【あやなのサウナ比較文化学】byこばやしあやな

フィンランド在住の自営業者。Suomiのおかんというふざけた屋号を掲げ、メディアコーディネーター、通翻訳者、文筆家、フィン語講師として快活に仕事し遊んでいます。2018年に著書『公衆サウナの国フィンランド』を出版、いつの間にやら「サウナ文化研究家」としてのお仕事依頼がメインに。
固定された記事

【あやなのサウナ比較文化学】執筆への思い

昨日に引き続き、こんにちは! 祝・脱一日坊主!! さて昨日は、「サウナ」をめぐって、ここ2年のわたしの人生にどんな劇的な変化が起きたのかについて書きました。そし…

【番外編】ロシア軍人と一緒に旅したカザフスタンと、虹の下のサウナ小屋の思い出

コロナ時代突入前の頃のわたしは、思い立ってロシア語の独学を始め、まとまった休みが取れるたびにロシアやスラブ諸国の公衆浴場をめぐる小旅行を繰り返していました。パン…

リトアニアPirtis編④ プロサウナ師とプロサウナ愛好家の養成アカデミー

これまで紹介してきたラウメさんのように、サウナ浴のホストとして、入浴者にウィスキングやマッサージなどのセッションを提供する「サウナ師」にあたる職業を、一般的には…

リトアニアPirtis編③ 心身の触れ合いが生む輪廻の営み|サウナ師のウィスキング体験記

前回の記事では、各国のサウナ文化に、その国家や地域の男女間の役割や優位性が影響を与えているというジェンダー論。とりわけリトアニア・サウナは女性の感性や欲求の色が…

リトアニアPirtis編② ロシアは男性主導、リトアニアは女性主導!?|サウナとジェンダーの歴史的関係

前回の記事では、このリトアニア・サウナ旅の案内人ラウメさんとの出会いと、彼女がまず教えてくれた、リトアニア語のサウナ Pirtis(ピルティス)という語のユニークな語…

リトアニアPirtis編① 鳥とミツバチと蒸気浴 |語源が示す「ぬくもり」の神秘性

知性にあふれた女性サウナ師との出会い 今回のわたしのリトアニア・サウナ旅を終始エスコートしてくださったのは、リトアニアで数少ない女性プロサウナ師、サウナ文化研究…