詩「豆電球」

カーテンを閉め切った

何も見えない寝室

お布団に包まり

ぐるぐるまわりんこ

ねむれない君は

ちょっと怖がりやさん

"おばけなんてないさ"

小声で歌ったね

でも

やっぱしあれがなくちゃ

闇夜の寝室に

一点のぽんわり

豆電球

とってもうれしいです😊
3

なんとなく散文詩「ステルス」

ネットの網を潜って
息を殺した30秒間のScandal
見張られてる
探られてる

浜辺で波をさらって
足跡消した30秒間のScandal
見張られてる
探られてる

証拠を残さずに飛び去ったステルス機
仔兎のように震えて
主の戻りを待ち侘びるような目で

本当のこと知りたい
本当のこと知りたい

ネットの網を潜って
息を殺した30秒間のScandal
今夜もどこかで見張られて
観察されてる

もっとみる
ありがとうございます!
1

詩「息抜き」

夜中の2時

甘いあまいチョコレート

ケトルをセット

砂時計を逆さまに待てば

湯気をあげるカップラーメン

"頑張りすぎよ" と

つぶやく

好きなレコードに針を落とせば

ひとりでに身体が踊るの

妙に気分がいい

ハイな息抜き

幸福な夜明けが近づく

明日はholidayだもの

もっと頑張ります💪
3

名残

去り行く夏の後姿を

僕は追いかけたりはしない

いつかの君の面影を

未だに引きずったままだから

今の君をどうやって愛していこうって

ずっと悩んだままこうやって隣にいるだけ

答えはすぐには出てこない

だけど少しずつでも今の君を理解して行きたい

努力はするつもりだよ

君がどう思っているかは知らないけれど

こんな拙い文章を見てくださってありがとうございます
3

hide&seek〜お願いぼくを探さないで〜

森の奥に閉じ込められたよう。
ぼくの体を棺に閉じ込めたのはだれ?

「ねえ…。かくれんぼしようよ。」
君が声をかけて、みんなかくれんぼをしたね。
みんな散り散りにきえて、うまく隠れた。
鬼さんは君たちをきっと見つけてくれる…。
そんな安心感が欲しいから、
君たちは隠れたけど、
絶妙なところで見つけやすい場所を本能的にかぎ分けて隠れている。

僕は本当に隠れていたかった。世界と隔絶できるなら…。

もっとみる

新星

新星

磨かずして光る玉などなし

傷口に指を差し入れ、かきまわす

銀色の玻璃の翅をむしられ、葉影でじっと息を潜めている蜻蛉どもへ

黒天鵞絨の翅をちぎられ、泥道をよろよろ歩くしかない揚羽蝶どもへ

脚をもがれ、虹色の箔の背中を、灼熱のアスファルトに焼かれている黄金虫どもへ

朗報!

努力と勇気で、誰もがスタアになれる時代の到来だ

弱虫ども

死ぬな

まだ、死ぬな

よく聞け

私たちの時

もっとみる
感謝です!
5

simple

simple

シンプルな仕事だから

人が見える

脇目もふらず運ぶ人

三歩先を動く人

決してムダをしない人

人の重い荷物に、手を添える人

重量物に惹かれがち

罵り合っていた人たちの和解

仲よきことは美しき

綺麗ごとは、綺麗

トイレの窓から見える小さな空の、青さと高さ

2020/8/24

感謝です!

賛歌

賛歌

傷つけて

ひとりひとりの命のきらめき

記憶に刻めるよう

傷つけて

エンドレスの人間の愚かさ

思わずの呻きとともに、深く心に刻むから

そうだった

理由なんてない

ずっとそう

エンドロールを両手ですくう

指のすき間から、きらきらとこぼれおちるのは、彼らのやさしさ

しっかり、傷つけられました

2020/8/20

ありがとうございます!
1

ニケの唐揚げ

髪を上げたり下ろしたりする。前髪を切りすぎたら、死後、地獄に落ちるのだと先生にいわれたことがいまでもトラウマだ。PTSDだ。今年は夏が短かった。来年は、夏が、省略されます。来年以降は冬が三回来ます。サメのようだった僕の肌が彼女の乳房を傷付けた。心を、傷付けた。外から目に見えない心臓には指紋のようにその人固有のタトゥーが入っている。メス。汗。メス。外科医になるのが将来の夢だった。獣医に、憧れていた。

もっとみる
ありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
4

海を渡る白い風に Dans le vent blanc traversant la mer

「閉ざされた部屋」テーマ曲3
Chanson thème "Chambre fermée" 3

Soprano: Mikako UENO
Composition: Hiroshi YOSHIMURA
Paroles: ICHIYOH

詩劇「閉ざされた部屋」より
1996年MMAC Festival にて上演Performance: Yoichi UENO Chant: Mikako UE
もっとみる