ロメオとジュリエット

「ロミオとジュリエット」あらすじ解説【シェイクスピア】

シェイプクスピアの解析はこれで5作目です。なんだか飽きてきました。構成がワンパターンです。作業ばかりで発見の喜びがありません。こんな人生もう嫌、いっそひと思いにと短剣を首に当てようとすると、ロレンス修道僧に止められました。「おまえはそれでも男か。どうして自分の生まれを呪い、天と地を呪う? 生まれも天も地もおまえのなかで一つになっているのだ」。こんなにいいセリフがあるのに飽きるなんて、自分がもっとし

もっとみる
ありがとね、アリア
7

教科書、面白い!

こんにちは!まりもです。
前回、次は自己紹介かなぁとか書いたのですが、自分の詳細を列挙したところでそんなに面白くないので、気が向いたときにちょびっとずつ自分について書こうと思います。でも記事を普通に書いていく中で、人となりがわかってきそうですね…!
とりあえず、まりもっていう名前ですが、所属しているオーケストラ(ヴィオラを弾いてます)でのあだ名です!本当はマリモフスキー(本名+チャイコフスキー(フ

もっとみる
うふふ🥰
15

「カプレーティ家とモンテッキ家」より「ああ、幾たびか」

“Oh! quante volte, oh quante”
「ああ、幾たびか」
Aria di Giulietta dall’Opera “I Capuleti e i Montecchi” di Bellini
ベッリーニ作曲オペラ「カプレーティ家とモンテッキ家」より
ジュリエッタのアリア

Eccomi in lieta vesta
私はここよ、幸せの衣装をまとって
Eccomi adorna

もっとみる
スキをくださったあなたの願いが叶いますように

個人的にここが好き!チャイコフスキー♪幻想序曲『ロメオとジュリエット』

この曲は楽しいですよ!私がこの曲に惹きつけられるのはなんだろう‥カッコいいからですかね。詳しくは後ほど。

○チャイコフスキーとは
序曲“1812年”で書いたものがありますのでそちらで。

○この曲を好きになったきっかけ
この曲を初めての弾いたのは大学1年のとき、なぜか全音低い調の楽譜でした。とてもやりづらく、その時は好きではない曲でしたね。
その後、桐朋音大の学生会オーケストラで聴きました。その

もっとみる

【効いた曲ノート】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー"幻想序曲「ロメオとジュリエット」"

正月なのでド派手にいこうのコーナー。まだ正月です(真顔)

「ロメオとジュリエット」はもう言わずもがなだと思いますが、「悲劇」といえば真っ先に上がるシェイクスピアの戯曲で、現代まで上映され続けていることはもちろん、クラシック作曲家によっても数多くインスパイアされた楽曲が生まれています。旧ロマノフ王朝時代の大家チャイコフスキーもその一人です。

チャイコフスキーは作曲家のステータスである交響曲、「1

もっとみる
圧倒的感謝…( *´艸`)
4

【映画豊作】地獄の11月ハイライト。と、ジャナンドレア・ノセダのよさみの深さについて【クラシック音楽】

 結論から言おう。今年の11月は地獄だ。なんかもういろいろごたごたしてるので適当に書き連ねてみたい。

・とりあえずまず風邪ひいた

 私事で恐縮だが、風邪をひいた。こうして記事を書いている今も調子が良くない。喉に激痛があって鼻も詰まっていたので、病院に行き薬をもらい少しは楽になったが、痰の切れを良くして、でにくい鼻汁の排出を促す薬のおかげで半端なく唾が出るために2〜3時間おきに起きねばならず、そ

もっとみる
ヽ(´▽`)/
8

【Opera】METライブビューイング『ロメオとジュリエット』

「フランスのロマンティック・オペラ」の代表作のようなグノーの『ロメオとジュリエット』。聴きどころはなんといってもロメオとジュリエット、ふたりが歌う二重唱だ。出会いの場面、有名なバルコニーの場面、婚礼の夜の場面、そして死の場面。物語の要所要所に置かれたこれらの二重唱はすべてが「愛とは」ということをこれでもか、というほど歌い上げるもの。「愛の音楽」、それがこのオペラだ。

出会いから死まで、ロメオとジ

もっとみる
よろしければシェアもお願いいたします!