中学聖日記

岡田健史。観る。真摯さ。『フォローされたら終わり』

『○○○○、のような人』#036

これは、ある作品を通して
ひとりの役者を観察した文章です。
ただ、どこまでも主観で書いています。
つまり、“僕”の視点から見た
『役者・○○○○、のような人』です。

今回は、AmebaTVで配信されている
『フォローされたら終わり』の
主演・岡田健史さんを観察してみます。

現段階で、役者・岡田健史といえば
どうしても思い浮かべてしまうのは
『中学聖日

もっとみる
ありがとうございます。また遊びに来てください。
53

ショックなこと、「短歌研究」をかばんにいれて、僕の好きなイケメン俳優、などの一日。#kurukeredo

2019年10/19(土)3070

ショックなことがありました。

iPhone、
夕方に枡野書店のWi-Fiで
ソフトウエア・アップデートをしたら、
時間がかかってしまいそうだったので、
途中で電車移動して映画館に行きました。
駅か映画館でWi-Fiを拾ってしまったのか、
アップデートがまた始まってしまい、
電源を切ることができませんでした。
映画が終わって確認したら、
iPhone本体が熱く

もっとみる
深謝! 私もです。
2

Twitterのバズる方法を教えます、無料で。

さて、まずは論より証拠。そうしないと説得力がないだろう。

だから、本人しか見れないツイートアクティビティの画面を羅列してみる。これらは比較的多いものであって、一部である。ただし、ツイート元は今のところ明かすつもりがないのでツイート内容はカットしてあることをご了承頂きたい。

さて。一応信じてもらえただろうか。

ところでnoteに二週間ほど投稿を続けて、現在最も閲覧数が多い記事は、

昨日公開し

もっとみる
世の中にはイケメンとじゃない方がいます。僕はもちろんー
7

あなたを探してる 隠した瞳の奥で

空には一つだけ 淡く光る小さな星が残ってる

気に入ってもらえて嬉しいです(●´∀`●)♪
11

横浜流星のセルフイメージ

今回は「はじこい」のゆりゆり役で

見事 ブレイクを果たした

横浜流星を特集します!

と いっても

彼は「二コラ史上最高のメンモ」として

ティーンの間では すでにおなじみでした

彼のポテンシャルを考えると

ブレイクは 遅すぎたくらいです

はじこいで初めて横浜を知ったあなたは

おばさん確定ですw

「二コラ時代から知ってた」フリをしておきましょうwww

男優には だいたい

「不良

もっとみる

ドラマ『中学聖日記』・感想

『中学聖日記』はかわかみじゅんこの同名漫画をドラマ化したものだ。中学教師の末永聖(有村架純)と教え子の黒岩晶(岡田健史)が恋に落ちるという物語。タイトルの由来はNHK名古屋・制作のドラマ『中学生日記』と、80年代に放映されたドラマ『高校聖夫婦』(1983)が元ネタである。奇しくも『中学聖日記』は『高校聖夫婦』と同じくTBS系列で毎週火曜日に放送された。

 複数回映像化された石坂洋次郎の小説「若い

もっとみる
ありがとうござます
12
スキ、どうもありがとうございます!
6

「中学聖日記」

「先生に優しくしたい」

「起きたこと全部大切だから、忘れません」

「『この人しかいない』なんてない」

「辛い思いをした人は、必ず強くなれます」

ぐっとくる、心に染み入ることばが多いドラマだったなー。

主題歌もすごく良い。

「あなたに触れたいと思ってしまった」

っていう歌詞にどきっとする。
いちばん純粋で素直な気持ちだよね、「触れたい」って。

教師と生徒から始まった物語だけど、このド

もっとみる
うれしい!わたしもスキです♡
5

あのラストシーンはただのハッピーエンドじゃない

人は孤独だ、なんて知りたくなかった。できるならそんな真実は知らぬまま、黒岩くんが言ったように「全部、夕陽と一緒に溶けてなくなって」しまいたかった。

中学聖日記は「禁断のラブストーリー」じゃなく「自分らしく生き直す」ためのヒューマンドラマだ、と先週書いた。

けれど「自分らしく生きる」ことが「孤独の上に成り立つ」ということまで想定できていなかった。
いや、そんな事あって欲しくない、という期待を捨て

もっとみる
ありがとございます!♡
88

中学聖日記は「母の愛」の物語

子どもが生まれてからテレビ無し生活をしていますが
NHKオンデマンドやTVerでテレビコンテンツには少しは触れています。

とはいえ朝ドラがほとんどで、連ドラなんてほとんど何も観ていなかったのですが、久々にみました、ドラマ。
それも恋愛もの。純愛。禁断の恋。「中学聖日記」。
といっても全部観てたわけでもなく、第3話からですが。
しかしなんとなく一度観てしまったら、そこからは結構気になってしまって、

もっとみる