大竹高史

会社員|セキュリティコンサルタント|プロジェクトマネージャー。NECを退職後、日々、ITシステムの構想と実装に勤しんでいます。写真も撮ります。著書『さよならセキュリティ』も宜しくお願いいたします。CISSP、PMP、中小企業診断士。
  • さよならセキュリティ つながり、隔たる、しなやかなセキュリティの世界 (OnDeck Books(NextPublishing))

    大竹 高史

「いただきます」の文化から|はじめての動物倫理学

AIに対する理解を深めるために社会哲学者・稲葉振一郎氏の『社会倫理学講義』を読み進めると、同じく哲学者である田上孝一氏の『はじめての動物倫理学』に出会いました。多…

【ラジオ対談】音楽×テクノロジー、それぞれのプロフェッショナルとして

ボストン在住のギタリスト・伊藤雅人さんをパーソナリティに迎え、昨年の6月から鎌倉FMで続けてきたラジオ番組『Moving to a New Normal』は、今年3月、首都圏に対する緊急…

複合的な視点を持てば|Rhizomatiks_Multiplex

東京オリンピックの開会式を巡っては不正ばかりが明らかになる中、前回リオの閉会式でのパフォーマンスも高く評価されたテクノロジー・アーティスト集団ライゾマティクスは…

小説『クララとお日さま』にみるAIのプライバシー

ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロ氏から、久しぶりの長篇小説が届けられました。登場人物の曖昧な感情描写に定評のある同氏が、今回主人公に選んだのはアンドロイド。自…

コロナ禍のクラウドファンディング|「利他」とは何か

社会心理学者・山岸俊男氏が『安心社会から信頼社会へ』を著してから、20年以上が経ちました。予測不可能な関係性を前提とする社会に「信頼」を求めた氏の思想は、このコロ…

「遊び」という現象|雑誌『Tired Of』

イノベーションの文脈から、「遊ぶ」ことが肯定的に捉えられる時代が続いています。それを象徴するかのような雑誌『Tired Of』の創刊号は、外出自粛を求める社会に「路上」…