ラグビーW杯

ラグビーチームよ地域密着になってくれ〜女性ラグビーファンはファンになる理由を探している〜

1.日常はチームとともに

週末にプロバスケットボールBリーグを見た。ホームは広島、渋谷、富山、と地域は様々だが、どこも概ね大入りだ。客席に目を向けると、

明らかにバスケットの経験はなさそうな、かなりご年配のご婦人方

が、長袖Tシャツの上にバスケシャツを着ている。

東京の街中で、

バスケシャツを着たシニアのご婦人

に出会うことはない。新鮮な光景だった。

この方々がなぜ試合観戦していたの

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♀️
4

エンターテイナーに『近づく』その先にあるものは〜夢のままにするか、失望を受け入れるか〜

1.あの人は『あんな男』だった

私が伝統芸能に足を突っ込んでいた若い頃、師匠は沢山の歌舞伎役者と付き合いがあった。伝統芸能という狭い狭い世界、同世代はみんな親戚みたいなものらしい。私が、あるご贔屓の歌舞伎役者の名前を出した時のことだった。

師匠は笑って言った。

『あんなのがいいんですか?』

どう『あんなの』なのかについては教えてくれなかったが、師匠の笑いは止まらず

『どこがいいんですか。

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♀️

ファンになる入り口〜女性ラグビーファンと男性宝塚ファンと〜

1.こちら東京宝塚劇場では

東京宝塚劇場に足を運ばなくなってもう半年以上経つ。入り口には赤い絨毯敷きの螺旋階段。吹き抜けのロビー。広いとはいえないこの劇場には、現実世界では決して見ることのできない夢と心を満たす愛が詰まっている。

今の世の中、

いきなりパリの街角やロンドンの酒場で出会って男女2人が恋に落ちる事も

その一方が恋敵に誤ってピストルで撃たれたり、ナイフで刺される事も、

突然ナチ

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♀️
3

『早くニワカ卒業したい』と新しいファンに言わせるラグビー界、開拓した新たなファンを『ファン』として歓迎するJリーグ、Bリーグの姿を見てほしい。いつファンになったか、『誰にもコントロールできない軸』でファンを区分け、それはある種差別では?今こそファン一丸のJ、Bリーグを見習いたい。

ありがとうございます🙇‍♀️

勝間和代になる方法#188 釜石ラグビーパイの想い出

おはようございます。

先日の釜石の話の続きです。

ラグビーワールドカップの期間中、全国各地にファンゾーンが設けられましたが、そのうちの一つが有楽町にありました。

1階2階に大型スクリーンと飲食ブースがあり、3階にはイベントコーナーとご当地商品が並んでいるコーナーがあったんです。

そこで見つけた釜石ラグビーパイ。

個包装になってるので友達にもあげられるし、おやつにもいいなと思って購入し、美

もっとみる
うれしいです!!(*≧∀≦)
6

2023年ファンも『にわか』と呼ばれるのか〜女性ファンはコバエじゃない〜

風と共に去りぬ

ビビアン・リー主演の不朽の名作が配信停止、というニュースは驚きでした。でもこれが時代の流れ。いくら名作でも人種差別の肯定は許されない、差別撲滅へのアメリカ人の決意が伝わってきました。

所変わってここは日本ですが、、

ラグビーW杯の時『にわか』って言葉使いだした方、とても社会的地位がある方なのかな??未だ使われているのは大人の事情⁈

W杯期間中から、ずっと気持ち悪かったのです

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♀️
3

スクラム組もうぜ! × Orange Wine

ここのところJ SPORTSでは、過去の試合の再放送を多く放映している訳ですが、昨夜はRugby World Cup 2015のSouth Africa vs Japanを流していました。
そうです、あの「スポーツ史上最大の番狂わせ」と謳われた名試合です。
過去のWorld Cupで最高勝率を誇るチームSouth Africaと、それまでのWorld Cupでの戦歴が1勝21敗2分という最低勝率で

もっとみる

ラグビーとの出会い#2

まいど!ラブラグ.TVのゆうです。

さて前回の続きを…

晴れて4月から西京極中学校に入学した僕。荒れた中学校に不安を抱きながらも、学校生活がスタートしました。ただすぐに不安が恐怖に変わる出来事がおこるのです…

それは入学から1週間後に行われた「一年生を迎える会」の時でした…全校生徒が体育館に集まり、2年生や3年生が合唱や学校紹介、クラブ紹介などをしていく楽しい行事。

身長が高かった僕は体育

もっとみる

はじめまして。

まいど!ラブラグ.TVの【ゆう】です。

現在僕は、大阪の福島という町で【ラグビー酒場 二軒目】というお店をしながら、YouTubeで【ラブラグ.TV】というラグビーの魅力を伝える番組をやっています。

つまりラグビーが大好きなんですね。笑

大袈裟じゃなくラグビーに出会わなかったら今の自分はない。そんな思いからラグビーを好きになってくれる人を1人でも増やす事がラグビーへの恩返しになると考え、今の

もっとみる