自慢やマウンティングは寒い

僕は「マウンティング」と呼ばれるものが嫌いだ。
おそらく、好きな人はいないだろう。

マウンティングの何が嫌いかと言うと、人を見下して優越感に浸るという精神性だ。

マウンティングにはどんなものがあるか
ざっと思いついたものを書いてみると、
・異性関係
・学歴
・容姿
・お金
・知識
・仕事
などがある。

異性関係とは、
恋人がいること、過去の交際人数、経験人数、恋人のスペックなどが当てはまる。

もっとみる
ありがとうございます!あなたのおかげで書き続けられます。
3

ドラゴンボール超 ブロリーと挑戦

こんな憂鬱な日は映画『ドラゴンボール 超 ブロリー』を見るに限ります。

私はAmazonプライムで見てから衝撃を受けました。

もう40になるおっさんがです。

今までのドラゴンボール史上最高の戦闘シーンだと思います。

あと、全編通して悟空がカッコいい。

殴り合いをしているのに相手に対して優しさがある。

ラストシーンも悟空は爽やかに去っていきます。

『おれはただ強いやつと闘いたいだけなん

もっとみる
ありがとうございます!(・ω・)ノ

結局のところ自称リベラル派なんて偽善や欺瞞に過ぎない綺麗事を
宣っておきながら俺に楯突く奴はぶっ潰す、とばかりに横暴の限りを
振るうだけでしかないのか。

これだからこの世はジャイアニズムみたいなマウンティングしか
成立しないのかと思わされるものなのだよ。

ありがとですにゃ…

「やってあげているのに」は「やりすぎ」の警報

”やってあげている”の取扱説明書(記事)

もし、貴方が、誰か、友人やパートナー、そして、子供、家族、お客さんに尽くしすぎちゃう、とか、やりすぎちゃう、とかいうタイプだったら、”やってあげているのに” の取り扱い方について、少し楽になるかもしれないので、一緒に考えてくださると嬉しいです。(余談・・・今回は、なるべく1000字以内で簡潔な記事を目指したい!笑)

”やってあげているのに”の背景

もっとみる
嬉しいです❣️ありがとう💕 またしてね💖
69

不満足な蜜

僕は負けやすい。

だから、できるならば競争から降りたい。

だからずっと競争=マウンティングについて考えている。

競争は渦みたいに近くにいる人を巻き込んでいく。

SNSで友達と遊んだことを報告するのはマウンティングだと思う。公にしないでグループラインででも「楽しかったね」と言えばいいのにSNSに投稿するということは、こちら側に見せているんだろう。

そういうふうにこれはマウンティングか否かと

もっとみる
ありがとうございます!!
4

【記事備忘録】
9割の人が知らない「人がついマウンティングしてしまう」根本原因

https://diamond.jp/articles/-/251009

■優位性を求める原因
-希少資源にアクセスできる
-闘争のコストとリスクを減らせる

人間関係に優劣はないため、つい繰り返してしまうとのこと…

スキありがとうございます!引き続きよろしくお願いします!
2

週刊アサヒ芸能今週号の森恵さんのインタビュー記事からいえること〜セクハラ発言〜

週刊アサヒ芸能今週号に #森恵 さんのインタビューが掲載されたことを受け、実父に依頼された振り込みのついでに30 秒で立ち読みした。

インタビューの中に、
#小泉今日子 さんら並みに売れず、当時所属してきた事務所スタッフから、実家がある熊本に帰って早く結婚しろといわれたことに対して落胆したと感じていたと言っていた。

明らかに

一発で #セクハラ  をされたことで苦痛を受けたことを感じて思い

もっとみる
おうじゃは男性ではなく女性です!
4

もうそろそろ楽していいですか?(いや許可いらないけど)

ここ数ヶ月、羅列がたりないくらい調子が悪い。

あっちおかしいと思ったら、今度はこっちが不調。しかも分単位で症状が変わる。

午前中走れてたのに、夕方固まる、みたいな毎日が続いています。

正直、「え?これなんか病気?」って思いますよ。でも調べても血液も心電図もレントゲンも問題なし。

これでしつこく受診すると、困ったときの「自律神経」やわからないときの「心身症やストレス」で済まされてしまう。

もっとみる

悲劇のヒロインに浸っていても意味はない

今朝のTwitterトラブルは、大変だったね。いきなり、お返事などがきれいに消えたりしたし、返事も送信できない。今も少し不安定だけれど、動き始めてくれた。

実は、持病のおまけで出てくるもので「不安発作」てのを持っています。治るまでは心臓がバクバク動くし、頭痛が出てくる。これは一番軽いパターン。

ひどくショックを受けると、寝込んだり時には体の一部が震えることや一日中手が震えていることもある。

もっとみる
にゃは!近いうちにいいことあるかも。
10

福祉の仕事してたら無条件に「善い人」なわけじゃない

最近本を読む時間がなかなかとれなくて、でもあまり睡眠を削るとひどくパフォーマンスが落ちるので、書き物の時間を削るか仕事の時間を削るかを本気で悩んでいます。
怒られたくないので書き物の時間を減らし気味にしてます。

 

 

元々福祉の世界に入った最初のキャリアは介護だったんです。介護の仕事を約10年、そこから障がい福祉に移って丸7年くらいでしょうか。

昔から思ってるんですが、一定数いませんか?

もっとみる