ルカによる福音書

人の子は、思いがけない時に来るのです~ルカの福音書12章~ゆっくり通読しよう

1.パリサイ人のパン種に気をつけなさい

📖弟子たちへの言葉
おおわれたものは現され、隠されたものは知られる。
パリサイ人の内の不信仰・偽善が必ず明らかにされ、また暗闇や奥の部屋(ってどこだろう?牢や隠れ場所を示唆されたのか)で語られた弟子たちのささやき声も隠されることなく明るみに出て広められる。
弟子たちを友と呼ばれ、迫害を恐れずに語りなさい、弁明の言葉は聖霊が教えてくれると語られた。

すご

もっとみる

求めなさい。そうすれば与えられます~ルカの福音書11章~ゆっくり通読しよう

1.求めなさい。そうすれば与えられます。 

 求めなさい。そうすれば与えられます。
 さがしなさい。そうすれば見出します。
 たたきなさい。そうすれば開かれます。

"何を?"と、思って続きを読むと『聖霊』だった。イエス様が、十字架のあとに弟子たちにペンテコステを待ち望むようにと語られた言葉だった。今は信じる人の心には聖霊が内住している。
なのに、なんと私は、父や子とちがってちょっと馴染みにくい

もっとみる

必要なことは一つだけです。マリヤはその良いほうを選びました~ルカの福音書10章~ゆっくり通読しよう

1.収穫は多いが、働き手は少ない

七十二人の弟子に明確な指示を与え先に遣わされた様子は残された日がさらに少なくなってきてイエス様が急いでいるようすを感じました。

2.滅びの町ソドム.ツロ.シドン

もしイエス様の奇蹟と癒しを目の当たりに見て、みことばを聞いていたら、かつて堕落のために滅ぼされた町々でさえ、悔い改めたことだろう。イエス様を見ても聞いても信じない者への裁きはかつての滅びの町よりも重

もっとみる

光は暗闇の中でこそ輝く

ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

新約聖書 ルカによる福音書 2章6-7節 (新共同訳)

こんにちは、くどちんです。キリスト教学校で聖書科教員をしている、牧師です。

2020年が終わろうとしています。本当に今年はとんでもない一年でしたね。今年のお正月には家族で旅行に出か

もっとみる
めちゃくちゃ嬉しいです( ;∀;) ありがとうございます!
3

いつまで、わたしはあなたがたと一緒にいて、あなたがたに我慢しなければならないのか〜ルカの福音書9章~ゆっくり通読しよう

1.五つのパンと二匹の魚

イエス様は、後を追ってきた五千人を超す群衆を喜んで迎えられたように、どんな時でも私たちが御前に行くとき、喜んで迎えてくださるんだと思うとうれしくなる。そして、癒やし満たしてくださる。 

2.悪霊に取りつかれた子

“すべての悪霊を制して病気を癒す力と権威”が与えられているのに、弟子たちは子どもに取りついた悪霊を追い出すことができなかった。

「ああ、不信仰な曲がった時

もっとみる

ゆっくり通読しよう〜ルカの福音書8章

1.地に落ちた種と燭台の明かりの話

道端に落ち、種のうちに食べられる種。
[信じる前に、サタンによって・・]
岩の上に落ち、芽は出るけど根がない種。
[しばらく信じて、試練によって・・]
茨の真ん中に落ち、実が熟さない種。
[信じるけど時がたつにつれ、この世的なことによって・・]

いくら陽が差して雨が注がれても、最初に落ちた地によって種の運命が決まってしまうように、どんな心でみことばを聞いたか

もっとみる

ゆっくり通読しよう~ルカの福音書7章

1.百人隊長のしもべとやもめの息子

📖百人隊長の願い
百人隊長は、イエスさまがただ「病を治す人」ではなく、「権威ある方」であることを知っていた。分をわきまえて、ユダヤ人の長老を送ったり、わざわざ来られなくても「ただおことばをください」と言った。百人隊長のしもべが癒されたのは、願いが切実であったからというより、イエスさまが”これまで見たことがない”と褒められた信仰のため。
📖生き返ったやもめの

もっとみる

ゆっくり通読しよう〜ルカの福音書6章

1.安息日

📖麦の穂の話
弟子たちが麦の穂を揉んで食べていたことよりダビデの話の方が「いいの?」って気になりました。ダビデが神の家のパンを勝手に取ったみたいなニュアンスだけどⅠサムエル21章をみると祭司が汚れていないことを確認の上与えていた。祭司の権限がどれほどかわからないけど、ここでは「人の子は安息日の主」であることが大切なことなのかな。
📖手の萎えた人を癒やした話
わざわざ会堂に手の萎え

もっとみる

クンダリーニヨガ

先々週の火曜日、エイミーさんのクラスを体験した。

「あっ、エイミーさんだ。。。」
初めましてなのに、メールやノートのコメントで熱く?語り、共感して
いるせいか、ひさしぶりの再会のような感覚もある。

エイミーさんの赤い唇は 「にっ」と音を立てるように横に広がった。
ひまわりのような笑顔だ、と思った。

「はい、それでは始めます」

ハキハキとした口調に、私は思わずプレイバックした。

高校生の時

もっとみる
ありがとうございます!また寄って読んで頂けると嬉しいです。
55