再生

【Section4: Transformerを利用した物体検出(DETR)】AIによる「物体検出」を学ぼう!【PyTorch+Colab】 -Udemyコースを一部無料公開- #airslab

『AIによる「物体検出」を学ぼう!』は、人工知能(AI)を使った画像中の物体検出について学ぶ講座です。 フレームワークにPyTorchを使い、Google Colaboratory環境で画像中の物体を検出します。 2021年11月半ばにUdemyで公開予定です。 人工知能・機械学習技術の中でも、近年注目されているのが「ディープラーニング」で、第3次AIブームの主役となっています。 物体検出は画像の中から特定の物体の位置と種類、個数を特定する技術ですが、ディープラーニングによる物体検出は自動運転やスマートフォンによる顔認識など様々な場面で利用されています。 本講座では、Faster R-CNN、SSD、RetinaNet、DETRなどのディープラーニングベースの物体検出技術を学び、Pythonのコードで実装します。 物体検出をうまく利用すれば、従来人間しかできなかったタスクの自動化が可能です。 Pythonのコードを書きながら、AIによる物体検出技術を楽しく学んでいきましょう。 講義で使用する教材はこちら: https://github.com/yukinaga/object_detection 講座の内容は以下を予定しています。 Section1. AIによる物体検出の概要 https://youtu.be/iE5wKotBcJI Section2. Faster R-CNNによるシンプルな物体検出 https://youtu.be/Jzhs52Sqn6U Section3. SSD、RetinaNetによる物体検出 https://youtu.be/HQf9F1tKvW8 Section4. Transformerを利用した物体検出(DETR) https://youtu.be/_FA__z52Rmg 講座の内容は、予告なく変更されることもあるのでご注意ください。 なお、今回の講座でプログラミング言語Pythonの解説は最小限となりますが、Pythonの基礎を解説するノートブックを予め配布します。 Pythonの開発環境にはGoogle Colaboratoryを使用します。 【自由研究室 AIRS-Lab】 「AI」をテーマに交流し創造する、Web上のコミュニティです。 https://www.airs-lab.jp/ 【News! AIRS-Lab】 AIの話題、講義動画、Udemyコース割引などのAIRS-Labの最新コンテンツをメールで配信します。 https://www.airs-lab.jp/newsletter 【AIRS-Lab Live!】 毎週月曜日21時に開催。人工知能(AI)技術に関する無料のライブ講義です。 YouTube Liveを利用して配信されます。 以下のチャンネルで過去のライブ動画の一部を見ることができます。 https://www.youtube.com/channel/UCT_HwlT8bgYrpKrEvw0jH7Q 講師: 我妻幸長(@yuky_az) 「ヒトとAIの共生」がミッションの会社、SAI-Lab株式会社( https://sai-lab.co.jp )の代表取締役。AI関連の教育と研究開発に従事。 東北大学大学院理学研究科修了。理学博士(物理学)。 法政大学デザイン工学部兼任講師。 Web上のコミュニティ「自由研究室 AIRS-Lab」を主宰。 興味の対象は、人工知能(AI)、脳科学、シンギュラリティなど。 オンライン教育プラットフォームUdemyで、数万人にAIを教える人気講師。 複数の有名企業でAI技術を指導。 著書に、「はじめてのディープラーニング」「はじめてのディープラーニング2」(SBクリエイティブ)、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい数学の教科書」「あたらしい脳科学と人工知能の教科書」「Google Colaboratoryで学ぶ! あたらしい人工知能技術の教科書」(翔泳社)。共著に「No.1スクール講師陣による 世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業」(技術評論社)。

AI人材ショートコントぉ in 観客席

(この記事は電車の中でのみ読めますぅ) A:どうもお疲れ様ですぅ さぁ食べましょーぅ B:いただきますぅ たこ焼きわざわざありがとうございますぅ A:ところでBさん、最近機械学習って流行ってるじゃないですかぁ B:そうですねぇ。お勉強でもされてるんでしょうかぁ? A:はいぃ。実は最近独学でG検定とりましたぁ B:おおあっ晴れ・・・これぞまさに教師なし学習ですなぁ A:あらお上手だことぉ それはどうもありがとうございますぅ・・・ B:・・・?何か元気ないですねぇ

スキ
3

【将来のための業界調査】AIシステム会社 AImeNext

※注意 この記事はあくまで個人の知見であり, 間違いが含まれる可能性もあることを周知の上閲覧してください. AIの研究をしている学生の私が将来のために調べているだけの記事です. 社名AIMENEXT株式会社(アイメネクスト) ビジョンデジタル変革の「カギ」となるAIカスタム開発を今すぐ 業務内容株価予測からレシピ・献立の最適化, 配送最適化など色々なことをやってる モバイルアプリ開発もしている 汎用的なサービスを提供していたり、汎用的じゃない顧客に合わせたAIのシス

