雨の夜、ご無沙汰の大宮ルミネ‼️
+8

雨の夜、ご無沙汰の大宮ルミネ‼️

スキ
3
ぽかぽかお風呂
+1

ぽかぽかお風呂

こんばんは 寒くなってきたし 久しぶりにゆっくり時間取れそうだったので お風呂タイムを満喫しました♪ 久しぶりの長風呂!やっぱいいよね(*´▽`*)

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー7章

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー7章

今すぐ触れ合いたいとはやる気持ちを抑えながら服を脱ぎ、シャワーを浴び、シンプルなバスローブ姿になる。るみこさんがシャワールームから出てくるまでの間も、俺のいきり立ったものは恥ずかしながら主張をやめないままだった。 「お待たせしました」 そう言って出てきた彼女をつれ、どちらからともなくベッドに入る。すると彼女は纏っていたローブの襟をするりと肩まで滑らせ、妖艶な笑みを浮かべた。 「今度は私の番ですよね?」 こてんと傾げた小首から漂うのはあどけなさではなく、年上特有の人を酔わせる色

カフェ

カフェ

こちらは大宮のカフェ🍴 可愛いいな💓と思って見つけた可愛らしいカフェのお店👩‍🍳👨‍🍳 食事とケーキどっちもあって見た目も可愛いケーキなども多くて穏やかになれるような空間でした😍

スキ
1
大宮と私

大宮と私

埼玉県民の多くは、大宮に住んでいなくとも、地元を大宮と詐称することが多い。 私も、大宮から北へ15分ほど電車を走らせたところが地元のくせに、遊び場が大宮だったことから、大宮が庭だと言っていたものだ。 高校生の時、学校帰りに立ち寄る大宮。予備校も大宮だった。 大学生になっても、大宮で買い物することが多かった。 社会人になってからは、大宮で一人飲み歩いていた。 実家から都心の仕事場に通勤していたので、ちょっと遅くまで仕事をしていると大宮から先の終電に乗り遅れることもしば

スキ
1
メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー6章

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー6章

「あ、んっ…」 エンジン音だけが鈍く伝わってくる車内で、るみこさんの身体がびくりと震える。それに伴い聞こえた喘ぎ声は、最初の印象からは考えられないほど淫らだった。渡されたリモコンを操作する度、るみこさんの手が恥ずかしそうに股間を抑えている。清潔な印象のある白と紺のワンピースの下にずっとローターを入れていたとは、考えるだけでも興奮してしまった。 「も、やめ…っ」 隣に座る彼女の瞳が徐々に潤むが、本気で嫌がっていると言うよりは恥ずかしがっているといった様子だ。仕草や声、表情から伝

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー5章

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー5章

「こんなに近くにいたなんてびっくりしました。気付かなくてごめんなさい」 そう言って恥ずかしそうに笑う彼女からは、その誠実さや優しい人柄が伺える。 「いや、俺も先に服装とか伝えておけばよかったんで」 簡単な挨拶を交わした後、るみこさんと共に自分の車へと向かう。駅からは彼女を乗せて車で移動するつもりだ。 「どうぞ」 助手席のドアを開けようとすると、俺はるみこさんがどこか恥ずかしそうに、それでいて期待しているような目でこちらを見つめているということに気づいた。 「その前に、これ…」

風呂は命の洗濯

風呂は命の洗濯

こう毎日寒いとお風呂が恋しくなりますね! 「風呂は命の洗濯よー」ってミサトさんも言ってたし 普段はシャワーだけで済ましてる方もぜひ入浴をおすすめします! タブレット端末をジップロックに入れて読書しても、動画見てもいい感じ♪ 長風呂はいいぞ。

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー5章

メルマガ官能小説 るみこ奥様のストーリー5章

「こんなに近くにいたなんてびっくりしました。気付かなくてごめんなさい」 そう言って恥ずかしそうに笑う彼女からは、その誠実さや優しい人柄が伺える。 「いや、俺も先に服装とか伝えておけばよかったんで」 簡単な挨拶を交わした後、るみこさんと共に自分の車へと向かう。駅からは彼女を乗せて車で移動するつもりだ。 「どうぞ」 助手席のドアを開けようとすると、俺はるみこさんがどこか恥ずかしそうに、それでいて期待しているような目でこちらを見つめているということに気づいた。 「その前に、これ…」

INI
+1

INI

こんばんは 皆さん"INI"っていうグループ知ってますか? 音楽のオーディション番組で作られた アイドルグループなんです♪ 視聴者の投票で101人の中から11人に 選ばれてできてます! 一度YouTubeで見てみてくださいな!!