文系AI人材になる

深い業務・業界知識があり、またAIの知識を保有する文系AI人材がAI活用度を引き上げる鍵になる("文系AI人材になる"より)。本質を理解した上でいかに的確に使いこなしていくかが鍵になりますね。

深い業務・業界知識があり、またAIの知識を保有する文系AI人材がAI活用度を引き上げる鍵になる("文系AI人材になる"より)。本質を理解した上でいかに的確に使いこなしていくかが鍵になりますね。

これまでのAI人材教育はAIを「作る」ことにフォーカスしていた。一方で、AIを「使う」側の教育環境や人材キャリアをフォローアップする環境は、まだ未完成。AIのことをよく理解し、的確に活用する人材が必要です。

これまでのAI人材教育はAIを「作る」ことにフォーカスしていた。一方で、AIを「使う」側の教育環境や人材キャリアをフォローアップする環境は、まだ未完成。AIのことをよく理解し、的確に活用する人材が必要です。

【本要約】AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 -できる社員の特徴量

【本要約】AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 -できる社員の特徴量

AI時代を生き抜くための知識・スキルを学ぶシリーズ 今回は、2020年9月に刊行されました「AI分析でわかった トップ5%社員の習慣」(越川慎司著・ディスカヴァー・トゥエンティワン)の要約・解説の記事になります。 先に結論を記載します。 ・AIで分析した結果、トップ5%の社員にはある「共通点」があった ・その共通点を実践することで一般社員の成果が変わった ・この共通点を「知る」だけでなく、「行動」することで働き方が変わる この本のポイントは以下です。 ・ビジネスパーソン

12
【本要約】文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要 -AI人材になるための現実的なステップ

【本要約】文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要 -AI人材になるための現実的なステップ

AI時代に身につけたい教養シリーズ 今回は、2020年1月に刊行されました「文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要」(野口竜司著・東洋経済出版)の要約・解説の記事になります。 先に結論を記載します。 ・AIは作るから使うへ移行し、将来にはExcelを使うぐらい誰もが使うものになる ・AI失職は必ず起きる。AIを恐れず、共働きする準備を整える ・文系AI人材になるには、基礎知識、作り方、企画のコツ、事例を知る必要がある この本のポイントは以下です。 ・専門用語・数

3
【2021年AI最新事例】LINEが「超巨大言語モデル」を開発へ

【2021年AI最新事例】LINEが「超巨大言語モデル」を開発へ

文系/非エンジニアのためのAI用語解説シリーズです。 今回は2020年11月にLINEが発表した「超巨大言語モデル」の開発について、 解説させて頂きたいと思います。 本内容は2020年11月27日に公開された以下のLedge.ai(https://ledge.ai)の記事を参考にしております。 【LINE日本語に特化した「超巨大言語モデル」を開発へ「日本語版GPT-3か」】(https://ledge.ai/line-naver/) 先に結論を記載しておきます。 ・LI

6
【本要約】カスタマーサクセス サブスプリクション時代に求められる「顧客の成功」10の原則 -ビジネスモデルは大きく変化する

【本要約】カスタマーサクセス サブスプリクション時代に求められる「顧客の成功」10の原則 -ビジネスモデルは大きく変化する

AI時代に身につけたい教養シリーズ、 今回は、2018年に刊行され、今ではカスタマーサクセスの教科書として知られる『カスタマーサクセス サブスプリクション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』の要約です。 日本でも、サブスクリプション(以下、サブスク)型のビジネスがかなり増えてきており、その中でも重要と呼ばれるカスタマーサクセスという概念を丁寧にまとめた本で、サブスクに関わる方、これから関わりたい方にとっては必読の書にになります。 先に結論を記載します。 ・サブスク型の

11
【本要約】Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学 -アップルがアップルたらしめる理由

【本要約】Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学 -アップルがアップルたらしめる理由

AI時代に身につけたい教養シリーズ、 今回は、スティーブ・ジョブズが信頼を寄せて12年間一緒に連れ添い、iMacを命名した伝説的クリエイティブ・ディレクター ケン・シーガルがアップルの哲学について書いた「Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学」の要約です。 先に結論を記載します。 ・アップルでは、とにかくシンプルにすることが全てにおいて徹底されている ・本質を見極め、シンプルにすることで効率よく、質の高い仕事ができる この本のポイントは以下です。 ・企業価

11