常識を疑う

【Unobrush -歯磨きの先入観を壊した製品-】

こんにちは!椎名悠です!

今回も新しいビジネスアイデアを紹介します。

まずはこちらの記事の紹介です!

美人がヘンテコな物を咥えてる姿がシュールですが、これ、「歯磨き」です。

しかも、6秒で終わります。

その名もUNOBRUSH(ウノブラッシュ)。

これは口にくわえるだけで歯磨きができます。

しかも、上の画像のように特別に開発された医療用スポンジで歯を包み込むため、歯の表面を360°あ

もっとみる
数ある小説の中から読んでいただき、スキありがとうございます!
2

家好き大学生が考える家で快適に生活する方法

家が好き、オンライン生活が好き、一人が楽と思っている人だけでなく、コロナ前の生活に戻りたいと願う人にも読んでほしい。

「家=つまらない」の固定概念を捨てる。

家の中でできる楽しいこともたくさんある。
・読書 
自主的な読書は学校でやらされる課題、授業と違い、自分のペースで、自分の興味のある分野の知識を身に付けられる。アウトプットも自分の形で行え、他人に評価されることもなく、気楽に楽しく行うこと

もっとみる

運ばれて

前回の続き。

鬱病になったわたしの前に現れた、昔からの友人。

彼女は、わたしが結婚してから親しくしてきた、他の誰とも、生き方や考え方が違っていた。

彼女とたくさんの会話を重ねる中で、その当時のわたしには、衝撃的だった事がある。

「どうしてみんな、結婚した途端、〜しなければならないの、って言うの?」

「どうして、それは出来ない。わたしは、こうしたい、って言えなくなるの?」

彼女の周りみん

もっとみる

現代社会における、都合の良い思い込み・常識・基準 10選

×人は見た目によらない

〇人は見た目どおりだが、雰囲気、動き、声、なども総合的に含む。その前にまず、見た目の見方自体が分かっていない。自分の都合や不都合や欲があると、そこを脅かさないように相手を見るから、見えなくなるだけのこと。結局のところ、人の見た目の見方を分かってしまうと、毎日鏡に映る自分自身に耐えられないため自分の身体から自分の意識を守っているのである。

×仕事は在職期間が長いほど優秀

もっとみる
こんな応援しにくい?記事にもいいねできる貴方の粋な心に拍手&感謝!
3

私が留学や海外渡航を進める理由。✈️✨

もし魔法使いやドラえもん、未来人みたいな人が目の前に急に現れて、

”過去のあなたが歩んできた人生で一日だけピックアップしなさい。その日に戻らせてあげます。" なんて言われたら、皆さんはどんな日をピックアップしますか?^^

私は間違いなく "NY時代でお願いします!🙇‍♀️✨" というでしょう。笑
今日はそんな、私の人生を大きく変えてくれたNYでの留学時代をメインに海外経験での話もしたいと思い

もっとみる
Obrigada^^
36

コロナ時代の幕開けの意義と課題

このコロナの時代は、時代の終焉であり、政治、経済、宗教、科学、数学、人の意識、常識、等、社会及び世界の全てが、変われなければならない時代に来ている事を示しています。

科学は、様々な限界を生み出す考えを世に与え、エネルギーの枯渇、資源の枯渇、宇宙の限界、と言った負のエネルギーを生み出し、又、そこから発展した医療により、人々に様々な不安、心配と言った負の考えを多く産出し、数学により生まれた経済は、国

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
6

ニッポンの「アホみたいな医療」について 1

タイトルの通りです。日本の「医療」ってアホみたいだなあ、とつくづく思ってしまった、という話。

つい先日、「末期癌であることを本人には告知せずにいたい。4月に旅行に行くことを目指すという方向で過ごしたい」という家族の意向を伝えてあった往診の医師に、本人の目の前で「**癌の数値が尋常でなく高い。あとはもう悪くなる一方だから、4月までなんて持ちませんよ、旅行行くなら今しかありません」と言われたところで

もっとみる
ありがとうございます!
1

自分の常識を疑ってみる

誰かの行動に対して、

「信じられない!
普通ならあんな風な態度はしないよね」

って思ったことありませんか?
 
 

こんなときの「普通」って

要注意です。

 

わたしたちが見ている世界は
 
自分の中の映し鏡ですから、

自分の中の「何か」に

反応している可能性の方が多いんですよね。

人はこうしなければならない、

人はこう考えなければならない、

という思考が反映されています。

もっとみる
また書く元気がもらえました〜
7

#31 「既存の考え」を疑ってみる

ここのところ政治のニュースが多い。

今日は自民党総裁選であったが、週末は周辺地域で言うと真鶴町長選挙や大井町議会議員選挙が実施された。

共通して言えることは「既存の考えが通用しない時代となった」ということか。

自民党総裁選については周知の通り、政治家として必要な三バン(地盤・看板・鞄の例え)がない、いわゆる「たたき上げ」の政治家が自民党総裁の座を手に入れた、まさにシンデレラストーリーである。

もっとみる
浅井政真です!ありがとうございます!
6