ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca

日本語塾主催。オンラインでの日本語レッスンも10年目に入りました。 noteでは、悩める日本語教師の皆さんの質問に答えたり、日本語教育について思うこと、また25年になる国際結婚の情景や、趣味のコミックエッセイなども発信していきたいと思います。

ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca

日本語塾主催。オンラインでの日本語レッスンも10年目に入りました。 noteでは、悩める日本語教師の皆さんの質問に答えたり、日本語教育について思うこと、また25年になる国際結婚の情景や、趣味のコミックエッセイなども発信していきたいと思います。

    マガジン

    • エッセイ

      日々感じたことや面白かったことなどを書いていきます。 (駄)多発注意報が 常に発令されています。くだらなくても怒らないでくださいね。

    • 日本語教師日記

      東京から地方へ転居を機に、小さな日本語塾を開き、 対面とオンラインで日本語を教えて10年になります。 もともとオンラインが主でしたが、コロナウイルスの影響で 全ての授業がオンラインとなり、じわじわと生徒も増えています。 クラスを離れ、教え方がガラパゴス化してきたこの10年。 駆け出しの頃の思い出・オンラインレッスンのあれこれ・嬉しかったことなど、 思いつくごとに書き綴っていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

    • Foodies!

      発酵以外の 毎日の食事・スイーツ・お弁当・糖質制限ライフについて 写真をたくさん使って発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    • あっぱれみなさん

      何度も読みたいみなさんの記事をこちらに保管させてくださいね。

    • 創作

      なかなかはかどらず、数が少ないです。もっと頑張ります。 たくさんお芝居を書きたいです。

    最近の記事

    エッセイ318.遊びに行こう(4)ゲーテと横浜系と下北沢

    毎週土曜日は、レッスンは一つだけにして、遠出をする日にしています。 昨日はその用事が済んで、駒込駅まで歩きました。ほんの20分ほどです。 歩き始めると、いつも気になるあの通り。 ゲーテなんですよ。 なんでこの辺にゲーテが? 明治の昔の川柳で、 「ギョエテとは 俺のことかと ゲーテ言い」 というのがあります。 明治に Goethe が紹介されたとき、読み方がわからなくてもう、大変。 ギョエテ、っていうのは有名ですが、調べてみますと そのほかにいろいろあったそうです。

      • 日本語教師日記152.母語に引っ張られる学習者(1)「みる」

        私が日本語を教える場合、媒介語が英語ですので、以下は、 【英語話者とのレッスンで気づくこと、気をつけたいこと】 というお話です。 ちなみに、英語話者には、当然ですが、 母語(第一言語)が英語である人と、あとから身につけた人とがいます。 フィリピン、香港、台湾、中東、インド、ヨーロッパの皆さんは、 英語が普通に話せる人がほとんどですが、そのレベルは様々です。 ネイティブ英語話者のつもりでこちらが話してしまうと、 行き詰まることもあります。 (「英語が母語でない教師と生徒」

        • エッセイ316 翻訳の沼(14)定着した誤訳と、素晴らしい邦題

          夫が、生まれて初めてヘミングウェイを読み出しました。 私は大学のゼミがアメリカ文学で、いろいろ読みましたが、ヘミングウェイはなんとなく、その乾燥した感じに馴染めず、課題として読まされた感があります。 夫が言います。 「これからあれを読むんだ、え〜と、題名忘れた」 ーーキリマンジャロの雪? 「違う」 ーー誰がために鐘は鳴る? 「違うなぁ、あ、わかった、The Sun Also Risesだ!」 「日はまた昇る?」 夫の言うのを聞いて、私はすごい違和感がありました。 T

          • エッセイ315.遊びに行こう(3)都電荒川線と東京藝術大学卒業・修了作品展

            2023年1月28日。今週の週末も、土曜日午前中のレッスンを終えて、用事のために飛び出しました。目的地はしばらく通うことになった、北区某所です。 この用事のあと、その場所から歩いて行ける駅はいろいろあるのですが、今日は都電荒川線「滝野川1丁目駅」からJR大塚駅まで、できるだけ都電の線路に沿って歩くことにしました。 日中は暖かくなり、誰も歩いていない線路脇の道を歩いていると、思い出すことがあります。 20数年前、やはり路面電車の世田谷線の「松陰神社前」駅近くの助産院で、私は

