毛包

髪の毛が細くなったり、柔らかくなったりするのはなぜ?髪の毛を太くする方法はある?

記者 ブラックサプリEX 報道

髪の毛が急に細く柔らかくなる理由はいくつかありますが、もちろんメインはやはりアンドロゲンホルモンの問題、いわゆる先天的な要因です。

先天的要因

体内にはテストステロンと呼ばれるアンドロゲンがあり、このホルモンは5αリダクターゼの作用によって別の成分であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。DHTは毛包細胞に入り込み、一部の毛包細胞の活性を阻害すること

もっとみる

抜け毛に効くカフェイン 育毛を助ける

記者 ブラックサプリEX 報道

カフェインが抜け毛の原因になるのではないかと思ったことはありませんか? さて、このトピックについては多くの研究が行われており、カフェインは実際に遺伝的な抜け毛を減らすのに役立つことが示されています。

カフェインとは?

カフェインは、天然に存在するメチルキサントフィリンアルカロイドのグループに属する苦味のある、白い結晶性の覚せい剤です。 主にコーヒー、紅茶、コー

もっとみる

新しい研究が大気汚染と抜け毛の関連性を示す

記者 ブラックサプリEX 報道

ブラックサプリEXの専門家が提出された研究によると、粒子状物質(PM)と呼ばれる一般的な大気汚染物質への初回暴露は、ヒトの脱毛と関連していることが示されています。

この研究は、ヒト毛包真皮乳頭細胞(HFDPC)と呼ばれるヒト毛包の根元にある頭皮細胞を、様々な濃度のPM10様の粉塵やディーゼル粒子に曝露することで行われました。

24時間後、研究者たちは、細胞内の

もっとみる

研究者が発毛を促進するmiRNAを発見

記者 ブラックサプリEX 報道

ノースカロライナ州立大学の研究者らは、毛髪の再生を促進するマイクロRNA(miRNA)を特定した。 このmiRNA(miR-218-5p)は、卵胞再生経路の調節に重要な役割を果たしており、将来の治療薬の候補となる可能性があります。

髪の毛の成長は、毛包の成長サイクルを調節する細胞である真皮乳頭(DP)の健康な細胞に依存しています。現在の脱毛治療は、侵襲的な処置か

もっとみる

抜け毛の人はお酒飲めるか飲めないか? 飲むのに最適なお酒は? 実際に抜け毛に効くお酒は?

今回は、ブラックサプリEXの専門家から、抜け毛の人に適しているお酒をお聞きしましょう!

1. アルコールはどうやって毛包を毀すのか

よく知られているように脱毛の多くはアンドロゲンの乱れによって頭皮に脂肪がたまり、長期間にわたって毛包を詰まらせることによるものであり、アルコールはアンドロゲンの触発剤である!

まず、アルコールが視床下部や下垂体などのホルモン系に影響を及ぼし、アンドロゲンの分泌異

もっとみる

なぜ男性は「ハゲる」のか? "ジヒドロテストステロン"

男性ホルモンのテストステロンが頭皮の毛包(毛穴)の内部で、「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくと脱毛ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が生成されて増えて、毛包が縮んでしまい、毛髪が細くなっていき、最終的には毛包から全く毛が生えなくなってしまいハゲが進行。

 男性のほうが女性の7倍ハゲるのは
①X染色体のハゲの遺伝子
②20番染色体に、男性が7倍ハゲル遺伝子情報が存在

 男性ホルモン(アス

もっとみる
嬉しいです。
1

「発毛」に必須の"免疫細胞"

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で
炎症を制御する免疫細胞の一種である制御性T細胞(Treg)が、「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事が判明。
 「毛包」は「発毛」と「皮膚呼吸」を司っている。毛包幹細胞は毛包を絶えず産出。

 薄毛(ハゲ)の原因は
①遺伝
②悪い生活習慣(食事、睡眠、運動習慣など)
③ストレス
 が大半といわれてきました。

 つまり、「免疫細胞であ

もっとみる

「お金持ちは髪がフサフサ」の時代到来

頭皮の毛髪の毛根を包み込む「毛包」。健全な毛包の数が髪の本数に直結。
 つまり、薄毛(ハゲ)の程度は「毛包」で決まります。

 老化や生活習慣の乱れによる「血行不良や栄養不足、酸化」により、「毛包」が退化して冬眠化し、抜け毛が急速に進行。

 この薄毛(ハゲ)を一挙に解決する方法が開発されました。
それは
①自分の毛包をクローン技術で大量培養
②毛包を支える地肌を3Dプリンターで生産
③毛包を支え

もっとみる
嬉しいです。
8

ハゲ(薄毛)の原因は「17型コラーゲン」

毛が生えてくる毛穴の奥の「毛包」。その毛包には「毛包幹細胞と色素幹細胞」が存在します。
 ■毛包幹細胞: 毛髪の素
 ■色素幹細胞: 黒髪の素

 そしてそれらを維持するのに重要な役割を果たしているのが17型コラーゲン(タンパク質)。

 この17型コラーゲンは加齢とともに減ってゆき、毛が細く本数も減少して薄毛⇒ハゲ(白髪も) と進行してゆきます。

 この重要な「17型コラーゲン」ですが、現時点

もっとみる

免疫(制御性T細胞)で"髪が生えた!"

かわゆいハトちゃんの頭はツルツル(薄毛? 短毛)ですが、ビロードのように柔らかです。

 薄毛(ハゲ)の原因は
①遺伝
②悪い生活習慣(食事、睡眠、運動習慣など)
③ストレス
 が大半といわれてきました。

 ところが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で
炎症を制御する免疫細胞の一種である制御性T細胞(Treg)が、「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事が判明。
 「毛

もっとみる