Diary_2020.10.6

さて 何を書こう また 文字の中に潜ろう 今 俺が記しえること もうガスの切れたかに感じてる ”その場だけなら簡単だ” 持続力がないのは俺の性質のようだけれど それでも 書くこと自体が一つの稽古 トレーニングになって欲しいと こうやって書いている 見たくないのは 恐れている己 弱々しく不安がる己 そこを見つめてみろ 決意だ 覚悟だと言ったものの 独りで暮らすと動いているものの 不安と恐れは止まない

もっとみる

アウラ_2020.10.6

何を書く? 空っぽなのか? もう限界? いえ 今が始まり マジだりぃ なんて思わなくもなる 先へ 先へ進んでいる 生きている体験の密度が違う またステージを昇った 2020年10月3日 それから今はさらに三日 自然と出るものに身を任す 流れになる ただ ただ 言葉と内心を一致させてゆくのだ そのためのwork それがcreate Artはまさにそのものでなければ 俺にとってはそうで それで十分だ 

もっとみる

2ターン目_2020.10.6

昨日を記憶とノートに埋葬 迎えた今日 まるで白紙 何を刻むか 俺の意志と勇気の形跡 過ぎ去りゆく日々 踏みつけ創る道 足跡がリリック 生き延びる意味 ペンシルが先んじる 紐解かれる真実 存在の秘密 そのものが息づく 燃焼するO2 沸き立つ 生命 いずれ散る 悲しみを知る 遠く遠くへ叫ぶtalk 想像する 銀河の果て ブラックホール 同時に存在する しかし俺は今ここ 大きく包み込む”今、ここ” ”有

もっとみる

リリック

いつだって気づいた時には

日も暮れちまってる

今日も呼吸して飯食って

何気ない1日が終わって

仲間達と馬肉でも食って

のんびり酒でも飲んで

繰り返す過ぎる日々が

明日に繋がってる

fook

ゆったり流れる時

すっかり溶け込む街

うっかり溺れるmajic

落ちてく瞬く間に

後方から核弾頭

なぁなぁ 後方から核弾頭 

なぁなぁ 後方から核弾頭

魂をヘッドロックする 

心を掴んで放さない

君の名はロマンス

穏やかな午後が きらっきらの嘘が

最高の微笑みが 美しき悲しみが

baby 次の一手に心躍らせような?

baby 可もなく不可もない振る舞いに唾を吐きかけろ

さぁ今まで通りの人生で行こう

自分の思うままに進化しよう

さぁ今まで通りの人生で行こう

自分の思うまま

もっとみる
ありがとうございます〜💕
8

ふがいない夜こそ

体に開いた穴を覗き込む

死にかけた数と踵の傷

食いしばって欠けた歯を

砂時計に忍ばせて

指の隙間から

時間がこぼれ落ちた

泣きながら集めて食べた

初めて発作が起きた夜

マリア・カラスを聞いた夜

蟻が空から降った夜

ひとりで大人になった夜

軟禁されたあの日の夜

血が温かいと知った夜

死が冷たいと知った朝

あなたを要らないと言った夜

32キロになった針

倒れた夜の子供の

もっとみる

Love4eveR_2020.10.5

満足しようと 俺の限界はここまでだと そう思う気持ちは捨てろ それは美しくない 壮絶でない 生命が震えない もっと もっと 先へ向かえ 死に限りなく近づくように 先へ 先へ 行き着く先など知らない Solidに Solidに 俺の中心の輝く愛を 放射しろ 放ち放ち 放て 沸き立つ生命を 燃焼し 燃焼し 結晶となれ 透き通れ どこまでも鋭く 青すぎた空のように 宇宙へまで突き抜けろ そのときここには

もっとみる

RappinG.real_2020.10.5

Chillin’チリン グラスの氷 甘い酒で喰らう 思い通りじゃなくなるストーリー 目が眩むHoly shitな実存 いつどんな時だって 結論はやるだけ くたばる前に飛び立て 砕けたクリスタル 真実紐解くフリースタイル 黙り込む君を振り向かす 巻き込む 食いしばる奥歯が加速装置 もういい いらない ためらい 奇は衒わない 息の仕方から気になりだす 味方は俺の吐き出した言葉 生き方には嘘が暴かれる 

もっとみる

GAY-COTS_2020.10.4

固くつぼんだ頭を開く 気負うだけ気負い ふと力を抜く 瞬発 バッサリとKiLL 血液の温度を浴びる 通り抜き 背後に聴く崩れ落ちる音 見返しはしない 果てまで見通せる眼光 切っ先 刻みつくはハートにforever Love forever 炎上した肉を引きづり 風圧に逆らい 先んじる 足跡 飛び石のような光 ただ ただ”在る”ことを知っている 一時の間 ポロリと生まれ ふつふつとうごめき パヤリと

もっとみる

言葉は、人を行動に移させる力をもっている。

日記的に考えを記録して行こう。
アイデアとか、その時の気持ちって夢うつつの様に知らない間に消えてしまっている。
ここでの記録が後になって振り返り、今後の役に立つ記事に活用出来ればと思います。

今朝4:00にふと眼が覚めてしまい、ダラダラ寝るのがもったいなくて、イラストを描き始めた。
音楽を聴きながら描くと集中力が増してくる。今まで音楽はサウンドを重視して聴いていました。
iPhoneのアプリでは

もっとみる
やったー(=^ェ^=)