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • エッセイ
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca
          • 日本語教師日記
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca
          • Foodies!
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca
          • あっぱれみなさん
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca
          • 創作
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca
          • 発酵で遊ぼ!
            ガラパゴス諸島から来た日本語教師 tamadoca

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            エッセイ314.遊びに行こう(2)巣鴨刺抜き地蔵と東京丸の内あたり

            その日、都電荒川線の「滝の川一丁目」駅の側で用事が済み、巣鴨まで歩くことにしました。25分ほどだそうです。 道が広くて気持ちいいです。 着きました。 巣鴨の刺抜き地蔵さんの商店街は、おばあちゃんの原宿と言われて久しく、昔も来たことがありますが、お店も街もとても綺麗になっていました。 行ったことのあるカレーうどん屋さんを目指して歩き出したのですが、 お腹が空いていたのでつい、商店街入口の中華屋さんに入ってしまいました。 餡かけ五目ラーメン、おいしかったです。 この日は寒波

            エッセイ313.遊びに行こう(1)ふるさと祭at 東京ドームで郡上おどりを楽しむ

            転勤後の夫は、車通勤から電車通勤になり、疲れるということですが、毎日張り切って出社しています。定年を迎えて、あと5年雇用延長となって頑張っていますが、毎朝お弁当をしょって出ていくのを見ても、一度リタイアした人には見えません。 本当は週に何回か出社すれば、あとはリモートでいいらしいのですが、「残業をしないことにした」のが新鮮らしく、定時に出て行っては、伝書鳩のように帰ってきます。 以前は、なにしろコロナですし、1ヶ月どこに行かなくても全く平気でしたが、今のように、誘ってくれる

            エッセイ312.あの人への長い道のり(2)見つけた!

            俳優さんやセレブの、名前と顔が一致しないとか、顔はわかるけど名前がとみに出てこなくなったこの頃の私。 相手をするMさんも大変です。 「私ね、全然似ていないのに、イメージとか、役柄的にとか、 同じような時にはまった別々のドラマに出ていただけで混乱しちゃうの。 例えば神木隆之介君と・・」 (えらい自分、こんな長い名前がすらりと出てきて) 「うんうん、神木と?」(呼び捨て) 「誰だっけあの人の息子」 「誰?」 「熊谷真美と・・・」 「誰それ知らない」 「知らないか。『まあねえち

            エッセイ311.あの人への長い道のり(1)

            今日の朝イチの生徒、子供生徒くん・弟の方に、 お姉ちゃんのレッスン終わったら、 お母さんにここに来てって言ってね? と言いました。 弟君の後にレッスンが始まったお姉ちゃんにも、 レッスンが終わったら、お母さんにここへ来てって言ってね? と、同じことを言いました。 アメリカ在住の姉弟とは、大きな時差があって、こちらの朝はあちらの夜。 そのお母さんであるMさん(日本人と話そうと思っても、なかなか都合が合いません。 オンライン飲み会がしたくても、ぐいぐい行けるのは夜の時間

            Foodies! 102. 2023/1/12~1/17

            エリンギ網焼き・シャウエッセン・茹でアスパラ 煮卵・レンチン茄子ポン酢・治部煮 懲りずにまた、生ごみコンポスト始めました。 まだまだ野菜屑が入れたままで冷え切っています。 起きろ〜! 埒があかないので、室内で一緒に電気毛布にあたっていたら、 3日ぐらいでいきなりいい感じに消えました。 好気菌すごい! ベジ焼きそば・パイナップル・ラディッシュ塩麹漬け・シャウエッセン 春菊のおひたし・ローストビーフサラダ お正月以来冷蔵庫にあった柚子の行く末を心配し、 ラディッシュと胡瓜

