30歳から独学でスワロフスキーアートを始めた理由。

私は、2016年からモナコ公国、パリ、ロンドン、日本でアーティスト活動をしています。このようにお伝えすると「美大卒だったの?」「どこで絵を習ったの?」「youtubeで技法を学んだの?」などと聞かれますが、絵は完全に独学です。

中学の時、デッサンの成績は5段階で2でした。

「きちんと出席すれば3は貰えますよ。」と言われた授業で、皆勤賞で2。真面目に授業に出ていて、物静かなタイプだった私は、当時

もっとみる
明日も素敵な1日になりますように。スキ、ありがとうございます🌟
11

「パンデミックで露呈する監視システム:!メディアングルッペ・ビトニックの活動から考えるポストコロナ時代の自由」
http://bijutsutecho.com/magazine/insight/22018?fbclid=IwAR1FCb5SJU1SOnnxcI2d6wiNXvg8jcScxW1LPrYdPfmpr7dfTmnEkNQtpvY
「... 一方的に受動的な監視対象に閉じ込められている私たちを、能動的な権力の監視者に変えていく試みといえるだろう。」

アートギャラリーへ行ってみよう!

昨今のアートブームで現代アートに関心を持つ人が増えたような気がします。

この記事を読んでいる方も、アートに興味があって作品を購入したり、コレクションとかもやりたいなーと思っている方もいるかと思います。

そんな方はまず実際にギャラリーへ行ってみることをおススメします。

コロナ禍の影響であらゆる仕事や交流がオンラインに移行しており、最近ではアートもオンラインビューイングが増えました。

ただ、個

もっとみる

YouTubeをハックする動画作品の話

先日、YouTubeの新しい使い方をテーマにしたバーチャル展覧会「ようつべ展」をオープンしました。

メディアアーティストやイラストレーター、映像作家にプログラマーなど、幅広いジャンルの作家が一堂に会し、各々が考えるYouTubeの新しい使い方を発表しています。

今回は、そんな「ようつべ展」に出展された数々の動画作品と、本展覧会を企画した意図についてのお話を書いていこうと思います。

ちなみに「

もっとみる
赤を超えた赤外線色のハートがあったら見てみたい。
5

現代美術作品、"Break Point"シリーズ

現代美術作品、"Break Point"シリーズ

-回想。バンコクで彷徨った夜。-

現代美術家ミツタマサユキ

もっとみる

現代美術作品、"Break Point"シリーズ

現代美術作品、"Break Point"シリーズ

-彼は一つの本により人生を進むことになる-

シリーズコンセプト
-破るべき時が来た。今だ。

現代美術家ミツタマサユキ作品

もっとみる

海外オークションのプレビューの様子

今回、紹介するのは2019年の4月に開催されたサザビーズ香港の現代アートメインセールのプレビューの様子です。プレビューとはオークションに出品される作品の展示会のことで、オークション開催日の大体、3日前から前日、または当日まで開催されます。

サザビーズ香港のプレビューはWan Chaiにある、Convention and Exihibion Centerという大きな会場で行われます。前は別の場所で

もっとみる

現代美術作品、"Break Point"#M002

現代美術作品、"Break Point"
シリアルナンバー#M002

-破るべき時が来た。今だ。-

-Fire-

-熱-

-Green-

-汗-

-Sun-

灼熱の太陽の下で燃えている青年がいた。
草木に囲まれていて青年は地球を感じていた。

ミツタマサユキ

もっとみる