デジタルノマド

シャビーな隠れ家!?Old Town Garden Coffee(ノマドワーカーのカフェ巡り)
+6

シャビーな隠れ家!?Old Town Garden Coffee(ノマドワーカーのカフェ巡り)

こんばんは! ノマドワーカーのヒデホマです。 本音のとことは、正直、教えたくない。。。。 しかし、本日は私が密かに行く隠れ家的なおすすめノマドカフェを紹介します。 シャビーで、全然おしゃれでもないので、日本在住の方にとってはあまり興味を持てないかもしれません。 しかし、私のようなノマドワーカーにとっては、まさにコレっていうカフェなのです。 カンボジアの目貫通りノロドムストリート沿いにあるOld Town Garden Coffee and Snack。 毎回、値段

スキ
14
モバイルする仕事
+1

モバイルする仕事

多拠点居住、ワーケーション、バンライフなどさまざまな場所に移動して仕事をすることの余地は確実に広がりました。こうした移動生活は数日単位から数ヶ月、年単位などいろいろあります。 かつて?今でも?夫の転勤によって移動せざるを得なくてもその地域で仕事ができるように薬剤師など「手に職」なスキルや資格が女性には有効と言われていたこともあったと思います。またカメラマンやアーティストが自然豊かな場所に移住するということもこれまでありました。 もちろん現在ではコロナ禍での国内・国際移動が

スキ
9
健やかに毎日を過ごすために〜仏教のススメ〜

健やかに毎日を過ごすために〜仏教のススメ〜

こんにちは、今週より北海道に移動してソロキャンプ生活を楽しもうと画策中の住所不定のクリエイターNaoです。 コロナ渦の大変な状況の中、みなさまはメンタル面の健康を保つためにどのようなケアをされているでしょうか? 昨年、グアテマラにてロックダウンをくらって身動きが取れなくなった時に、現地のマヤの家庭にホームステイをして、最終的に5ヶ月を過ごすことになるわけですが、彼らはキリスト教を深く信仰しており、「イエス様がコロナから我々を守ってくれる」とおっしゃっていつも通り元気に毎日

スキ
15
カンボジアのリーディングカフェBROWN Roastery Pasteur(ノマドワーカーのカフェ巡り)
+12

カンボジアのリーディングカフェBROWN Roastery Pasteur(ノマドワーカーのカフェ巡り)

こんにちは。 ノマドワーカーのヒデホマです。 本日は、カンボジアで最も有名で人気のあるBrown Coffeeを紹介します。 というか、Brown Coffeeを紹介せずに、カンボジアのカフェ文化は語ることはできないでしょう! 従兄弟同士の若いカンボジア人が集まって2009年に創業し、今やプノンペンとシェムリアップに合計23店舗を展開するカンボジア随一のカフェチェーンです。 今回は、オフィスからもっとも近いBROWN Roastery Pasteurにお邪魔しました。

スキ
26
真鍋氏とカズ・ヒロ氏に学ぶ日本の「同調圧力」と「周囲の目」

真鍋氏とカズ・ヒロ氏に学ぶ日本の「同調圧力」と「周囲の目」

海外在住の日本人、もしくは日本在住の日本人でも違和感を感じることの多い日本の「同調圧力」ですが・・・

スキ
2
有料
980
元トゥクトゥクドライバーのカフェTEMPLE COFFEE(ノマドワーカーのカフェ巡り)
+10

元トゥクトゥクドライバーのカフェTEMPLE COFFEE(ノマドワーカーのカフェ巡り)

アンコールワットの街・シェムリアップには、『テンプル』と冠したレストランやホテル、バーなどが多数ある。 元々トゥクトゥクのドライバーをしていたLee Korngvong氏とLee Kongsren氏の二人の兄弟は、シェムリアップの中心街にあるオールドマーケットの横の通りにあるパブを観光客が見つけやすいように小さなチラシをデザインした。 今ではすっかり有名になったこの場所を「パブストリート」と呼ぶようになったのは、このチラシからなのだ。 2002年、Lee兄弟はこのパ

スキ
22
ビニールハウスカフェPleng Chan Norodom(ノマドワーカーのカフェ巡り)
+13

ビニールハウスカフェPleng Chan Norodom(ノマドワーカーのカフェ巡り)

こんにちは。 ノマドワーカーのヒデホマです。 オフィスはないことはないのに、日々出社せず、カフェを彷徨い仕事をしています。 プノンペンのいいことは、魅力的なカフェが多いこと。長時間滞在しても店員から冷たい視線も受けないし、コンセントも使い放題、もちろんwifi完備。 しかし、残念なところは意外と緑が少ないことだ。 ビルはニョキニョキと生えてくるのだが、木々あふれる公園などは少なかったりする。 そんなプノンペンで『緑に飢えて仕事がままならない!!!』という時は、どうすれ

スキ
28
カリブやアジアでリモートワークビザ。所得税免除も!
+2

カリブやアジアでリモートワークビザ。所得税免除も!

 おはようございます! リモートワークでどこにでも住めるという、少し前では信じられない仕事がたくさん出てきましたね!最近は、そんなデジタル機器を駆使して様々なところで働く、「デジタルノマド」を狙った国策がたくさん出てきていますので、ちょっと調べてみました。  バルバドスという国はご存じでしょうか?私は60か国以上でB2Bを行ってきましたが、カリブの国、バルバドスの会社ともビジネスをした経験があり、何回か行ったことがあるのですが、白いビーチがとても美しい国です。英語です。

スキ
7
コロンビア/サンアンドレス島 7色の海の島
再生

コロンビア/サンアンドレス島 7色の海の島

・「7色の海」と呼ばれる濃淡の異なる美しい海の色と透明度は、「世界の美しいビーチランキング」入りする程の美しさ ・1600年代にイギリスの清教徒たちによって発見され、以後イギリス、スペイン、オランダなどの国々によって支配を繰り返され、途中海賊たちも度々訪れたという様々な歴史背景を持つ島 ・その歴史的背景から、島の人々は英語、スペイン語、クレオール語の3か国語を操る ・1991年より正式にコロンビアの領土と認められたが、島の人々は自分たちを「コロンビア人」ではなく、依然「サンアンドレス人」と称している

スキ
8
カンボジアの島から学ぶFIREな生き方【ヒデホマ考察】
+6

カンボジアの島から学ぶFIREな生き方【ヒデホマ考察】

ここ最近、FIREという言葉をよく聞くようになってきた。 FIREとは、Financial Independence Retire Earlyの略。経済的独立と早期退職を目標とするライフスタイルを啓蒙するムーブメントのことらしい。 自分が働かないで、お金に働いてもらうという考え方。そして、FIRE達成後の生涯を、働かないで生活することを目指しているようだ。 私たちは今、休暇を取ってカンボジアのビーチサイドの街ケップに来ている。 出発の直前に急遽、友人を誘った。普通は、

スキ
22