貴方といる自分が好き

私が貴方にできることは何だろう・・・
貴方が私に望んでいることは何だろう・・・

こんな思いは早々に棄てたよね。

この私にできることなんてある?
貴方が望んでいることなんて、私には想像もつかなくて。

“好きな人が喜ぶことをしたい”
恋愛をしたら、そう思うことがフツーだと思っていた。

でも、思い浮かばないの。

ずっと貴方の側にいたい。

ただそれだけ。

貴方と逢って私は自分を知る。

逢え

もっとみる

眠れない夜のたあいもない話

大学のゼミで教授から
「真夜中のラブレター」
という言葉を教えてもらった。

当時、私たちは4回生で卒業論文も大詰めを迎えていた。
中にはなかなか筆が進まないことも。

「目が冴えて、夜中に文章を書くこともあるかもしれないが、【真夜中のラブレター】という言葉があります。好きな人を想い、眠れない。いっそのこと彼女に想いを綴ろう。と、そうこうしつつも、いつしか寝てて、起きたら手元に昨晩書いた【真夜中の

もっとみる

【嫌われる勇気】「トラウマを否定せよ」備忘録

人は誰しもが自らが意味づけを施した主観的な世界に住んでいる。

井戸水の温度は年間を通じて18度。でも環境によって感じ方が変わる。

アドラー心理学は原因論ではなく、目的論。

不安だから、外に出ないのではなく、外に出たくないから、不安という感情を作り出す。

人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するもので、自分がどう生きるかを選ぶのは、自分自身。

今の自分が不幸なのは、自らの手で不幸

もっとみる

ウツとエゴシステム

Twitterに書こうとしたけどnoteも使ってみたいからこっちに書いてみるメタフィジカルなメモ。

ーーー

ヒマだと余計なことを考えてしまってウツになる。
だから何かやることがあってそれに向かってる方がいい。

という話はわかるけど、それがまさにエゴシステムでそこから向けられてない解決方法な気がする。

「ネガティブを潰すのはポジティブじゃなくて没頭だ」
オードリー若林

なるほどそうかも。

もっとみる

気づけば思考している人間に必要な「音楽(BGM)」という存在

ここ数年、日常的に音楽を聴く機会が圧倒的に減った。何故そうなったのかを考えてみたけれど、これという理由は思い浮かばない。その数年間、逆に増えたことは「気がつけば何かを考えていること」。

私は内向型寄りの人間だと思うし、人間の資質を34つに分類するストレングス・ファインダーで言えば上位5位に「分析思考」が入る程だから、気がつけば「これはなぜ」「あれはどうして」「あの人はなんで」という思考で頭がいっ

もっとみる

数週間ぶりの夢の中は無秩序な宇宙旅行。と同時に現実に影響を与えかねないほどの重力を確認。応援するアーティストとの自撮り&LINE交換。お金は無意識な八百長で手に入る。ありきたりだが「死ぬまでに是非、実現したい」案件として、心の内に秘めていた野望スープをコトコト再加熱。

素敵な言葉を、探求していきます!
1

映画2本も見ちゃった話

本日は映画DAY。

映画DAYと言っても、夜8時頃から見始めたので、映画DAYとは言わないのかもしれないが。

それは置いといて、今日見た映画は「君の膵臓をたべたい」と「何者」の2本である。

どちらもこれまで見たことのある映画だったが、違った意味で心をぎゅっと締め付けられる映画だった。

映画版「君の膵臓をたべたい」の魅力は何と言っても、浜辺美波である。

全く深くない感想ではあるが、これが率

もっとみる

たぶん。 『真実なんてないのが真実』

1.真実なんてない!!正義は自分の意見でしかない

ご存知の通り、新聞だろうがTVだろうが、どんな事件や出来事もその発信者の意図が入ります。
ググったら、どんなに真実だと思われることでも、反対の意見が出てきます。

本当に根本的に「絶対だ」と思われていることでもです。
例えば「人を殺してはいけない」
これってすっごく根本的な正しいことだと思いませんか。
けど、それに反対する意見はあります。
宗教だ

もっとみる
ありがとうございます☆ HAPPYが溢れる世界になりますように
5

意思を強く持った旅人は旅立ちと共に目的地にたどり着いたも同然だ

前回の「君と会えたから」に引き続き、喜多川泰の「手紙屋」〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜を読んでみた。

やはりこの本も「君と会えたから」と同様に、例え話を存分に盛り込んでいたからか、一瞬で読み終えた。

心に響いたセリフはたくさんあったが、その中でも僕の胸に残ったフレーズがある。

「意思を強く持った旅人は旅立ちと共に目的地にたどり着いたも同然だ」

この言葉を見た時、僕は台湾一周の旅を思い出

もっとみる

想いを綴り書き留める理由

気持ちは移りゆくもの。

記憶は忘れ去られるもの。

想い出は書き換えられるもの。

あの時は、もう戻らない。

その瞬間に映し出されたものや抱いた感情は、すべてを再現できないから。

今ある景色は、二度と見られないから。

流れゆく雲の如く。

言葉にならない想いが、いつの日か貴方のもとへ届きますように。