【必須書籍】ハウスDJが勉強すべき本6選

ハウスミュージックのDJたるもの、「そのルーツ、その魂に触れるコト。」過去を学ばずして音楽を理解できるはずはありません。

ハウスDJとして、耳だけでなく知識も学ぶことでより深い音楽探求ができます。思いもよらない曲との出逢いが、今流行ってる曲の元ネタを知るきっかけとなったり。どうやって生まれて、音楽ジャンルとして確立しているのか。聞いなる人は是非チェックしてほしい6冊のハウスミュージックについての

もっとみる
RADIOの感想もお待ちしています。
1

いろんな感情が横行した最近、SNSだったり何かだったり、、、

こんにちは。そろそろ、見えてきたのではないでしょうか?
このコロナの自粛自粛ムードも。
どういう表現をすればいいのかはわかりませんが。

個人的には嬉しく思いますね。
今、大阪は緊急事態宣言も終え
街には普段が戻ってきたかと思えば
「こういうやつらがいるから第二波が来るんだよ」
「何考えてんだよ。」

とか、マイナスなイメージばかりで
もちろんそのいっていることも分かるし、例えば居酒屋さんって大人

もっとみる
最後まで読んでから押しましょう。(ありがとうございます)
4

ニューシングル - SCOPIC

ニューシングル「SCOPIC」配信してます。
シンプルなダンスチューンです。
おうちで踊ってください!(ハウスだけに……)

各種サブスクへのリンクはこちらから
https://linkco.re/67xxUHdx

ありがとうございます!書いて良かった…
3

ハウスミュージックと個人主義

気に入っているトラックがYouTubeにアップロードされていなくて、ほかの音源を急遽さがしている間、
「やめろよ、彼は本当にニガーなんだ」
「おれはナチなんだよ。黒人ラッパーの音なんてここで流してほしくないんだ」
「なんでいつもナチ、ナチ言うんだ、やめてくれよ」
 とかなんとか、チャットログが流れている。
 DJが集まるサイトがあって、そこではジューク・ボックスのように各DJがYouTubeやサウ

もっとみる
ありがとうございます。あなたが花屋であれ床屋の丁稚であれ。
4
ありがとうございます!(^^)
2

ハウスナキブン

今夜はハウスな気分なので、mixcloudで安定のRichard Earnshaw Mi-Soul Radio 。

M|A|R|R|S ‎「 Pump Up The Volume」④

「Pump Up the Volume」はサンプリングで構成されている。Wikiによれば合計26曲。アメリカ盤のみに使用されたパートもあるし、逆にUK盤のみに使用されたパートもある。アメリカ盤はサンプリング・ネタがUK盤と微妙に違うヴァージョンがリリースされた。同じ楽曲同じヴァージョンがリリースされるのが普通だ。なぜこんなことになったのか?それはUKヴァージョンでサンプリングされたStock Ai

もっとみる
スキありがとうございます!よければフォローもお願いします!
4

集中力を上げる方法(リクエストにお答え)

昨日のモチベーターセッション(この「日々学ぶこと」を配信するきっかけです。詳しくは1回目の記事「実行力を上げる」を読んでください)で、さらに新しいnoteのコンテンツを月に2回配信することを決めて、かなりの作業量で爆死しそうですが、ワクワクが止まらない上田です。

昨日の記事をFBに載せたところ、いくつかコメントをいただきました。その中に「集中力が切れたときどうしているか」を書いて欲しいと、まつも

もっとみる
嬉しいです!
8

Topdown Dilectic『vol.2』

(laugh)

好きなDJがインスタのストーリーであげぽよと上げていたTopdown Dialecticの二枚目。そのDJは今作にあげぽよしていたので、そのDJがSoundCloudに上げているMixが好み過ぎて、彼女のあげぽよを掘ってみたくなった。本意。
前作同様Peak Oilから発表された二枚目の『Vol.2』
M1.は前作の一曲目からダブベースが小さく引かれたもの。ハウスのドラムマシ

もっとみる