【トルコ番外編】トルキッシュバス「ハマム」デビュー戦

素晴らしきトルコの建築家「シナン」。彼の最高傑作モスクがあるトルコのエディルネに滞在して二日目。ついにシナンが1,568年に作ったハマムで、トルキッシュバスデビューすることになりました。

ハマムとは、トルコやアゼルバイジャン、アラブ諸国・イランなどの中東全域、アフガニスタン、中央アジア諸国、東アジア諸国に広く見られる伝統的な公衆浴場のことである。 語源は「温める」「熱する」を意味するアラビア語の

もっとみる
気に入ってくださってよかったです!
12

ハマムとサウナ

皆様、こんにちは。

突然ですが、わたしはサウナが大好きです。湯船や温泉も好きですが、でもやっぱりサウナが1番好き。岩盤浴なども勿論大好きです。

パリにはあちこち、ハマム(wiki)があります。わたしはまだ一軒しか行ってないので何がどう違うのかが何とも言えませんが、サウナとはまた違うタイプの公衆浴場やスパだったりします。

ちなみに調べていたら日本でもハマムを味わえる所も出て来たみたいですが、様

もっとみる

宇宙のハッピーの量は無限大 - 誰かが幸せだからって、その分誰かの分が減ったりしません❤

私だけじゃなくてみんなもだと思うけど

ブログのオーラって見えますよね。

淡々と出来事を綴っているだけなのだけど、なんだか寂しそうオーラが出ているブログを読むと、だいじょうぶだよと抱きしめてあげたくなります。

おおらかに喜びを表現しているブログを読むと、私の中の幸せ感がアップしてキュンとした嬉しい気持ちになります。

それで、私もなんだかハッピーに包まれて、そんなハッピーオーラが流れているブロ

もっとみる
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
42

私たちの隠れ家 - オリエンタルハマムで究極のリラックス体験

パリもやっと暖かく気持ちの良い季節になってきました。

昨日は仕事帰りの夫と待ち合わせして、ハマムに行ってきました。

受付のあるホールは、オリエンタルな香りで満たされています。

男女別の更衣室が並ぶ廊下。

バスローブやタオル、サンダルなど全て清潔なものが準備されています

幻想的な雰囲気のハマム。

昼間は混んでいるのかもしれませんが、私たちが行く夜の時間帯は、いつもほとんど貸切状態です。

もっとみる
今日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
33
明日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
53

モロッコ暮らし*庶民派ハマム2

モロッコでは、結婚している女性は、パートナーのために女らしくあるべきであるとされているので、ハマムに行き全身を磨きたてる事は、女性の権利であると同時に義務でもあります。

一般的に女性たちは週に一回、数時間から半日をハマムの中で過ごします。
ハマムの中は、脱衣所、温めの部屋、暑い部屋にわかれていて、それぞれを行ったり来たりしながら、全身を磨き上げます。

*垢すり
サボン・ベルディというオリーブオ

もっとみる

モロッコ暮らし*庶民ハマム

モロッコのハマム。

最近は「スパ文化のルーツ」「ナチュラルコスメの宝庫」的に日本でも紹介される事があり、特に日本人女性の間での知名度は高くなりつつある、伝統の蒸し風呂ですが、日本でイメージされる「スパ・ハマム」と一般モロッコ人が通うハマムはかなり異なります。

混乱しないように、日本でよく紹介されるハマムを「スパ・ハマム」一般のハマムを「庶民ハマム」と呼ぶことにします。

庶民ハマムはどんな場所

もっとみる

モロッコと日本が交わる”オアシス”での癒しから、自分史上一番の「裸の付き合い」へ

捨てる神あれば拾う神あり…ってイスラーム圏で使うのはあれかもしれないけどw、この言葉がおのずと浮かび上がってきた一昨日の夜。

マラケシュの喧騒と観光地感の強さに、エネルギーをきゅぅぅぅって吸い取られた😱(苦笑)感じがしていたなか、福岡でお世話になっていたSさんからの紹介で、L.Iさんに会いに行ってきました。

L.Iさんは、お父さんがモロッコ人、お母さんが日本人で、福岡で生まれ育ち、半年ほど前

もっとみる

素のままがいちばんモテる、イスタンブール

ブルーモスクのお祈りが終わるのをぼんやり待っていた

毎日お祈りの時間があって、その時間中はムスリムでないと入れない

知らない男女のカップルが突然やってきて、

何かを私に声をかけ、

彼女は私の隣に座った

もっとみる
Merci beaucoup:)♡!!!
4

トビリシ温泉【グルジア酔いどれ夜話/Siontak】

第十夜

2015年4月に呼称をグルジアからジョージアへと変更した、南コーカサスの国。日本ではあまり馴染みのないこのジョージアへ、シルクロード旅行中にたどりついたSiontakさんのコラムです。ジョージアとはいったいどんな国で、どんな生活をしているのか!?

第2、4火曜日更新
<著者:Siontak>

早めに仕事が終わるとうれしい。が、時間が早いと外はまだ日差しが強い。午後6時なのに線路の上に

もっとみる