海外児童文学

6億部突破の児童文学作家による『〈五人と一匹見つけ隊〉見つけ隊と燃える小屋のなぞ』(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

2021年4月、〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉に新しいシリーズが加わります。その名も〔五人と一匹見つけ隊〕シリーズ!
子ども5人と犬1匹の探偵団が大活躍する、小学校3~6年生向けのミステリです。

第一巻のタイトルは、『見つけ隊と燃える小屋のなぞ』。
子ども探偵団《見つけ隊》のメンバーが、近所で起きた放火事件のなぞにせまります。

イーニッド・ブライトン 著/河合祥一郎 訳/旭ハジメ 絵

◇あ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
12

連載「プルーストを読む生活」を読む生活⑦

”Seems the wisdom of man hasn't get much wiser
Than the very beginning of the time"
                                           Stevie Wonder "Feeding Off the Love of the Land" 

 2017年に亡くなったナット・ヘントフの2

もっとみる

マリアンヌの夢

『マリアンヌの夢』はキャサリン・ストー著のイギリス児童文学書である。これは単なるファンタジーを越えた子供の精神世界を描いた名著である。今日はこの本を読んだ感想を書きたい。

病気になり寝たきり生活を余儀なくされたマリアンヌが家で見つけた鉛筆には不思議な力があり、その鉛筆で描いた絵がそっくりそのままマリアンヌの夢として現れる。マリアンヌは何の気なしに描いた少年と夢の中で出会い、物語は夢の中の世界を舞

もっとみる

星の王子さま〜大切なものは目に見えない〜part4

井戸

バラの元に戻ろうと思ったんだ、と王子さまは言いました。

そこから話を続ける王子さまにぼくは言いました。

「君の話はどれも面白かったよ。でも、もう飲む水がないんだ。どこかに井戸はないかな?」

「ぼくも喉が渇いたよ。井戸を探そう。」

王子さまが言いました。

何時間も歩き続けた僕たちは井戸を見つけました。

ぼくと王子さまは2人で水を飲みました。

ですが、王子さまは浮かない顔をしてい

もっとみる
めっちゃ嬉しいです。
3

星の王子さま〜大切なものは目に見えない〜part3

王子さまが地球に来てから

6つの星を渡り歩いてきた王子さまが、そこから地球に来ました。

王子さまが地球に来て最初に出会ったのはヘビでした。

「君はなんだか変な形をしているね。長い指みたいだ。」

王子さまは言いました。

「とは言えぼくにはできることがあるんだ。ぼくは君なんかよりももっともっと誰かを遠くに連れて行ってあげることができる。なぜならぼくは毒を持っているからね。」

ヘビは言いまし

もっとみる
スキありがとうございます!
9

星の王子さま〜大切なものは目に見えない〜part2

前回の続きから書いていきます。

地球に来るまで

「ぼくのいた星はすごく小さいんだ。でもすごくいい星だったんだ。」

王子さまは言いました。

「その星にはあるとき一輪のバラが咲いていたんだ。小さくて美しいそのバラがぼくは好きだった。そのバラは弱々しくてぼくはいつも世話をしてあげていたんだ。その上でそのバラはわがままで、実際にトゲがあって言葉にも棘があったんだ。」

と王子さまは言いました。

もっとみる
ありがとうございます。よかったらフォローもお願いします。
4

星の王子さま〜大切なものは目に見えない〜

今回は星の王子さまと言う作品について書いていきます。

この作品はとても普遍的で、誰の心にでも刺さるものだと思います。

原作小説に書いてある部分を割愛している場面もありますが、どうぞ見ていってください!

思い出話

この本の主人公は王子さまではなく、パイロットのぼくです。

そのぼくが自分の思い出話をするところから物語は始まります。

「ぼくはもともとパイロットになる気はなかった。もともとは絵

もっとみる
スキありがとうございます!
10

【DAY9】クリスマスシーズンを舞台にした本 ・その1

日本の南端で生まれ育った私は冬っぽいことへのあこがれがひと一倍強い。読み物も例外ではなく、雪やクリスマスが登場する本は幼い頃から好みです。
繰り返し読んでいる児童文学から、クリスマスが登場する3冊の本について話します。

・トーベ・ヤンソン『もみの木』(『ムーミン谷の11月』収録)

かわいいキャラクターとして周知されているムーミン。原作を読めば人間味あふれるムーミンたちをもっと好きになります。こ

もっとみる
読んでいただき本当にありがとうございます!嬉しいです!
16

書評 夜の妖精  フローリー ローラ・エイミー シュリッツ  妖精が巨人の庭の生き物たちと関わっていく様が、とても微笑ましい。



映画化とかするといいと思う。
物語全体に作者の優しさが満ち溢れていた。

挿絵が綺麗

小説の世界を、この挿絵たちが補完していて
子供にもストーリーが受け入れやすくできている。

夜の妖精のフローリーが
蝙蝠とトラブルになり羽根を失い
巨人の庭に落っこちて
絶望的な生活を・・・というあらすじだが

リスと友達になり
蜘蛛にの巣にかかっているハチドリを救出するために
蜘蛛と魔法で戦ったり
ハチド

もっとみる
やったー!。ありがとうございました。
32