パーソナライゼーション

【最近よく聞く言葉】個人を大事に パーソナライゼーション

この記事の作成担当:

こんにちは!
記事を拝見いただきありがとうございます。
今回は「パーソナライゼーション」について書かせていただきます。ここ何年かでパーソナルに関連する単語などをよく聞きますよね。
私も一人っ子の影響なのかパーソナルスペースは狭めです。ATフィールド展開ですね。

1.パーソナライゼーションとは

「パーソナライゼーション」は顧客ニーズに適切に応えるために、提供するコンテンツ

もっとみる

【最近よく聞く言葉】国を超えても守らなくてはならぬもの GDPR

この記事の作成担当:

こんにちは!

記事を拝見いただきありがとうございます!
今回の【最近よく聞く言葉】は「GDPR」について書かせていただきます。
個人情報やセキュリティに関する言葉ですね。最近何かと話題の。

ぜひ今後、EU圏の国に展開、越境ECなどを考えている方は重要になってくることなので少しでも伝わりやすいように書かせていただきます!!

1.GDPRとは

「GDPR」は(Gener

もっとみる

その考え偏ってませんか?

みなさんネットニュースってよく見ますか?

僕は毎日スキマ時間があれば開いて見ています。

あれって自分の検索履歴とか興味関心があるものとかいろんな情報からその人に合ったニュースが優先的に出てきますよね?

自分の好みや興味のあるニュースがどんどん出てくるのでついつい読んでしまうのですが、

注意しないと思考が偏ってしまうリスクも高いですよね。

ちなみに「パーソナライゼーション」っていうみたいで

もっとみる
嬉しいです!
1

【最近よく聞く言葉】コミュニティマーケティングで生の声をきこう

この記事の作成担当:

こんにちは!
読んでいただきありがとうございます!今回は「コミュニティマーケティング」について書かせていただきます。今までの言葉は私自身、なんとなく知っている言葉だったのですが、初めて意味を知らない言葉にチャレンジです…伝わりやすいように書かせていただきます!!
今回は参考文献が少なかったため、ネットにて調べたもの情報で書かせていただきます!

1.「コミュニティマーケティ

もっとみる

美容業界のパーソナライゼーション市場に迫る <#2018.9.3 業界向けコラム更新記事>

各業界でパーソナライゼーションが叫ばれる時代に突入しましたね。国内では、マーケティング領域からファッションや資生堂などの次世代製品の開発まで幅広くありますが、最近他業界から見られているポイントが、特に美容業界おいては「イノベーション」という視点で見れられています。

「美容×イノベーション」は、『革新的ビューティー論』でも述べている美容業界の新しい視点で、以前も考察しています。(⇨★)
開発のイノ

もっとみる

ビューティーテック、どこまで進化

日経電子版の記事【鏡が肌分析→コスメ提案 銀座で花開く接客テック】・【美容×テック 肌思い 鏡に映る顔に仮想の化粧 シミ認識しムラ無く下地】では、数ある『〇〇テック』の中、先頭集団の一つと言っても良さそうな『ビューティーテック』の最新動向が紹介されています。

 さっそく、記事からそんな事例をピックアップしてみると――

▶ビューティーテックの最新動向

(1)『デジタルミラー』・・・鏡に映った顔

もっとみる
スキありがとうございます!
10

AIが支えるパーソナライゼーションは、より精密に、より便利に。

マーケティング用語としての「パーソナライゼーション」とは、個々の人の興味・関心・行動に合わせてサービスを最適化することです。ここ4、5年で、AIやIoTなどの技術のもとでインターネットを活用し、カスタマイズ性を強化しながら、最終商品まで顧客一人一人へ需要と供給の最適化を目指すサービスが増えています。

カスタマイズやオーダーメイドは、昔からあるサービスですが、それらが人行うサービスであるのに対し、

もっとみる
ありがとうございます!
1

カテゴリー呪縛からオリジナリティ呪縛への移行に伴い「平凡」の興隆

「自分らしさ」それは皆が幸せになるためのキーワードだと私たちは信じて疑なかった。いや今もかもしれない。

「自分らしく生きよう」この謳い文句は、常識や従来の価値観に縛られて身動き取れずに苦しんでいる人たちを開放するための魔法の言葉だった。”個性”や”多様性”といった言葉たちが、ネットやメディアで取り沙汰され、広告に起用されては、新時代の起業家やクリエイター、インフルエンサーたちがその具現化された形

もっとみる
えりぽよぽよぽよ~うれしいぽよ~読んで頂きありがとうございます
50

パーソナライズドスキンケア

資生堂がOptuneというブランドで、個々人のその日の肌の状態に応じて最適化された化粧品を調合するツールを開発し、大々的に売り出し始めたことを半年近く前に取り上げたことがある。

二子玉川の蔦屋家電で、実際にお試しが出来るコーナーを設けて、お客様で賑わっていたのが記憶に新しい。

Optuneが先行はしたが、他の化粧品会社も水面下で粛々と開発にしのぎを削っていたのだろう。

丁度本日10日まで、米

もっとみる
Thank you so much!!
9

AIと一輪のバラ

2020年を迎えました。昨年はAIによる画像・音声の認識・生成技術、自然言語処理技術、そして行動予測技術が花開く一方で、ひところのAIブームは沈静化し、ポッと出AIベンチャーが淘汰された年といわれます。

AIの進化と人

かように今後も多少の浮き沈みはあれど、AIの事業適用が加速することは間違いありません。社会変化の短期予測は難しいけれど、長期予測は立てやすい時代に思えます。
ハードウェアの進化

もっとみる
ありがとうございます!
3