伴走

【チーム山下:練習日誌】2020年9月19日

【はじめに】今までブログで練習メモとして練習内容をアップしてましたが、本日からnoteのひとつとしてチーム山下の練習日誌として新たに発信していきたいと思います!私が2時間30分切りができれば、のちのち2時間30分切りの目指す方の参考になればと思ってます。

今までブログで練習メモとして練習内容をアップしてましたが、本日からチーム山下の練習日誌として新たにnoteで発信していきたいと思います!私が2

もっとみる

主体性を育てるために「任せる」 その前にやる事がありますよ! No.625

先日井上塾メンバーのツジカセ有限会社様に訪問させていただきました。

プラスチックの射出成型の工場で機械化されている現場を見ていると、めちゃめちゃ血が騒ぎます!

やはり物作りの現場って男子はわくわくしますね。

今回訪問させていただきお話を伺う中で、私も以前悩んでいた事と同じ話を相談されたので、恩田社長にご了承を頂きシェアさせていただきます。

経営者の悩みは大きく分ければ3つで

・売上利益な

もっとみる
ありがとうございました~~
52

なぜnoteを辞める人が多いのか【モデルケースになる人・伴走者がいないから】「note活用備忘録#20」

こんにちは。こんばんは。

今回はなぜnoteを辞める人が多いのか

これを分析してみようと思います。

noteのやる気はどこへ行ったのやら。
ほぼ毎日投稿していたあの頃が懐かしい。。

何かを始めたら何かの時間を削らなくちゃいけない。当たり前のことですが、自分にもそういうタイミングが来ています。フォロワーさんの中にも1割か2割ぐらい稼働していない方もいらっしゃいます。

そこで今回は

not

もっとみる
いつの間にか来る秋を! Mr.Children / 秋がくれた切符
11

テラスコクリエーションで、抽象化4ステップ

◇「テラスコクリエーション(社名)」名前の由来

造語です。テラスはその名の通り「照らす」、他にも「ベランダ」や「軒先」のこと。コクリエーションは、「ともに創造する」意味です。

さて、なぜ『テラス』の概念にたどり着いたか。

抽象化のお話です。
具体をたくさん集め、この概念は何だろうという方法です。

◇テラスになるまで(抽象化4ステップ)

①好きな物を並べる
水平線、橋、運河、夜景、海、砂浜

もっとみる
ありがとうございます💛さすがです!!
2

「カッコ良く生きろ!」

EDDIE SOUND Ⅱ

満を持して活動スタート👍🎸

きっと待っていてくれたはずの、eddie-sound vol.2

2019年 名うてのミュージシャンが集まり“chill out”なアルバムが世に放たれた。そのタイトルも 

『EDDIE SOUND』

こんな動乱なご時世、演者たちの末路を憂う声も耳にしながら

俺たちは

「Not much, just chilling out

もっとみる
わあ〜😁スキありがとうございます😊
5

教育者の孤独と幸せ

幸せになる勇気 No28 貢献という幸せ

教育者やカウンセラーは、孤独である。

確かに、そうだと思います。

本書でも、「誰からもほめてもらえず、労を労われることもなく、みんな自力で巣立っていく。感謝すらされることのないまま」と言われます。

では、それで良いと思えるには…

「貢献感のなかに“幸せ”を見出すのです。それしかありません」と哲人は言います。

貢献感、少し難しい表現ですね。

もっとみる
やったね‼️
10

セッション期間が長くなるほど、対話の中心にはならなかったテーマに対しても、クライアントさんの考えがどのように変化してきたか、共に振り返ったりフィードバックができる。意識の真ん中に上りにくいものを扱う機会が得やすいと、気が付いた。

ありがとうございます!良い一日を💟
6

わたしがほんとうにしたいことって何だろう?

ずっとほしかったんだ、この問いに対する答えを。

周りがいろんな肩書きを名乗りはじめると、わたしも肩書きがほしくなった。

何者でもない自分に自信を持てなくなっていった。

だから、肩書きをもちたいと、ローカルの起業支援をしている場所にも飛び込んだ。

「アイデアから生み出すと、認知バイアスがかかる」

これまで、アイデアベースでのわくわくを形にしていくことが、幸せだった。

それができないとなっ

もっとみる
きっと明日もいい日になるよ
6

SUSHI MAN!河原井司さんから学ぶ『反復』の大切さ

現状打破!

M高史です!

本日のMラジは

SUSHI MAN こと

ライターの河原井司さんにゲスト出演していただきました!!

河原井さんといえば

かすみがうらマラソン2018で

ブラインドランナー村上守さんの伴走をさせていただいた時に

動画撮影と取材もしていただきました!!

※動画の4分20秒あたり、河原井さんの声が聞こえてますが、カメラを持ってずっとフル走られています!

記事

もっとみる
ありがとうございます!日々精進致します!
11

わたしの野望と本望

いつだって自分で何かしたい。

目立ちたがり屋…ということではないと思うけれど
音楽だってスポーツだって、
見ているだけではウズウズしてしまう。

そんなわたしが巧(ダク)み屋を名乗り始めて、はや数か月。

最近はその活動もそこそこで、わがままに自分のやりたいことを模索してやってみたりみなかったりしている。
落ち込むこともあるけれど(ここにきてコロナのダメージでかいぞ)、自分で自分を嗜めたり機嫌

もっとみる
スキされるとスキ返したくなる
21