免疫(制御性T細胞)で"髪が生えた!"


 かわゆいハトちゃんの頭はツルツル(薄毛? 短毛)ですが、ビロードのように柔らかです。


 薄毛(ハゲ)の原因は
遺伝
悪い生活習慣(食事、睡眠、運動習慣など)
ストレス
 が大半といわれてきました。

 ところが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で
炎症を制御する免疫細胞の一種である制御性T細胞(Treg)が、「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事が判明。
 「毛包」は「発毛」と「皮膚呼吸」を司っている。毛包幹細胞は毛包を絶えず産出

 つまり、「免疫細胞である制御性T細胞の異常が脱毛の真因」と判明したのです。
 これはあくまでも、円形脱毛症マウスの実験ですが、一般の脱毛治療への応用は確実視されています。

 免疫抑制を担う制御性T細胞(Treg)は、腸と胸腺で産出されます。
つまり、腸フローラの不順による、便秘や下痢体質の人は、制御性T細胞(Treg)の量が減り、健康悪化だけでなく、薄毛(ハゲ)も促進するというダブルパンチ(汗)。

 糖尿病、高脂血症(血液ドロドロ)、プチ脳梗塞を発症した典型的なメタボ人間だった私(汗)。
 もちろん、去年末には見事なバーコードハゲに転落。

 でも、ダイエットと免疫力アップ(整腸快便)と、種々の薄毛(ハゲ)対策で、数か月後には「髪がフサフサ」まで、回復。
 ⇒ ■67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

 増えた制御性T細胞(Treg)のおかげかも?ですね。
ちなみに制御性T細胞(Treg)を発見したのは日本人で、坂口 志文・大阪大学特任教授ですね。ノーベル賞の有力候補です。



67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!


ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"


■「楽に生涯・健康ダイエット


3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
5
IQ180の元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を研究中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。