『小説=詩=・=ART』

プロット00001~00005

00001:水。点。線。便器とアート。雪。点と・。点とアート。究極の点。究極のアート。池田亮司matrix。音の線。差異と反復の繰り返し。点は永遠に静止。夢見るような点と線。David Sylvianの歌。点はアートである。究極。川の流れ。無。
00002:朝吹真理子「流跡」。折口信夫『死者の書』。したした。シベリウス。安藤礼二。村上春樹。佐々木敦と佐々木希。井戸

もっとみる
スキすき大好きありがとう!
6

「2020年の論点100」総目次

100のテーマに100の解答。就活生、ビジネスマンの基礎教養に最高のマガジン「2020年の論点100」。これ1つであらゆるシーンに役立ちます。

特別企画1 対論で思考力を鍛える

【愛子天皇を認めるべきか】
(1)性別に関係なく人物本位 それが新しい流れ 河西秀哉

(2)ご都合主義で皇位継承順位を変える不遜さ 阿比留瑠比

【FB「リブラ」がもたらすもの】
(3)誤った経済政策を矯正するために

もっとみる
ありがとうございます!
5

コンマ1秒のタイムラグが解き放つ腐女子のイマジネーション

BLのストーリーを理解するには余分な0.1秒が必要?

ボーイズラブ(BL)のストーリーを私たちの脳が理解するには、全く同じストーリーの男女間の恋愛物語を理解するよりも約0.1〜0.2秒ほど余計に時間がかかる−−−−と聞いたらあなたは驚きますか?

そしてこの、自分では自覚しようもないホンの少しのタイムラグが、私たちがボーイズラブを読むときに感じる面白さやこのジャンルの豊饒さと関係していると言われ

もっとみる
ありがとー( ´ ▽ ` )

第12回 かぶたんは しんでしまった!

11/28も引き続き、「中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター」で学習中。

目次に書いてある文法用語の理解度…30%

かぶたんは しんでしまった!

ごめんね。かぶたん。

離合詞

「帮忙」のように、2つの漢字からなる動詞で、後ろの漢字が目的語っぽくなっているもの。
帮と忙の間に文字を入れることができる。(←うろ覚え)

例えるなら、ガンダムの上の方のパーツと下の方のパーツの間にコアブ

もっとみる
ありがとうございます!
1

第11回 目次に書いてある内容を理解できるか? → かぶたんは しにました。

(申し訳ございません。Amazonへのリンクのアドレスが長く、読みづらかったため、本文を修正しました。)

第10回で新しいテキストを買ったことを書きました。

↓クリックしてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4411019760

買ったはいいが、どこから手をつけていいか分からない。

そこで、下記の本を読んでみた。

↓クリックしてください。
https://

もっとみる
ありがとうございます!
1

無題-score-

小説

 前日譚(1年生)
   overture
 2年生
   prelude

本編

 1年生
   Act: 1 2 3 4 5 6
 2年生
   Coming soon.

長編SS

 1年生
  School Festival Rhapsody-学園祭狂騒曲-
   Act: 1 2 3 4 5
  Summer Sunset Serenade-夏休み昼夜逆転物語- 
   A

もっとみる
他もたくさんあるので、たくさん見てってください。ありがとうございます。
2

note俯瞰図

これから定期的にnoteに文章を綴っていくわけですが、現時点でnoteで書こうと思っている題材を備忘録として箇条書きしました。本の構成でいえば、目次のような役割でしょうか。以下順不同。

・お金のこと(どうやって食べてるんですかという質問に対するアンサー)

・仕事のこと(本業である美術家という職業のことはもちろん、食べていくためにやってきた副業についても触れたいと思います。これまでだけでなく、も

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます
8

1. 論壇netとの出会い ― 2019年4月まで ―

前書き

論壇netは2019年8月13日に閉鎖した。参照先をアーカイブに変えているが煩雑なので一々断っていない。URLの文字列で見分けて欲しい。アンケートが展開しない時は下の方が見えないが、右クリックから選ぶかCtr + Uでソース表示にすれば読める。文字ばかり膨大となるので、検索すると良い。
特に断らなければ2019年の出来事だが、話の流れにもよる。
時刻は協定世界時や米国西海岸時から日本時に

もっとみる

読み、書き、観るひとの〈目次〉

はじめまして、あるいはこんばんは、書店員をしておりますサトウ・レンと言います。以前はR.S.という名義で、主にブックレビューを中心に、たまに創作小説を書くという形の活動をしていました。今でも自分の中心にあるのは、ブックレビューだと思っているのですが、最近は中々ブックレビューが出来ず、創作小説と映画レビューを書くことが多いので、以前のような定期的なブックレビューを書くのが自分の中での目標になっていま

もっとみる
お読みいただき、ありがとうございます!
33