盛らないタイプ

盛らないタイプ

04:00就寝。10:00起床。「才能のある2人と出会う。彼らのアトリエの家具は全てがグラグラしていて、なれない自分は迷惑をかける。埋め合わせにナイフを一本譲る。FRPと流用部品組み立てられた彼ら作のバイクは素晴らしいが、工業デザイン的な引き算が足りない。アトリエの前の路地は舗装されておらず、茶色い水溜りができている。道を挟んで反対側の煙草屋に赤電話とプラスティックのベンチ。老人が仲良くしてやってくれと言う。再会を約束して帰宅。 静脈認証のインターフォン。川井憲次風のオステ

「女性初の」って、私の苦手な言葉。

「女性初の」って、私の苦手な言葉。

私の勤め先は女性が少ないです。最近は段々増えて来たけど、それでも少ない。 だから役職持ちの女性を増やそうと思ったのか、それとも実力が評価されたのか私にはわかりませんが、私にも女性初の○○という役職名が付いています。 正直、この女性初の○○って私にとっては嬉しくも何とも無いわけですよ。もしかすると中には嬉しい人はいるかもしれないけど、だってその役職を持っていた人は(男性だけど)今まで何人もいましたよね?別に私も特別じゃないですよね?って思うわけです。ひねくれすぎですかね・・

スキ
8
レールから外れたし、そこから降りてみた。

レールから外れたし、そこから降りてみた。

普通の人生。 世間一般的。 まともな人生。 それって一体何だろう。 「大学を卒業して、大きい会社に就職して、転職せず一つの会社で働き続ける。そして昇進、昇給。」 これが「普通」というレールだと思っていた。 そして、この通りじゃない自分がコンプレックスに感じた事があった。 自分が選んできた人生なのに。 新卒で入社した金融関係の会社。名の知れたいわゆる「大きい会社」だった。 ところが、女性ばかりの職場で悪口の温床。 正社員とパートの埋まらない溝。学閥。 独身者を笑う総合職

スキ
10
妊婦さん、産後のママさん、メディアとの付き合い方、大丈夫ですか?

妊婦さん、産後のママさん、メディアとの付き合い方、大丈夫ですか?

Don't you make yourself miserable by SNS? TVやネット放送との付き合い方、どうしてますか?東京オリパラで夏は明るいニュースで賑わってましたが、終わるとコロナを軸に暗いニュースが多いです。妊婦さんや産後のママさん、大丈夫ですか? というのも、コロナが始まった頃、妊婦だった私は連日の暗い話題で情緒不安定になってしまいました。  妊娠~産後は、落ち込みやすいです。個人差はありますが、メディアの影響も受けやすいと実体験で思います。番組によ

スキ
2
【TMS治療後の生活と、抗うつ剤の服用状況】ならきちのPMDD/抑うつ闘病記⑤
+18

【TMS治療後の生活と、抗うつ剤の服用状況】ならきちのPMDD/抑うつ闘病記⑤

無事にTMS治療30回コースを完走したならきち。(前回の記事参照) 集中治療月間を終え、家族はまた元通りの生活に戻ることに……。 今回はTMS治療後の生活と、抗うつ剤などお薬の服用状況についてお伝えしていきます。 ■TMSの効果は実感できたものの…… 息子と旦那にセットで実家に帰ってもらっていました。うちの息子は一時保育などに預けたことも一度もなく、基本的に私とベッタリ生活を送っていたので心配もありましたが、そうも言っていられない状況でした。 転職したばかりの旦那は

スキ
2
私がうつ病になったわけ

私がうつ病になったわけ

こんにちはmiriです。 今回は私が適応障害とうつ病になった経緯をお話ししようと思います。 私は現在本当なら大学4年の年を休学しています。 休学を決めたのは3年の春休みです。 体調を大きく崩したのは3年生の冬でした。 毎日、夜寝ようとする頭の中に不安が溢れ出し、考えないようにしようとしても、頭の中をいろんな不安がぐるぐると回って、寝たいけど頭はフル回転してて、同時に涙が止まらず、なかなか眠ることができず、寝不足が続いていました。 主に不安の要素としては、就活のこと、ゼミ

スキ
11
家事への取り組み方も気分の状態を知るヒントになる?

家事への取り組み方も気分の状態を知るヒントになる?

今日は個人的経験に基づいて「双極性障害と家事」というテーマで書いてみようと思う。 双極性障害には疾患特性として、気分・感情の揺れが存在するが、私の場合その影響が家事にも出る。わかりやすい人間だよね(´・_・`) そのため、家事への取り組み方を観察するのも自分の現在の気分を知るヒントにもなる。 今回は自分の中でも違いがわかりやすい、食器洗いと掃除機がけに限定して話をしてみます。 まず、通常気分時の取り組み方やその家事に対する好き嫌いを示し、気分変動時にはそれがどう変わる

スキ
43
抑うつ・不安状態から1年経過してみて。

抑うつ・不安状態から1年経過してみて。

こんばんは。皆さんお疲れ様です。 さてタイトルにある通り、抑うつ不安状態から1年経過いたしました。 早かった〜。 薬の量は11錠から8.5錠になりました。 朝散歩は相変わらずできないし、出かけてもすぐ疲れるし、筋トレも軽くしかできなくて、家事は少しできるようになりました。 ただまた最近は無気力状態で、何事にも意欲が低下しています、、、 1年前に比べたら良くなってきてはいるけれど、まだまだ辛いことたくさんです。 一応、来年から就活することになっています。 あれも

スキ
2
休職が延び、仕事とはなんぞやと考える。

休職が延び、仕事とはなんぞやと考える。

タイトル通り、12月末まで休職延長になった。気分のムラがかなりあるのは自分でもわかっているから「そりゃそうか…」という感じ。6月から休職して3か月半が経過した。 うつ病になった1週間は笑うことすらできなかったが、今はその状態は脱している。職場に申し訳ない気持ちもすごかったが、今はその気持ちは薄れてきている。やっぱり職場から一度離れる勇気もあっていいように思う。 ただ、この投薬治療だけ続けていく形でよいのだろうか。薬もまあまあ変わってる。一進一退が続いてる感じだ。できること

スキ
3
小動き

小動き

04:00就寝。10:00起床。 曇り。肌寒い。台湾弁当レバニラ。 出社して機材のメンテナンス。プロバイダに電話をして設定を変えてもらう。ミーティング。ファイルのバックアップ。 ヘリが多いと思ったら、また近所で火事。それ程乾いている様には感じない。 総裁選前の小動き。尻尾を掴めたか。 弁当。おにぎり。パスタ。