            エッセイ310.下町の珠算塾

            昨日は雨の中、亡父の四十九日の法要を行いました。 出席者は姉と私たち夫婦の三人でした。 母の四十九日のときには来た娘たちですが、 一人はシドニー、一人は東京ですが仕事で欠席です。 お供物やお花を本堂にお預けしてから墓に行ってみました。 納骨のために石が取り外された部分があり、墓石には養生テープで傘が貼り付けられていました。 このお寺のお墓は、N石材店さんが担当しています。 全身レインコートのN石材さんが言います。 「私も先生にはお世話になったけど、4級どまりでした。

            エッセイ309. 食育は遠慮したいという話

            夫が前から、私を連れて行きたいと言っていたお店へ行きました。 繁華街の中心地です。 とても美味しかったですが、私には少し塩がきつかったです。 でもこれは、私の好みなので、文句ではありません。 カウンターしかない温かな感じのするお店で、隣り合った人がすぐにおしゃべりを始めるのでした。 夫が好み、私を連れて行ってやろうと思ったのもわかりました。 ところが、食べ始めて10分ぐらいで、私は料理をあまり味わえなくなりました。 気詰まりになってきたそのわけは、目の前で料理して供してく

            エッセイ308.脳の作りが違う(2)記憶

            子供の頃、「記憶」というものに、イメージを持っていました。 それは、記憶は古いものからどんどん水気がなくなって、ペタンコになり、最後には紙の薄さになり、昔の地図屋さんにあったような、薄い平たい引き出しに収まっていくというもの。そして、その引き出しを開ければ、開けることができれば、いつでもどんな古い記憶でも、手に取って見直せる、というものでした。 今では、短期記憶・長期記憶ということを知るようになりました。 また、長く認知症でいた母のことを考えても、脳の萎縮や事故で損傷すると

            Foodies! 101. 2023/1/2~1/11

            24歳次女と焼肉。「お母さんも(少し)食べていいから」と言って、 メガ盛りの白飯を注文。「若い頃に比べて食べられなくなったなぁ」と言っております。 狭くなった台所で盛り付けるのが苦しく、どんどん一緒盛りになってきました。 シャウエッセン・インゲン胡麻和え・トマト・マヨポテト・ブロッコリー 粕漬けの鳥ももオーブン焼き・大根と蕪の糠漬け・甘い卵焼き インスタントポット保温55度蓋をしないで3時間。 出してすぐ切っても肉汁も血も出てこない厚切りステーキが出来ました. ジャー

            エッセイ307. 脳の作りが違う (1)ながら試聴

            私の一番身近にいるのは夫ですが、人間てこんなに違うんだと言うことを、いつも教えてくれる存在でもあります。 若い頃、特に結婚したての頃は、相手の行動や考え方が理解できず、 これは、あなたが男だから? 外国人だから? あなたが、あなただから?(あなたが特に変な人だから?と言う意味) と訊いたものでした。 答えは、「僕が僕だから」でしたっけ。 首を傾げることがあまりにも多かったので、自分が変わっているのか、相手が変わっているのか、いまひとつ合点がいかず、いろいろなポップな

            エッセイ306.おうちでロスト・イン・トランスレーション(23) ジョークでロスト

            あるとき、生徒から聞いた話です。 息子さんが10歳の誕生日を迎えるそうです。 とても嬉しそうに話してくれて、つけ加えました。 「今までは くさい(9歳)だったけど、 明日から てんさい(ten歳)になりますね!」 私、ぽかんとして、 「え〜・・・・・と?」 と返しましたら、嬉しそうに教えてくれました。 「くさい、だった子が、てんさい(天才)になりますね」 わかる・・・ わかりますが かなり厳しい。 訊いてみました。 「英語で話すときも、 けっこう、駄洒落を

            日本語教師日記151.雑談(2)生徒に教えてもらう料理

            続きです。 雑談を一切せずに、1時間それだけ。 詰め詰めでレッスンをしたら、その分早く上手になるのでは。 ・・・とは、考えたこともありません。 それなら、ジムで一人で走っているのと同じではないでしょうか。 やはり、何事も緩急があり、できれば面白いに越したことはありません。 また脳は筋肉ではないので、疲れてしまうと吸収も悪くなるように思います。 一休みの繰り返しが、いいのではないかなと思っています。 けれど、休めないタイプの人もいます。 会社や家庭で、日本語の上達を迫