳しい理由は、「子ども好き」だから。そして、自身の役割に邁進するあまり「個人差」に精通する機会が少ないからです。新米ママは、「どのくらい?」とか「どんなふうに?」とか個人差の程度を尋ねてくれる先輩ママに相談するのが一番です。

ありがとうございます。アクションを起こしてくださった余裕に感謝します!
4

東京での一人暮らしが不安ですの回答がダメすぎた

(この記事は708字、読み時間1分です)

東北に住んでいるお友達からのメール。
ーーーーーー
「うちの会社の若い女の子が会社辞めて東京で一人暮らしするんだけど、気をつけなきゃいけないことってなんかある?」

私の回答。

ないない。
そんなこと心配しないで、楽しくワクワクすること考えて生きた方が良いよ。
(・∀・)
ーーーーー

やっぱり不安だよなぁ。
偉そうなこと言ったって、みんながみんなポジ

もっとみる
おおっ。うれしいです!
3