12月の割引クーポン(Udemyコース)

2021年12/1から12/31まで有効な割引クーポンを、以下の2つのUdemyコースに対して発行します。 【Flutter+Firebase+MLKit】人工知能(AI)を搭載したiOS、Androidアプリを作ろう割引クーポン: https://www.udemy.com/course/ft-fb-mk/?couponCode=FE099856AC5D04E4FA59 このコースは、AIを利用したサービスを素早く簡潔に作れるようになるための講座です。 Flutter、F

スキ
6

40代で目指すG検定 合格体験記~その02

AI(人口知能)や機械学習エンジニアの登竜門である「G検定」を先日、受験しまして、無事合格することができました。私が実践した勉強方法を記載しますので、これから受験される方は、ぜひ参考にしてみてください。 前回記事の続きで、私が感じたG検定試験の特徴です。 前回記事はこちら 40代で目指すG検定 合格体験記~その01 範囲が広いひとことで「AI」と言っても、画像認識や機械翻訳などの自然言語処理など、とても範囲が広いのがこの試験の特徴です。理解すべき概念・用語が、たくさんあ

スキ
2
+1

【News! AIRS-Lab #011】AIは幻滅期を抜けたのか?、明日11/29のライブ講義、Udemyコースの一部無料公開など

コミュニティの方で11月のイベントを開催したのですが、人にリアルで会う楽しさを久々に実感しました。 今回のコンテンツは、明日のライブ講義のお知らせ、今週のAIトピック、新コースの一部無料公開などです。 なお、この配信のバックナンバーは、noteの方で公開しています。 https://note.com/yuky_az/m/m36799465e0f4 【Transformerを利用した物体検出(DETR)】明日11/29(月)の21時から、ライブ講義「AIによる「物体検出」を学

スキ
5

【受講生数7万人達成】記念の割引 -第二弾- 「【AutoML】自動化された機械学習を学ぼう! 」など

受講生の皆様、こんにちは。 Udemy講師の我妻です。 Udemyのブラックフライデーは昨日終了しましたが、皆さんお望みのコースは入手できましたでしょうか。 本日からは記念割引の第二弾を開始します。今月はじめにUdemyの受講生数が7万人を超えました。 12/2の10:00まで、割引(最低価格)をいくつかのコースに適用します。 【Magenta+Colab】AIによる作曲を学ぼう! -ディープラーニングで自動生成する音楽データ-割引クーポン : https://www.u

スキ
6
+4

Style Transferで聖蹟桜ヶ丘の写真からシャニマス世界を再現できるのか

AI界隈(ここでは主に深層学習)でも画像処理はホットなトピックです。その中の事例としてStyle Transfer(スタイル変換)というものがあります。よく見かけるのがコンテンツ画像Aとスタイル画像Bを用意するとBの画風が反映されたAの画像が出力されるというものです。 今回はこのStyle Transferを使用して、アイドルマスターシャイニーカラーズの舞台でもある東京都の聖蹟桜ヶ丘で撮影したものをコンテンツ画像、アプリ版シャニマスでスクショしたものをスタイル画像として実際

スキ
2

40代で目指すG検定 合格体験記~その01

AI(人口知能)や機械学習エンジニアの登竜門である資格「G検定」を先日、受験しまして、無事合格することができました。 3~4カ月かけて勉強してきたのですが、感想を一言であらわすと「思ったより、大変だったな」という印象です。ただその分、合格した時の喜びも大きいです。今流行りの、DX人材の仲間になれた気分ですね。 これから数回に分けて、私が実践した勉強方法を記載しますので、これから受験される方は、ぜひ参考にしてみてください。 G検定とは「G検定」とは、人工知能(AI)の領域

スキ
3

『夢中問答』第九話:無相と有相

問い真言師の中には有相の極致こそ密教の本質と言い、顕教は無相を重要と言うがさてどちらが正しいのでしょうか。 夢窓国師答えて曰く無相とは形や姿、特徴がないことを言い一切の執著に拘らない無為の境地を指す。 有相とは姿、形をもっている存在である現象世界を言う。 我々が花や犬を認識する時、花とか犬と意識する時、形ちや姿を見て判断するのは言葉によって認識することであり有相と言う。 言葉が無ければ花も犬も見えないと言えば不思議に思うかも知れないが言葉が無ければ花の形も犬の姿も見え

スキ
54