中学生の僕が“貧困”について考える(5)食事と住まい

フィリピンの貧困層の暮らしパート(2)

こんにちは!!Koutaです!今回はフィリピンの貧困層の教育事情やどのような食事をとり、どんな住まいに住んでいるのかご紹介します!
(English)
Hello!!
In this article I will write about education, what kind of food do they eat, and about house o

もっとみる

西成という街

先日少し大阪の実家に帰った時に、「西成」という街を歩いていました。

「西成」は大阪の第三の規模を誇るターミナル、近年開発が著しいスピードで進む「天王寺」の近辺に広がるエリアです。いわゆる「ドヤ街」よばれる場所で、日本の高度経済成長期には全国各地から日雇い労働者が集まる街として知られていました。

全国から日雇い労働者が集まるこの街は、同時に全国各地から「無縁」の、つまり親族や地縁・血縁から外れた

もっとみる
「いいね」ありがとうございます!素敵な一日をお過ごしください!
32

一行企画《スラム/古い神/ストーカー》

『スラムで食うか食わずかの生活をしていた少年が、ゴミ溜めの中で信仰に飢えて消えかけていた古い神様を見つけてカビパンと祈りを捧げたら、加護という名の粘着ストーカー行為を受ける話』

これからも頑張ります。

中学生の僕が貧困について考える(4)仕事と収入 job and income

フィリピンの貧困層の平均収入

フィリピンでは一日3.2ドル以下(2019)の収入で暮らしている人を貧困と言います。
今回はフィリピンの貧困家族の典型的な構成の

両親と子供が5人 (父と長男または長女が仕事あり)

で話を進めていきます。

フィリピンの貧困層では母が家事や子供の面倒、お父さんと一番大きい子供が働くことが多いです。2人が働いていても多くても1日で6.4ドルの収入しかありません。こ

もっとみる

魔窟が秘めた魅力「九龍城探訪」

魔窟と呼ばれ、惜しまれつつも1993年に撤去されてしまった九龍城。「一度入ると二度と出られない」などといった数々の都市伝説を持ち、多くの人間を魅了しながらも、外部の人間の侵入を拒み続けたため、その内部での生活について語られたことはほとんどない。
本書は、全盛期の九龍城内部を取材した唯一の書籍であり、生活者のインタビュー、内部および外観写真、九龍城が完成に至るまでの歴史などで構成された九龍城ファン必

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。
1

中学生の僕が“貧困”について考える(3)フィリピン(マニラ)の物価 The price of things in Manila

皆さんこんにちは!!前回は貧困とは何かということを考えつつ、フィリピンの貧困の特徴に少しふれました。
今回はハッピーランドのあるマニラの物の値段を日本と比較しながら見ていきたいと思います。

(English)
Hello!! Last time, I wrote about “what is poverty?”. This time I will write about the price of

もっとみる

橋本治「90s」 愛が個人的なものになって

世界は意外と、“江戸時代のまんま”なんですね。

世界にはある時、“個としての自覚を持った人間の近代”が生まれて、その時から世界はそっちの方向に進んでしまったように見えるけれども、そうそう簡単なものじゃない。要は、“個人の自覚の問題”だけれども、なにがむずかしいといって、個人の自覚が育つことほどむずかしいことはない。世界には当たり前に“機関車が走りミサイルが飛ぶような鉄筋コンクリートの江戸時代“は

もっとみる

【平和ビジネスへの道】#1 HOPE SOAP

おはようございます!かほりです。

さて、早速紹介していきます。平和ビジネス事例。

平和ビジネスといっても、個人的には難しいビジネスの構造とかよりも一目でわかりやすいのが好きなので、平和グッズのニュアンスに近いかも。

第1弾は【HOPE SOAP】。WHOが南アフリカで行ったプロジェクトです。

■抱えていた問題

衛生状態が悪い南アフリカ・ケープタウンでは下痢や肺炎・コレラなど様々な感染症で

もっとみる

「ところ変われば、、、」 ~前ならえ、ボレロ、その他いろいろ、、日本とフィリピン、それぞれ文化は違うけど、どっちが良いとか悪いじゃなくて、それがきっとその場所に合った形ってことなだけなんだと思う🙂

写真は日曜日に行った、NGOの支援地域であるフィリピン・セブ島の、いつもの山岳スラムでの、子どもたちへの炊き出しの時のものです。

フィリピンもやっと新型コロナウィルスによるロックダウンからの出口戦略を(感染が落ち着いたというよりも、経済が限界なので、もう仕方なく無理やりにですが)模索し始めていますが、政府の発表によると7月の失業率が45.5%ともなり、既に壊滅的な経済状態は、もちろんすぐには元通

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します(^^)

メディア用のスラムと本気のスラム

スラムとは?よくみんなが口にするスラムとは?

スラムには見ただけじゃわからない独自のルールがたくさんあるようです。

学校のボランティア、偽善ボランティア、タンブン的ボランティア。

タイには様々なやり方があります。

しかし、メディア用のスラム街とされているエリアの住民は実際はどう思っているのでしょうか?

勿論しないより、した方が良いと思います!

色んな動画でそれぞれが感じられるかと。  

もっとみる