キングダム〜宰相李牧に学ぶ「引き際」とは?
+1

キングダム〜宰相李牧に学ぶ「引き際」とは?

『キングダム』第16巻は多くの読者にとって忘れられない巻です。 まだ読んでない人はネタバレになるので読んでから読んで欲しい(ややこしいな) といっても、あまりにも有名であり、そもそも歴史的事実でもあるので、知ってる人は漫画を読む前から知っている事実でもある。 それはー 後に中国全土を支配する秦という国の伝説の六大将軍、王騎の死である。かつて秦の怪鳥と呼ばれ、知略・武力共に兼ね備えた豪傑。実写映画では大沢たかおさんが演じたことでも話題となりました。 ようやく内乱を治め

スキ
7
兵は水のように

兵は水のように

皆さまこんばんは、弓削彼方です。 今回は「兵は水のように」と言うお話です。 これは兵の運用を水に例えたもので、兵法では非常に重要な考え方になりますので、詳しく解説していきます。 時間の暇を見つけて、ぜひ分かりやすい解説動画もご覧ください。 原文と訳文を見て行きましょう。 原文 「夫れ兵の形は水に象る。  水の形は高きを避けて下きに趨く。兵の形は実を避けて虚を撃つ」 現代語訳 「軍の態勢とは水のようなものである。  水は高い所を避けて低い方に流れて行く。軍の態勢も、敵の

スキ
1
人はなぜ孫子にハマるのか?

人はなぜ孫子にハマるのか?

今回紹介したのは、畏れ多くも中国の古典の代表とも言える『孫子』です。 すでに多くの人が紹介している超有名な作品ですが、僕なりに何がこれほど多くの人を惹きつけるのかを念頭に置いて紹介してみました。 『孫子』は単なる兵法書ではなく、いろんな読み方ができる指南書です。有名な五事七計についても触れていますよ。 興味がございましたら、ちょっと長いですけどお付き合い下さいね。

スキ
1
■要約≪孫子≫
+1

■要約≪孫子≫

今回は「孫子」13篇を要約していこうと思います。孫子に学ぶ●●~などのような本は多いですが、これは原著です。180ページほどのあっさりとした本ですが、3年前に読んだ時は何を言わんとしているのか読み解くことが出来ず全然印象に残らなかった本です。 「孫子」 ■ジャンル:歴史・兵法・マネジメント系 ■読破難易度:中(読むこと自体はとても容易ですが、何を言わんとしているのかを理解するには一定の経験値が必要に感じました。) ■対象者:・戦いの原則について関心のある方     

スキ
1
仕事術6:孫子の兵法

仕事術6:孫子の兵法

こんにちは。今の私の仕事は割とパフォーマンスの差異が出て比較評価されやすい類のものです。 相手に一本取られることもあるし、まあ他社が羨ましくなったり、一方で勝ったなと思う瞬間があったり、自社に誇りを持ったり、そんなアップダウンが日常です。 大事なのは、会社のインフラと、個人の能力や価値を混同しないことです。コントロールできない範囲のことは放っておけばいい。それよりも自分を必要としてくれる人達のために自分はお返しできているか?「この案件やりたい」ではなく「この案件で皆様から

スキ
1
本と末15 道と無形

本と末15 道と無形

本末の話もそろそろ終わりに近づいた。そろそろまとめなのだがその前に少しわき道にそれる。中国思想における「無形」の考え方。 中国思想には道は一定の形を持たないとする思想がある。道は無形である。そして道を体現した聖人君子もやはり無形の思想を持ち一定の形を持たないとする。 『論語』為政篇に次の言葉がある。 書下し文 子曰く、君子器ならず。 現代語訳 孔子が仰った。君子は一定の形を持たない。 器は食器である。一定の形を持つ。しかし君子は無形である。だから器ではない。 『老

スキ
1
そもそも土俵を認識してないと、容易に相撲に負けるしね。

そもそも土俵を認識してないと、容易に相撲に負けるしね。

上記文抜粋・・・・・・・・・ ツイートまとめ テーマ:「工作員の論法」の考察。及び「論理」についての考察。 〇工作員の「論法」について考察する。工作員は「後件肯定の誤謬」をやる事が多いと気付いた。例えば「ネトウヨはサヨクを批判する→サヨクを批判するからネトウヨ」(その逆も然り)というのが典型。「バチカンはニューエイジを批判する→ニューエイジを批判するからバチカンの手先」というのもあった。 〇バチカンがニューエイジを批判するからと言って、ニューエイジを批判するからバチ

スキ
5
虚と実

虚と実

皆さまこんばんは、弓削彼方です。 今回は「虚と実」と言うお話です。 先にお話した「正と奇」に似ていますが、全くの別物ですので、混同して覚えないようにしてください。 中級編の話はしっかり理解するためにも、動画も併せてご覧ください。 兵法で言う「虚」とは空虚から来ている言葉で、兵力が不足しているとか備えが不十分と言う意味です。 そして「実」とは充実から来ている言葉で、兵力が足りているとか装備が充実していると言う意味です。 また兵法独自の解釈で「虚」には隙があると言う意味があり

スキ
1
たかが・・・されど・・・

たかが・・・されど・・・

グーッド、イブニーング、ヒロシマ〜っ! コイチャンネルのノリスケです。 いつも拙い投稿にお付き合い頂き、ありがとうございます。 先日購入した書籍3冊のうち、「孫子」と「7つの習慣」は読み終えた。 どちらも漫画版だから、あっという間。 ※漫画の合間に、追加や補足の説明が文字でありますけどね。(汗) 読書の後、いつもと違うのは、ここから。 不思議なことに、何かわからないけど、何かが、頭や心に残ってる。 そして、もう1回、読み直してみようか?という気になっている。 実践してみよ

スキ
1
マーケティングは「なりすまし力」

マーケティングは「なりすまし力」

一昨日、昨日と連続で、 ボーダレスグループの創業者、 田口一成さんの著作 『9割の社会問題はビジネスで解決できる』 からの学びを紹介している。 彼は、よく 「マーケティングは、なりすまし力だ」 と周囲に言っているそうだ。 お客様に何度もヒアリングをする。 そのマインドを理解しようと努める。 自分がそのお客様だったら、本当にこの 商品を買うだろうか?と自問自答する。 つまり、自分がお客様になりきった、 なりすました上で、「買いたい!」 となったなら、それが発売OKの合図

スキ
26