弱視

お買い物も国内旅行も海外旅行もOKな ハートアイズの同行援護

お買い物も国内旅行も海外旅行もOKな ハートアイズの同行援護

同行援護という言葉、聞いたことある人はどのくらいいるのだろうか? わたしは、子どもを出産し、ヘルパーさんを利用するようになるまでは、聞いたことはあったけど、よくわかっていなかった。 同行援護とは、視覚障がいのある人が、安心・安全に外出するための国が制度のことを言う。 また、同行援護従事者は、ガイドヘルパーさんの一つで、視覚障害者の移動をサポートする人〈外出する際に一緒に同行し、移動補助、代読・代筆、排泄・食事におけるサポートなど〉のことを指す。 わたしは、二人で外出す

スキ
3
✨クスっと笑えて 弱視を知れる 弱視者いろはカルタ【あ~お】をご紹介✨
+12

✨クスっと笑えて 弱視を知れる 弱視者いろはカルタ【あ~お】をご紹介✨

今日は、クスっと笑えて、弱視を知れる、【弱視者いろはカルタ】をご紹介します♩ これは、わたしが子どものころに母が会員だった日本弱視者ネットワーク(旧称:弱視者問題研究会・弱問研)の会員たちから募った川柳で作られたもので、株式会社 大活字から販売されている。 弱視の人が身近にいる人は、「あ~〇〇さんみたい!」と身近な弱視を思い浮かべるかもしれないし、どうしてあんな行動とってるんだろうっていうことがよくわかる。 身近に弱視がいなくても、こういう人がいるんだって知ってもらえる

スキ
24
メガネを外して買い物してみた!②

メガネを外して買い物してみた!②

弱視ブームのせんがメガネを外して買い物をする企画、第2段。今回は行き慣れたスーパーでの体験を紹介します。 こんにちは!くつばこ+のせんです。もう10月下旬ですね。一気に寒くなったので、昨日今シーズン初のぜんざいを食べました。せんはおしるこよりぜんざい派です。 ☆緑の野菜は難易度高い!今回は近所のスーパーでやってみました。何がどこにあるかほとんどわかっているのでスムーズに行くかと思いきや、入ってすぐの野菜コーナーで足止めをくらいました。大葉が欲しかったのですが・・・ 緑の野菜

スキ
3
子どもといっしょにまた遊ぶ 子どもといっしょにまた学ぶ

子どもといっしょにまた遊ぶ 子どもといっしょにまた学ぶ

子育てをしていて思うことがある。子育ては、【子どもを育てる】って書くけど、本当は【子どもを育てて、子どもに育ててもらう】ものではないかと思う。 以前書いた記事に子どもが生まれてから、わたしは見えにくいはずなのに、世界が違う風に見えるようになり、見えてるような錯覚を覚えるようになったことを書いた。 これは本当にわたしが感じたこと。 赤ちゃんのときは、わたしが覚えていない赤ちゃん時代を初めて知って、すごく新鮮な毎日だった。子どもが生まれるまで、赤ちゃんのお世話をしたことがな

スキ
20
ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』はなぜ心を満たしてくれるのか
+5

ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』はなぜ心を満たしてくれるのか

このドラマはなぜ心を満たしてくれるのか。 もちろん1話で退屈に感じて脱落した人やどこに面白味を見出せばいのか分からなかった人もいると思う。それはそうだ。あの半沢直樹だって世帯視聴率的にいえば3人に1人しか見てないのである。見ているほうがそもそも少数派なので、さも見ていて当然、誰もが面白いと思って当然、という見方は謙虚さに欠ける。 ただ、自分は今のところ楽しめている。心を豊かに満たしてくれるドラマだと感じている。では、なぜそう感じるのか?をこの記事で書いてみた。 本記事作

スキ
11
メガネを外して買い物してみた!①

メガネを外して買い物してみた!①

今放送されているドラマの影響で、絶賛弱視ブームのせん。(みうに「今更かよ」と言われましたが・・・)  裸眼だとそこそこ視力が低いので、メガネを外して弱視体験?をしてみました。今回はダイソー(100円ショップ)編。 こんにちは!くつばこ+のせんです。昨日のりこのnoteを読んで、せんの一人称は「私」の他に、「お姉ちゃん」があるなーと思いました。実は今でも妹に「私」と言うと違和感があって、家の中では「お姉ちゃん」です。小学生のときに学校で「お姉ちゃんはー」と言ってしまったことがあ

スキ
4
【キャラメル好き集まれ】
セブンコラボメニュー食べてみた
再生

【キャラメル好き集まれ】 セブンコラボメニュー食べてみた

VRヘッドセットで子どもの弱視を改善するぞ

VRヘッドセットで子どもの弱視を改善するぞ

ヘッドマウントディスプレイをいつか使ってみたいなと思ってはいるものの、日常の作業でこれが使うシーンというのがまだ無いし、ゲームでもこれを使うコンテンツが少ない印象。これが面白いぞって言うのが、あまり見かけなくて、だいたいVR日常作業みたいな感じ。最近はバイオハザード4も出たんだっけ。アレは面白そう。 VRの良いところと言うのがかけ離れた世界を体感するというものなんだろうけれど、今はどんな体験が出来るんだろうか。AVはすでに出ているようでかなりすごいらしい。新しいメディアが広

スキ
4
弱視難聴ママと息子の動物園でのお話【まるやまのぞうはへんてこりん?】4年前に作った絵本のリメイクした絵本ができました!
+13

弱視難聴ママと息子の動物園でのお話【まるやまのぞうはへんてこりん?】4年前に作った絵本のリメイクした絵本ができました!

【絵本作家さんびちゃんによる弱視ママと子どものお話【まるやまのぞうは へんてこりん?】紹介】で4年前に作った絵本を紹介した。 実は、この本をふたりで考えたときに、最初に考えていたストーリーは別のものだった。 男の子の素朴な質問に、ママが子どものころに母に言われた言葉を思い出し、その話を動物園の動物を見ながらお話する、というもの。 4年前は、そのストーリーはやめて、男の子に言われたことをママがそのまま男の子にお話しているストーリーにしたのだけれど、さんびちゃんはやっぱり最

スキ
26
ヘルパーさんとママとぼく

ヘルパーさんとママとぼく

子どもが生まれてから、わたしはたくさんのヘルパーさんと出会った。 わたしは視力が0.01ほどの弱視。子どもが生まれる前までは、ヘルパーさんがいなくても困ることはなかったのだけれど、子どもを妊娠したときは、やっぱりすごく不安だった。 そんなときに、同じ弱視の友達に教えてもらって、ヘルパーさんと契約を結んだ。 赤ちゃんのときは、毎日午前中に様子を見に来てくれた。 朝は9:00に来て、11:00まで。お掃除や洗濯、お昼ご飯の準備を手伝ってくれたり、一緒に買い物に行った。

スキ
24