やりたいことと、まちづくり 〜「個人的」は、「社会的」〜
+8

やりたいことと、まちづくり 〜「個人的」は、「社会的」〜

これは、物語を通して知恵を紡ぐ『START』という名のアート作品です。 さまざまな個人や団体の実体験をもとに、さまざまな「ものの見方・考え方」を物語にして遺していきます。 今回の主人公は、京都府南丹市にあるNPO法人グローアップ。みんなの「やってみたい」をもとに、地域のつながりや広がりを生み出すまちづくりの団体です。 「やってみたい」という気持ちと、「地域に必要」という想い、「個人と社会」がどうつながっていくのか……グローアップの挑戦が始まります。 ◆ 世間がようやく動

スキ
3
忙しい日々の受け止め方
+4

忙しい日々の受け止め方

NPO法人グローアップは、自分たちの「やりたいこと」をカタチにしながら、まちづくりを楽しむ企業です。 子育て中のママも、仕事を楽しむ人も、「自分らしい生き方」を目指して日々奮闘しています。 時にまわりに振り回され、時に話が脱線し、いろんな「自分」と向き合っていく物語には、家族・地域・企業がつながる秘密が隠されているのでした。 ◆ 夏休み明けは、忙しさから始まる「今年の運動会は、開催できるかわかりません」 度重なる緊急事態宣言で、子どもの学校行事は振り回されっぱなし。学

スキ
6
おしゃべりの質が人生の質を決める

おしゃべりの質が人生の質を決める

(この記事は、じゅくちょうが小説購入者限定でお届けしているメルマガをインターン生がピックアップした記事です。掲載までにタイムラグがあるため、現状では内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。) (2021年6月1日の記事より抜粋…) おはようございます、じゅくちょうです。 6月に入りました。福幸塾では2012年頃から「季節が人の気持ちや精神に与える影響」を探求してきました。 弊社が独自に設立した気性庁の調べによると、 (そんなもんあるか) 日本の6月は梅

スキ
7
システムエラー yukina2
+2

システムエラー yukina2

前回の続きです。 今回の記事は、自分自身への戒めの意味も含めています。 もしかすると、「学校批判」のように感じる方がいるかもしれません。 正直、そういう時期も少しありました。 しかし、そのフェーズはすぐに通り越すことができました。 否定や批判をしている暇があるのなら、未来に向けて考えて動いた方が 何かを少しでも変えられると思ったのです。小さな私でも。 動き始めた私。まるでイノシシ。 NHKで見た、熊本大学の苫野一徳先生のお話をきっかけに、 学び直しを始めた私ですが、見えて

スキ
11
「やりたいこと」のつくりかた 〜理想と現実のギャップを乗り越えた1年〜
+14

「やりたいこと」のつくりかた 〜理想と現実のギャップを乗り越えた1年〜

※このnoteは、12月18日に開催するインターン生たちのオンライン講座のお知らせです。1年前まで何もビジネスを持っていなかった2人の学生が、独自の事業を立ち上げた「始まりの知恵」を、物語風にお届けします。 「何かしたい」「自分を変えたい」と願う人はたくさんいます。でも、願った人みんながそれを実現できているわけではありません。 ありきたりなアドバイスや自己啓発は、その差を「行動できる人とできない人の違い」で片付けてしまいます。(とにかく行動するしかない、できない奴は意志が

スキ
14
本当の問題は、「迷惑をかけること」ではない

本当の問題は、「迷惑をかけること」ではない

(この記事は、じゅくちょうが小説購入者限定でお届けしているメルマガをインターン生がピックアップした記事です。掲載までにタイムラグがあるため、現状では内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。) (2021年5月19日の記事より抜粋…) おはようございます、じゅくちょうです。 「まったく違う分野の3人から勧められたり頼まれたりしたことは、必ず実行する」 という独自のルールをもっている経営者がいて、堂々とパクっています。(このような、何か意味がありそうな偶然の

スキ
4
右腕のリーダーシップ
+6

右腕のリーダーシップ

人をサポートしているうちに、自分が犠牲になってしまうことはありませんか? 右腕、二番手、アシスタント……表現は様々ですが、「サポート役」もリーダーと同じくらい大切な存在です。むしろ、サポート役こそ自己管理やケアが必要かもしれません。 応援したい人を輝かせるためにこそ、大切にしたいことがある……コミュニケーションジムのまさみっちーの物語が良いヒントになります。 ◆ ちょうどいい、週ごとの計画「ちょっと相談があるのですが……」 最近のコミュジムには、問い合わせが増えています。

スキ
7
学校から子どもたちが消えた日 yukina1
+2

学校から子どもたちが消えた日 yukina1

目の前から子どもたちが一斉に消えた2020年3月。 元安倍首相による「全国一斉休校」の決定。 当たり前だったことが、突如崩れた時の空虚さは今でも忘れられません。 あれからもうすぐ2年。 私は今、人生の転機を迎えています。 誰もが予定通りに通るであろう道から、外れてみることにしました。 この2年を、ざっくりと振り返ってみようと思います。 現在47歳。23歳の時から公立の小学校教員をしています。 自分が小学校に入学してから今まで、私はずっと「学校」という場所に居続けているの

スキ
14
鏡になりたい。(※全然病んでません)

鏡になりたい。(※全然病んでません)

(この記事は、じゅくちょうが小説購入者限定でお届けしているメルマガをインターン生がピックアップした記事です。掲載までにタイムラグがあるため、現状では内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。) (2021年5月14日の記事より抜粋…) おはようございます、じゅくちょうです。 柊太と真菜がオープンチャットのつながりから十勝へ招待してもらえることになって、一層じゅくちょうへの感謝を態度で示せと思っています。 改めまして、小さい人間です。 「このご時世に、遠方に

スキ
8
GW明けのメンタルケア③ 「連絡や発信の作法」

GW明けのメンタルケア③ 「連絡や発信の作法」

(この記事は、じゅくちょうが小説購入者限定でお届けしているメルマガをインターン生がピックアップした記事です。掲載までにタイムラグがあるため、現状では内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。) (2021年5月9日の記事より抜粋…) こんにちは、じゅくちょうです。またもや出張にmacの充電器を忘れ、これから4時間の研修です。 (絶対詰んだ) 昨日から島根の出雲に来てるのですが、「荷物をどれだけ軽くできるか」に挑戦したところ、テレワークに欠かせない充電器とイヤ

スキ
3