画像認識

作成した機械学習モデルを用いて画像認識を行う

作成した機械学習モデルを用いて画像認識を行う

以前、7種類の野菜の画像認識を行う機械学習モデルをTensorflow Kerasを用いて作成したので作成した機械学習モデルを保存して、保存したモデルを読み込んで新たに撮影した画像の野菜の識別を行ってみたいと考えそのための方法を調べて実行してみたのでその過程を示していきたい。 機械学習モデルを作成する部分についてはこの記事では詳しく述べないが参考にしたサイトは以下のものである。 ここから自分で作成した機械学習モデルを用いて画像認識を行う方法を書いていく。まず、別のプログラ

スキ
1
”犬か猫か”を判別する画像認識アプリを作ってみた
+7

”犬か猫か”を判別する画像認識アプリを作ってみた

はじめに新しいことにチャレンジしてみよう!ということでAidemyさんのプログラミング講座を受講しました。AIアプリ開発コースを受講。 最終的に成果物として、読み込んだ画像が「犬」か「猫」かを判別する画像認識アプリを作成しました。 ↓↓実際の成果物はこちらです↓↓ 本記事では学習のまとめを兼ね、犬猫判別アプリができるまでの過程をまとめております。 初心者の視点で書いているので、ご参考程度にお願い致します。 筆者の経験値と学習言語読者さんに参考になるように、Aidem

スキ
1
中国のAI OSユニコーン CloudWalk Technology #AI銘柄の目論見書 vol.5
+12

中国のAI OSユニコーン CloudWalk Technology #AI銘柄の目論見書 vol.5

DEEPCOREの奈良です。 DEEPCOREはAI,DeepTechに特化したVCです。シード/アーリーステージをメインにご支援させていただいています。 面談、情報交換、事業の壁打ちもお待ちしておりますのでTwitterのDMまでお願いいたします。 目論見書分析シリーズについて本シリーズは、起業家向けに海外DeepTech/AIスタートアップの上場目論見書を日本語で簡単にまとめるものになります。事業仮説を立てる際のご参考になれば幸いです。毎月更新できるよう頑張りたいと思

スキ
5
「AI技術がコモディティ化している」はウソ?~研究者が企業で活躍するためにこれから求められるスキル~
+3

「AI技術がコモディティ化している」はウソ?~研究者が企業で活躍するためにこれから求められるスキル~

0. 自己紹介皆さんこんにちは、株式会社ACESの代表の田村(@7142857)です。簡単に自己紹介させていただくと、私は東京大学の工学系研究科博士課程で松尾研究室に所属し、Deep Learningの金融への応用について研究しつつ、株式会社ACESという会社を経営しております。先週はIPOのタマゴにも出させていただきました。 1. AI技術がコモディティ化しているという主張の理解 Deep Learningが登場してから、"AIブーム"が続いていました。 - 偉そうな人

スキ
74
トラックで届ける時代はもう終わり!?【ドローン】とはに触れてみる。
+7

トラックで届ける時代はもう終わり!?【ドローン】とはに触れてみる。

「自分の可能性をフルに活用できたら、やり遂げられることの多さに驚かされるでしょう」(トーマス・アルバ・エジソン 1847 - 1931) 「そ〜らを自由に、と〜べた〜らな〜」 ドラえもんの歌にこんな歌詞がありますね。誰しもが一度は空を自由に飛ぶことを夢見たことはあるのではないでしょうか? ライト兄弟から始まった飛行機による「移動」を皮切りに、現在ではドローンが移動に限らず「空撮」や「運搬」など新しい領域を我々に与えてくれています。 そこで今回は改めてドローンについて紹

スキ
6
重い荷物はロボットに任せよう!【デパレタイズロボット】が人の負荷を劇的に軽減!
+8

重い荷物はロボットに任せよう!【デパレタイズロボット】が人の負荷を劇的に軽減!

前回のパレタイズの記事では30kgの商品をロボットが積みつけてくれるという記事を編集しました。これまで人が持ち上げていた作業をロボットが行うことにより、倉庫内の重労働がまた一つ減りました。 https://note.com/ko_heihe_i/n/n98eeaf6636fc 一方、荷物を下ろす重労働はどうなのでしょうか? 実は同様にデパレタイズ、という作業で自動化が図られています。そこで前回の記事に引き続き、今回は商品を下ろすデパレタイズについて注目をしていきます。

スキ
8
【IBM 自動車業界事例】 「日常的に」点検できる、”画像認識AI”を活用したタイヤ画像診断サービス

【IBM 自動車業界事例】 「日常的に」点検できる、”画像認識AI”を活用したタイヤ画像診断サービス

自動車業界のお客様に、自動車の点検をしっかり行っていただいておりますでしょうか? 自動車点検整備推進協議会の調査によりますと、自動車の日常点検を全くしない人の割合はおよそ35%を占めております。 そのような日常点検があまりできていないことによる自動車事故が年間1,500件以上発生しており、特にタイヤの不良は自動車事故につながります。 本日は、当社の画像認識AIを導入することで、タイヤの日常点検を実現させた、オートバックスセブン様の事例をご紹介いたします。 株式会社オート

スキ
5
【IBM 食品製造業事例】 「食品品質保持」と「スキルの継承」の課題を解決する”画像認識AI”

【IBM 食品製造業事例】 「食品品質保持」と「スキルの継承」の課題を解決する”画像認識AI”

食品製造業の現場では、ベテランの作業員の退職が続き、生産業務や検品業務に必要な原料の分類や目利きのスキルを持った人材が不足しているのではないでしょうか? そのような人材確保の課題から、品質を管理することも難しくなると考えられます。 本日は、人材確保やスキルの継承、品質保持という課題を画像認識AIで解決された、やまやコミュニケーションズ様の事例をご紹介いたします。 株式会社やまやコミュニケーションズ様の事例資料はこちらのURLから閲覧できます。 URL:https://ib

スキ
2
【初心者向け】はじめての画像認識AIテキスト:第2回「ものをみつけるAIの作り方」
+9

【初心者向け】はじめての画像認識AIテキスト:第2回「ものをみつけるAIの作り方」

こんにちは、ヒューマノーム研究所インターンの塩谷です。 この記事は初心者向けのノーコードAI構築ツール「Humanome Eyes」を用いて、物体検知AI(ものを見つけるAI)を作ってみよう、という連載の第2回目となります。前回の記事は以下のリンクからお読みいただけます。 前回は物体検知AIについての基礎知識として、物体検知AIができること、物体検知AIの構築の流れについてお話しました。 今回は前回の知識を踏まえ、身近なお菓子の画像を使って、実際に物体検知AIを作ってみまし

スキ
8