ゲイカップルは家が決まらない

僕はただ、恋人と同棲がしたいだけなのに家が決まらない。

僕は同性の恋人と同居ができる物件を探して不動産に出向きました。
私は23歳新卒一年目、大手メーカー正社員。
彼は20歳専門卒一年目、国家公務員。

年収的にも職場的にも審査はすぐに通るだろうと考えて、シェアをできる家を探してもらった。しかし、2軒目4軒目と審査は落ちてしまった。理由は、若い人は騒がしいからだと不動産の人が教えてくれた。

5

もっとみる

「他者を発見していく作業」はいつ、どこで?〜日本の学校教育は子どもたちにどんな力をつけようとしているのか〜

最近、日本という国がいかに世界から切り離された歴史をたどってきたのかを感じることが多くなった。
 人種や民族、社会の中の階級の違いも、日本の人は他の国ほど根深さも深刻さも感じていない。もちろんゼロではないけれど、そう感じる。
 世界では多様性が叫ばれ、日本でもよく聞かれるようになった。「ダイバーシティ」だなんて横文字を使ってその重要さを声高に訴える人もいる。
 でも、日本の公教育は依然として社会か

もっとみる
ありがとうございます!
3

Whyから始まる

どうして~なのか?

そこから始めてみている。

なぜだ?という根源的な問いを大切に。

今、下の子は五歳。盛んに「どうして?」「なんで?」と聞いて来る。
それを子供に分かりやすく説明することが難しくて、思わず「そういうもんだ」と返してしまうこともあるけど、ひとつひとつは大切な問いだ。

落ち着いて後から考えると、きちんと分かりやすく説明すればよかったと思う時がある。自分もそれを深く考える良いきっ

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
16

アイデンティティーがクライシス

今の社会は情報で溢れています。

ネットで検索すればありとあらゆる情報をみることができます。

ニュースをみるにしても、どの媒体をみるのか新聞ならどこの新聞社の記事を読むのか?ネットなら全国紙から地方紙までありとあらゆるものを読むことができます。

海外のニュースも知ることが出来ますが、日本語しか読めない私は翻訳された記事を読んでいます。

言語というものは翻訳した時点で意味合いや解釈にズレがどう

もっとみる
うれしいです(^^)
4

多様化で、得られるもの2

自我は、自分自身の中身のひとつであるが、

それは基盤の弱いものであると、何かで読んだ記憶がある

私はそれを知ったとき、とても驚いた

自分は流されやすいとか、自己主張が出来ないとか、子どもの頃に感じたのだが、

人間はみな、自我の基盤は弱いということを知り『みんな、一緒だったの??!!』と大きな衝撃を受けた

そして、DNAの掛け合わせや、家庭や社会といった環境の影響、子育てを教育として教えら

もっとみる
嬉しいです!
3

多様化で、得られるもの

多様化って、なんで必要なんだろうと思って

価値観の新しいものを作るって、

市場で量産に繋がる的な、経済にも恩恵あるから、多様化しましょ、しましょになってるんかなと、しばらーーく思っていました。

というのも、子どもが小学校に入るとき、文科省かなwebサイト見たとき、価値のそう設も、“我が国の発展の1つ”とあったのを見まして、

価値をどんどん作り出してほしいって、

やっぱ国の市場が、資本経済

もっとみる
嬉しいです!
1

価値観を尊重できない人は苦手

こんにちは。休学系大学生のマッキーです。

先日このようなツイートをしました。

このツイートだけを見ると、かなり自分の考えを押し付けてる人みたいですよね。

しかし、僕はこの文に「もちろん休学に関しては人それぞれなので、人によると思います」と追加する予定でした。

文字数制限で言葉を付け加える事が出来ませんでした。

僕は個人的に価値観は人それぞれなので、押し付けないスタイルです。

まあ、ライ

もっとみる

少年の初恋は少年でした。

こんにちは、僕の実話をゆる〜く書かせてもらいます。
こういう体験をしている人もいるんだなぁってゆる〜く読んでください。

これは僕の初恋の話です。日本語下手ですが...

少年は不登校

(中学二年生のとき)

僕は教師の虐待で小学校二年生から今まで学校に行くことをやめていた。

不登校の僕の家に、よく遊びに来る同じクラスになったという二人いた、でも、長いこと人と話すことが無かった僕は、その二人と

もっとみる

人、という括りでは不十分過ぎる。
それくらい、人間は多様化しすぎたと感じる。人種のような外見的なものは、もはや些末なもので、問題は複雑な内面を保有した個体が、そこらじゅうで生きているということ。
争いが起こらぬはずない。しかし、国家間の戦争の無い現状は、努力の賜物であるとも思う。

選ばれる人になるための必須条件

過去の投稿にも少しだけ触れさせてもらいましたが、自分の時給というものを考えたことはあるでしょうか。

コストの本質と言ってもいいと思います。
自分の人生を過ごす中で、給料や稼ぎとして、自分の時給としていくら稼いでいるのか、逆にどれだけのコストを使っているのか、というのを僕は強く考えています。

一般的な1日8時間働く、という前提で週に5日、年間50週(盆や正月を抜いて)働くとなると、おおよそ年間2

もっとみる
どうもありがとうございます😊
28