人気の記事一覧

付き合って10周年だから彼氏と10万歩歩いてみた

【料理エッセイ】はじめての夜釣りは悲しくなるほど釣れなくて、途方に暮れてしまったけれど、明け方、ようやくアジが釣れたとさ。サンキュー、東京湾!

ドン底会社員がヨガランナーになるまで

いずもドローン撮影日時特定のまとめ

1か月前

【料理エッセイ】横須賀で海軍カレーを食べて、ブラジャーを飲んできた

九州ツーリング フェリー編 行き 前編

ZINE『ヨソモノ 横須賀ぐらし。』発刊から1か月の振り返りと、増刷を支えてくれた皆さまへの感謝の気持ち。/ヨソモノ、ヨコスカ。#09

九州ツーリング フェリー編 帰り

水彩で綴る

3日前

まるでラピュタの無人島「猿島」~よこすかポートマーケット【旅行3日目:横須賀編】

護衛艦いずも「ドローン問題の本質」

地元民が選ぶ横須賀観光・お出かけスポット8選~魅力はカレーと軍港だけじゃない!~

ポテチパン旅行記

2か月前

ZINE『ヨソモノ 』横須賀ぐらし。発刊します!/ヨソモノ、ヨコスカ。#08

2か月前

三浦半島にはおいしいものが多い。三崎でとれる魚介類はもちろん、大根、スイカ、キャベツなどの農産物も美味い。その他に新しい味も生まれている。なのに私はこんな直売所に脇目もふらず、業務スーパーへと直行する。そして中国産を買うのだった。三浦半島で売ってるわけだし、と苦しい言い訳をして。

横須賀三浦にまつわる独立系小冊子3選

横須賀は明るい観光地を目指しているようだが、ちょっと違うと思う。「流れ者たちの最終地」「あだ花が咲き誇る終着駅」「歴史に翻弄された街」「日本の路地裏、世界の踊り場」「本気で殴りあった者たちの和解の場」など、もっと心に引っ掛かる売り方でもよいと思う。実際にそんな場所なのだから。

横須賀彷徨①

一般的にはデンジャラスな路地であろう。争いがあった形跡もあるし、どこからかの視線も感じる。実際に私の各種センサーの針も激しく振れる。けれど困ったことに、一番振れている計器が「ワクワクセンサー」だったりする。「トラブルが向こうからやってくる」は私の口癖だが、そうも言い切れない。

横須賀に才能が集ったらいいなあ、と思っている話

3か月前