瀬戸内国際芸術祭2019

感情の埋葬(あなたの名前を書けなかった話)

あなたにこうして出すことのない手紙を書くのは初めてではない。クロアチアにある「別れの博物館」の展示が東京にやってきたとき、「さよなら」を書いた紙で紙飛行機を折って置いてゆけるコーナーがあったので、私はまよわずあなた宛に書いた。具体的に何を書いたのかは、忘れてしまった。
 読まれない・届かない手紙を書くたぐいのワークショップにぶつかるたび、私はあなたに手紙を書いた。学校で毎日顔を合わせて、休み時間も

もっとみる

島へ渡る 瀬戸内国際芸術祭2019その4

2019.08.04
4日目 大島

 当初は最終日にのんびりまわるつもりでいた高松港周辺を三日目の午後に済ませてしまったので、ガイドブックに所要時間三時間とあった大島に行くことにした。
 大島には国立ハンセン病療養所「大島青松園」があり、ハンセン病の歴史を知ることが大きなテーマになっている島だ。この旅を計画しはじめた時点ではまったく視野に入っていなかったのだが、瀬戸内に来るひと月ほど前の七月のは

もっとみる

島へ渡る 瀬戸内国際芸術祭2019その3

2019.08.03
3日目 犬島・高松港

 前日の夕ごはんはばらばらだったのだが、朝ごはんは同室の三人で同じテーブルについて食べた。さらに車で来ていた女性が家浦港まで一緒に乗せていってくれるというので、素直に甘えた。車の主はそのまま家浦の周辺をまわるといって私たちを降ろして去り、もうひとりの女の子は高松行きの船に乗って帰っていった。

 私の次の目的地は犬島だった。維新派の野外劇場での芝居をと

もっとみる

島へ渡る 瀬戸内国際芸術祭2019その2

2019.08.02
2日目 豊島

 ぐっすり眠って起きて七時過ぎにチェックアウト。アカイトコーヒーに朝ごはんを食べに行くと、けっこう混んでいて相席だった。トーストもコーヒーもおいしい。
 水分だけでなく栄養補給もきちんとしないと倒れてしまいそうで、ごはんは意識してしっかり食べていた。

 朝イチの高速船で豊島へ渡り、着いてすぐ唐櫃岡へ直行、大人気だという島キッチンの十二時半の整理券を無事もらう

もっとみる

島へ渡る 瀬戸内国際芸術祭2019その1

2019.08.01
1日目 直島

 とうとう瀬戸内国際芸術祭に来た。

 ずっと行きたいと思っていた。2013年、2016年と都合をつけられず泣く泣く見送り、三度目の正直だ。深夜、遅々として進まない作文仕事の合間に、今年こそは絶対に行く、と突然思い立った。
過去の二回は気候が良さそうな秋会期を狙ったあげく行けずに終わったので、今年は覚悟を決めて休みやすい夏に行くことにして、スケジュール帳とオフ

もっとみる

密なアートの思い出

去年連載が終わった直後数カ月の間にあいちトリエンナーレと瀬戸内国際芸術祭の両方に行った。今となっては幻のような。あいトリの「旅館アポリア」と瀬戸内の豊島にある「ストーム・ハウス」は両方とも家ひとつを装置として映像や演出と物理的家鳴りとともに記憶に語り掛けてくるアートで、どちらも芸術祭の特色が出ていてよかった。

家の中で回る大きなファンの前の狭いスペースにびっちり詰め込まれて轟音に包まれ、飛び立っ

もっとみる

瀬戸内国際芸術祭に行ってきました(豊島・直島)

こんにちは、アンドロメダです( `・∀・´)ノ
前回の続きで、瀬戸芸レポです。

瀬戸芸旅行の2日目は直島と豊島に行きました。
豊島←これ「てしま」って読むみたい。
フェリーのスタッフの人に「としままで!」ドヤ顔で言ってたよ。

チケット売りの行列に30分程並び、
無事てしま行のフェリーに乗れました。

フェリーに乗る前、リサに仕事の電話がかかってきて、
できる女子みたいにメール対応してるリサの横

もっとみる
感謝百烈拳!ありがぁたたたたたたた!
6

瀬戸内を齧ってみたら

2泊3日の瀬戸内旅行
齧ってみたらレモンの味というより、
うどんの味を知った旅行でした。

旅の目的
・瀬戸内国際芸術祭
・うどん県でうどんを味わう
・直島と小豆島の島感を満喫

1.旅費について

飛行機(JETSTAR)13500円
[往路]NRT→TK 17:45-19:20
[復路]TK→NRT 19:55-21:15
高松センチュリーホテル 2泊 8000円
自宅から空港の交通費 30

もっとみる
愛ですね!これは!
8

海を越えて

大学生になってはや半年が経った。

東京から離れると完全に決めたのは高3の夏前だったから、その時から考えると大体1年半と言ったところだ。地方と言っても札幌は人口200万ほどなので十分大都市だけど。

自分はこの先も段々のんびりとした空間に移りながら過ごしていく気がする。多分その方が性に合っているから。

そんな人なので、今年は今までに貯めたお金と長い休みを使って瀬戸内の島を一人で旅した。島には文化

もっとみる
嬉しい!また読んで欲しいな...!
6

なんとなく言葉で伝えたいこと

瀬戸芸が終わって3日経つ。
わたしはまだ高見島にいる。
会期が終わった次の日から、作品の撤去作業をしている。

出展していた作品《内在するモノたちへ、》は、構想から含めると約1年かけて制作したもの。
この1年は、今までにない、はじめてのことばかりの1年だった。

今週の日曜日まで島にいるのだけれど、
今年に入ってから島の滞在日数がトータル100日になる。
365日のうち、100日は島暮らしをしてい

もっとみる