無印のお掃除CMが気になりませんか?(CM蒐集中)

The Room of CM-Collector

 最近、TVを点けっぱなしにしていて、
 ふと、手を止めて見てしまうのは

 「無印良品」のCM

 特にナレーションもなく、ピアノ曲をバックに、ただ掃除をしてるだけのCM.....

 でも、何となく見ちゃうんですよね。

    いいですよね、掃除って

 お、と思って調べてみると
 癒しのピアノ曲は、やっぱり坂本龍一さんでした。

 さす

もっとみる
またのお越しをお待ちしています!
14

コロナ後の世界を語る~現代の知性たちの視線 (朝日新聞社/編)

養老孟司(解剖学者):人生は不要不急なのか? → 不要不急は自分のことでなく、そのものさしは周囲つまり世間である。自立すべし。

福岡伸一(生物学者):ウイルスは撲滅できない。ともに動的平衡を生きよ→ ウイルスは利他的な存在。生物と無生物の間をさまよう奇妙な存在。ウイルスは高等生物の遺伝子の一部から生まれた家出人。生物(宿主)に優しく迎え入れられて生物の進化を加速してくれる存在。ピュシスとロゴス。

もっとみる
スキありがとうございます!
1

中高生に伝えたい著名な馬+鹿ほど影響力が恐ろしい。

2014年3月29日「ポータル ANNニュース&スポーツ」の坂本龍一氏インタビューらしいがねぇ。
こんな古臭い老人の古いインタビューを引張てきてたので笑いながら検証してみました。

テープ起こしおやってみましたので、よく読んでみてください。
坂本氏の【お言葉】(2014年3月29日)です。
参考までに、
第二次安倍内閣2年目。
アメリカは民主党のオバマ大統領政権。
尖閣諸島中国漁船衝突事件は、20

もっとみる
感謝致しますぞ。
2

暮らしをみがく ー感覚とことばー CMをめぐって

しゅんしゅんと湯が沸いている。
東の窓からまっすぐに射す朝陽を頬にうけ、秋の訪れを知る。
このスリットのような窓にカーテンをつけたくなるのは、春と秋のほんのひとときで、あぁ、また今年もつけなかった・・・と毎回思う。
無防備な肌を陽光にさらしながら、今日もキッチンに立つ。

起きぬけにつけたテレビから、不意に、まぁるい静かな音が流れてきた。
その瞬間、空間が音に満たされる。
記憶にはない音運びなのに

もっとみる
ありがとう♪ あなたの「スキ」、たいせつにします!
31

渋谷の東北ユースオーケストラ 第62回

2020年9月9日(水)11:30〜11:55放送

00:00 | 00:30

*リモート収録放送

MC 丹野裕理さん
 
ゲスト
日比野愛さん(TYOヴァイオリン担当)
田口陽大さん(TYOヴァイオリン担当)

▼▼▼
「東北ユースオーケストラ」の活動を、団員やOB・OGの生の声を通してお届けする番組です。
坂本龍一氏が代表・監督を務め、東日本大震災を体験した小学生から大学生までで編成される「東北ユースオーケストラ」。
”音楽でした表現できないことが、沢山ある。言葉ではう

もっとみる

泣けてきてしまう曲

ある曲を聴いて
思い出したかのように

ひたすら聴いてしまっている

この坂本龍一の名曲の一つであろう
「energy flow」

私の大好きな曲だ

私が個人的な”感傷”でこの曲を語るとすると

この曲は私が通っていた中学の
下校時の曲であった。

学校に通う事、いることが辛かった
私にとって下校も辛かったかもしれない。

下校は、逆に人が少なくなるまで学校に友達と佇んでいたものだ

この曲が

もっとみる
ありがとうございまーす!
6

J-Wave RADIO SAKAMOTO 2020.09.06 オーディションコーナーより

J-Wave RADIO SAKAMOTO 2020.09.06 デモテープ・オーディションコーナーより

フィールドレコーディング作品が優秀作に選ばれましたので紹介部分のみ文字起こしをしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

教:毎回恒例となっていますデモテープ・オーディションの優秀作の発表なんですけど、今回は、僕(坂本龍一)は、 "オフグリッド" っ

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
1

西瓜糖壺inすみだストリートジャズフェスティバルオンライン祭り

音楽ユニット・西瓜糖壺ですが、
すみだストリートジャズフェスティバルのオンライン祭に参加させていただきております。
ほくさいステージにおりますよ。
スクロールしていただいてすぐにいますので(多分)
ずずいと下がっていってください。

https://sumida-jazz.jp/sj/stage01.phphttps://sumida-jazz.jp/sj/stage01.php

すみジャズオン

もっとみる
ラブずっきゅん★
7

坂本龍一ブックガイド2009(『ユリイカ2009年4月臨時増刊号 総特集=坂本龍一』)

ここでは坂本龍一関連書籍の大ザッパな分類と解説を行うが、時時の坂本の興味の移り変わりと、折折の編集者との付き合いであると言ってしまえばそれまでだ。唯一共通するのは、聞き書き/語り下ろしや対話ではない、坂本の自筆による書き原稿が、前書き・後書きを除いてほとんどない点である。例外は、『音楽図鑑』における散文的メモ、村上龍とのFAX文通集『友よ、また逢おう』での私信風テキスト、同じく村上との共著『モニカ

もっとみる